ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

大雪山国立公園 上川

141件の記事があります。

2020年01月07日雪深き愛山渓温泉へ

大雪山国立公園 岩城大洋

みなさん、あけましておめでとうございます。

上川自然保護官事務所の岩城です。

今年も、大雪山国立公園の様々な情報や話題を発信していきますので

よろしくお願いします。

今回の記事は昨年の12月のこと、雪深き愛山渓温泉へ登山口案内看板盤面の

設置に同行してきましたので、その様子をお伝えします。

この時期、愛山渓温泉への道道はもちろん冬期通行止めです。

そのため、今回は特別に車両通行の許可を得て、通行止め区間へ入ることになりました。

ゲートからすぐに雪上車へ乗り込んで現場へ行くものだと思っていましたが、実際は、

冬期通行止め区間で工事を行っている関係で終点の約7km手前まで乗用車で行くことが

可能でした。そこから先は除雪されていなかったので、トラックから雪上車を下ろし、

雪上車で移動することに。

 

 

写真を見ても分かりますが搬送用のトラックに積まれているのは雪上車というより、

キャタピラー付きのダンプと言ったほうが。

 

 

十分な防寒対策をしていましたが、雪上車は寒く目的地へ近づくにつれて

体は芯から冷えて時折「ブルブル」と身震いするぐらいに。揺られること45分、

ようやっと愛山渓温泉への最後のカーブを越え、現場に到着しました。

 

 

12月はどこもかしこも雪不足のニュースをよく聞きましたが、愛山渓温泉は

約1m近い積雪。でも、きっとこれでもかなり積雪量は少なめなのでしょう。

 

 

盤面を固定する板面はぎりぎり雪の上に出ていました。

雪上車で運んできた盤面を固定し、

 

 

 

設置は完了です。

愛山渓温泉登山口をはじめ大雪山の主要な登山口には今年度新しい案内看板が

設置されました。新しい案内看板は、最新の登山情報や案内などを掲出できる

スペースが設けられています。来年度は、早速、携帯トイレの普及などの情報を

発信する予定です。

大雪山ではこれからが極寒の季節。まだまだ6月の山開きまでには半年以上ありますが、

登山の際にこちらへお越しの際には、新しくなった案内看板をご覧下さいね。

帰りはまた寒い雪上車に45分間揺られるのでした。。。。

今回の日記はここまで。

また次回をお楽しみに。。。

 

ページ先頭へ↑

2019年12月03日携帯トイレ普及への取り組み(Part2)

大雪山国立公園 岩城大洋

みなさん、こんにちは。

上川自然保護官事務所の岩城です。

いよいよ今年もあと12月を残すのみとなりました。

ここ上川町では、雪がひらひらと断続的に降る日が多くなり、上川駅前もご覧のとおりの冬景色ですが、

例年より雪の量は少なく雪かきいらずの日々が続いています。

でも、外に出ると本当に寒くて気がつくといつも私の背中はまあるい猫背・・・。

ちなみに今朝は-2度でしたよ。←暖かい方です笑。


     環境省上川自然保護官事務所から(奥に見えるのは大雪山連峰)

 

前回の日記、私のテーマは「携帯トイレ販売網拡大の取り組みについて」でした。

取り組みを始める前に比べ、登山者が携帯トイレを入手しやすい環境が整ってきたなあと実感しています。

ですがその反面、実際に携帯トイレを使用できる場所が少なすぎることもまた実情です。

携帯トイレの普及を促進させるためにも、それの足かせとなっている問題を解決させて行くことが大切です。しかし、単純に携帯トイレブースをたくさん増設すればいい!という訳にはいきません。コストの問題、

維持管理の労力、環境要因などブースを設置するには様々な条件をクリアしなければならなりません。

 

そこで、安価で設置が容易で撤去も簡単なテント式の携帯トイレブースを期間限定で銀泉台赤岳登山コースと大雪高原温泉沼めぐり登山コースに設置することとしました。

 

        2019年度銀泉台赤岳登山コース登山者カウンター計測数

 

設置は銀泉台赤岳コースで914日から923日まで、大雪高原温泉沼めぐり登山コースは920日~929日までの期間としました。

この期間にした理由として上のグラフをご参照ください。

多くの登山者がこの時期に集中することを表しています。

両コースでは、大雪山国立公園パークボランティアの協力も得て、登山口からテント本体などを現場まで荷揚げし携帯トイレテントブースを設営しました。

 

余談ですが。。。

銀泉台赤岳での設営が完了し、携帯トイレブースの便座に試し座りした時・・・!

私のその目の先にある眺めは「人生最高の "トイレ絶景!" 」でした!

