北海道のアイコン

北海道地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

春の訪れ

2022年03月31日
利尻礼文サロベツ国立公園

道路に残っていた雪もほとんどなくなり、少しずつ春らしさが感じられるようになりました。

早速ですが、皆さんは春と言えば何を思い浮かべますか?

桜、菜の花、卒業式、入学式、桜餅など、様々なことを思い浮かべたり、感じることがあると思います。

私は最近"春の訪れ"を身近に感じることがありました。

先日、浜頓別クッチャロ湖水鳥観察館へ維持管理を行ってきました。今回は約10年振りに、水鳥観察館の床のワックス塗布を行い、汚れていた床は綺麗になり、水鳥観察館全体が明るくなりました。ピカピカの床が見ることで気持ちも心機一転されます。

また、水鳥観察館からはクッチャロ湖に集結したハクチョウたちの姿を観察することができます。324日現在、約400羽のハクチョウで賑わっていました。

まだピークにはほど遠いですが、本州から北上してきたハクチョウたちに出会え、春を感じることができました。

 

 

また、宗谷岬(日本最北端)では、この時期にオオワシが北に向かっていく様子を観察することができます。以前観察した時には、元気に北に渡って行くと見せかけて、戻ってくるオオワシがいました。もう少し稚内に残りたい気持ちが強かったのかも知れません。

この景色を見始めて3年が立ちますが、毎年に複数のオオワシが去って行く姿に感動します。

 

みなさんも身近な自然から春の訪れを感じみてはいかがでしょうか。