北海道のアイコン

北海道地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。
アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。管内には、利尻礼文サロベツ、知床、阿寒摩周、釧路湿原、大雪山、支笏洞爺国立公園があります。

減災文化伝承ジオパークツアー 有珠山学習会

2022年05月25日
支笏洞爺国立公園

 こんにちは! 洞爺湖アクティブ・レンジャーの小松 瑠菜です!

 

 5月21日(土)に、NPO法人有珠山周辺地域ジオパーク友の会さん主催の「減災文化伝承ジオパークツアー 有珠山学習会」に参加してきました!

 

 毎年実施されているこのツアーは、「有珠山噴火による死者ゼロ」という減災文化を伝承するため、生きている星・地球を感じて、学んで、次世代へ繋げるための事業です。

 

 そのため、今回はNPO法人 洞爺湖有珠火山マイスターネットワークの三松 靖志さんによるガイドのもと、洞爺湖展望台や火口原展望台のほか、立ち入り禁止区域となっている銀沼火口やI火口なども見学しました。

※有珠山火山防災協議会の許可を得て入山しています。

 

 銀沼火口は、火口原展望台からも眺めることができますが、間近で見ると地形の美しさに圧倒されます。

地元の方からは「グランドキャニオン」にちなんで「有珠キャニオン」と呼ばれているそうです♪

 

 火口の中では春の植物がちらほら♪

中でもエゾヒメクワガタは小有珠山頂付近にのみ群生しており、とても優美でした。

 

 2000年の噴火から22年。「正しく」恐れて、次の噴火に備えられると良いですね。

 

※当ツアーの入山区域は通常、立ち入り禁止区域となっており、有珠山火山防災協議会の許可を得て入山しています。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、他の登山客とエゾシカ1頭分の間隔をあけて散策をお楽しみください。