目の前の黒岳の眺めで用を足せるこの絶景! 笑

でもあくまで試し座りだったので、普段テントブースをご利用の際は出入り口のチャックを

しっかり閉めてくださいね。

設置当日は、午前9時頃から13時近くまで現場にいましたが、

10時台に1名、11時台に3名、12時台にも3 名の利用がありました。

皆さん「ここにテントブースがあってほんとに助かった」と笑顔を見せてくれ、改めて、

利用する場所を確保することの大切さを再確認することができました。

銀泉台赤岳は当初923日まで設置する予定でしたが、920日に悪天候によりテントブースが

倒壊したため、残念ながら21日から23 日までの設営は中止としました。

結果、設営期間は7日間、利用者数約20名程度でした。

  悪天候翌日の銀泉台赤岳第四雪渓付近       倒壊したテントブース

 

大雪高原温泉沼めぐり登山コースでは、緑沼の奥約100m地点の登山道脇にテントブースを

10日間設営し、期間中の利用者数は83名でした。

 

テントブース内に設置した数取りカウンター

 

銀泉台赤岳では1日あたりの利用者数は2.85人でしたが、高原温泉沼めぐり登山コースでは8.3人と約3倍の結果に。この要因としては1 日あたりの登山者数が多いこと、また入山前のレクチャービデオでコース内にテントブースがあることを紹介したことが影響していると考えられます。

また、ヒグマ情報センター内でも積極的に携帯トイレの販売と使用の呼びかけを実施したことも利用者が伸びた要因です。

今年度から始めた『紅葉期』の携帯トイレテントブースの設置は大きな成果を収めることができました。

携帯トイレを常備する登山者には、使用可能な環境があることを周知できましたし、携帯トイレの装備がない登山者に対しては、今回の取り組みでさらに携帯トイレの必要性と使用場所があることのPRになったと感じています。

銀泉台赤岳では期間途中にテントブースが倒壊するハプニング!もありましたが、来年度それらの問題点をより改善し、登山者が安心して携帯トイレを使用できる環境を引き続き促進したい!と思っています。

今回はここまで。また次回をお楽しみに。。。!

ページ先頭へ↑

2019年11月28日冬の始まり

大雪山国立公園 忠鉢伸一

9月より上川自然保護官事務所に新しく配属となった忠鉢と申します。

札幌生まれですが、12年ほど前から大雪山の麓に住み始め今に至ります。

これからアクティブレンジャーとして大雪山の素晴らしさを発信していこうと思います。

先日黒岳スキー場がOPENしたので状況を確認しに行ってきました。

黒岳は5合目まではロープウェイ、7合目まではリフトに乗って上ることができます。

スキー場になっているのはこの5合目~7合目のリフトの区間。

標高が高く北側の斜面ということもあり、雪の質が良いです。

そしてなんといっても眺めが素晴らしい!深緑の季節も紅葉も綺麗ですが、

個人的には大雪山は雪がある時期が一番好きです。

天気も良かったのでシーズン初めの雪を楽しみに来ている

スキーヤー、スノーボーダーが各地から集まっていました。

今シーズンもいよいよ始まった感じです。

ゲレンデからは北大雪の山々

標高約1520mからの展望です。

黒岳スキー場は前半1月5日まで営業した後1月31日まで整備運休し、

2月からまた営業再開する見通しです。

ロープウェイ、リフトは風の影響を受けやすいので、確認してから来るのをおすすめします。

天気のいい日ならスノーシューをはいて散策したり、展望台からの眺めを楽しんだり、

滑らない人でも楽しみ方はたくさんあります。

5合目黒岳駅にはレンタルコーナーもあるので、冬しか行けない場所や

冬しか見られない景色を是非楽しんで欲しいです。

本格的な冬はまだまだこれからですが、大雪山国立公園の冬の楽しみ方を

提案、発信していけたらと思います。

ページ先頭へ↑

2019年11月12日携帯トイレ普及への取り組み(1)

大雪山国立公園 岩城大洋

 

皆さん、こんにちは。

上川自然保護官事務所の岩城です。

すっかり木々の葉っぱは落ち葉となり、

上川町はビビットの秋色からモノクロの冬色へコントラストを変えています。

これからながーい冬がやって来ますね。

「あーー嫌だなー」と思う人もいれば、「いつ滑りに行こう」と待ち望んでいた人もいると思います。

私は、冬の寒さがあまり得意ではありません。でも今年は、去年以上、雪の上で過ごす時間を増し寒さに慣れっこになれればと思います。毎年おなじことを言ってるような・・・。

さて、今回は携帯トイレ普及に関するお話です。

大雪山国立公園では、携帯トイレ普及のための取り組みを行っています。

私は2016年に上川自然保護官事務所に着任しました。それから3年半が経過しましたが、

携帯トイレ事情は随分と変化してきています。

今年度もっとも変化したのは、登山者が携帯トイレを入手しやすい環境になったことです。

大雪山国立公園層雲峡温泉地区は、黒岳ロープウェイがあり、黒岳への登山、また大雪山を縦走する

登山者の拠点となっていることから多くの登山者が訪れます。

 

                層雲峡温泉

 

しかしながら、今年の6月中旬まで携帯トイレの販売を行っていたのは、黒岳ロープウェイと

層雲峡ビジターセンターの2箇所しかありませんでした。

携帯トイレをさらに普及させるには、2箇所では足りません。そこで販売者を増やすための

取り組みを行うこととしました。

登山者が、早朝でも夜遅くにでも入手できる場所に携帯トイレを置いてもらうことが

普及にはもっとも効果的であることは言うまでもありません。

そこで、5月中旬に層雲峡温泉にあるセイコーマート上川層雲峡店に相談することに。

話はトントン拍子に進み、セイコーマート旭川地区事務所の担当者と打合せをする機会ができました。

担当者の方が、携帯トイレの普及に非常に理解がある方で、交渉の結果、

5月下旬には携帯トイレの販売について前向きに検討してくれることになりました。

その後、さらなる交渉を行い、6月上旬には、セイコーマート上川層雲峡店のほか、

東川店(東川町)、うえだ上士幌店(上士幌町)屈足店(くったり)(新得町)

4店で携帯トイレの取扱いをしていただける運びとなりました。

そして、624日より、各店舗で販売を開始、現在に至っています。

 

      10月下旬のセイコーマート上川層雲峡店の様子

 

層雲峡温泉では、登山者が携帯トイレを求めやすい環境をある程度作ることができました。

大雪山はとてもスケールが大きい山岳地域です。夏は短く冬は長いことから登山が

可能な期間は僅かしかありません。常設トイレを新たに整備するには、利用者数が少ないこと、

また、山岳地域での維持管理には膨大な費用が掛かることなどから難しい状況です。

このことから、携帯トイレの普及を大雪山国立公園では推進しています。

(現在常設トイレは黒岳石室、白雲岳避難小屋、忠別岳避難小屋、ヒサゴ沼避難小屋、

カミホロカメットク山避難小屋あります。※登山口のトイレは含まず)

 

      南沼野営指定地に設置されている携帯トイレブース

 

現在、携帯トイレブースは、美瑛富士避難小屋に1基、南沼野営指定地に2基、

旭岳姿見に1基、ニペソツ前天狗に1基設置されています。徐々に携帯トイレブースの数は

増えてきており、携帯トイレが利用しやすい環境が整ってきています。

美しく雄大な大雪山にしかない自然を守っていくためにも、登山をされる方々は忘れずに

ザックの中に携帯トイレを。

もし、携帯トイレを忘れてきてしまっても、層雲峡温泉の各店舗でお求めくださいね。

今回の日記はここまで。

 

 

次回は、今年度、秋の紅葉期に初めて取り組んだ、大雪山赤岳と

大雪高原温泉沼めぐり登山コースに設置した携帯トイレテントブースについて紹介します。

お楽しみに。

ページ先頭へ↑

2019年08月09日山の日携帯トイレ普及キャンペーンの実施について

大雪山国立公園 岩城大洋

みなさま、こんにちは。

上川自然保護官事務所の岩城です。

さて、811日(日・祝)の山の日に黒岳7合目にて、

大雪山国立公園連絡協議会(事務局:環境省上川・東川・上士幌自然保護官事務所)及びりんゆう観光の

主催で、携帯トイレ普及キャンペーンを実施します。

キャンペーンでは、大雪山国立公園オリジナルパッケージの携帯トイレの販売や携帯トイレの使用方法の

説明などを行う予定です。

 

               2017年に実施した際の様子

    

多くの登山者で賑わう山の日に合わせて携帯トイレ普及キャンペーン実施することで、大雪山国立公園地域での携帯トイレへの理解が一層と進み、普及へ弾みがつくことを期待しています。

ちなみに、2017年度は30個の携帯トイレを配布し、協力金を頂きました。

今回、携帯トイレは通常の登山装備品と同じように購入して持って頂きたいとの考え方から100個販売します。

詳しい開催概要は下記のとおりです。

日時:令和元年8月11日(日・祝) 8:00~14:00

場所:黒岳7合目リフト乗降場

黒岳7合目に立ち寄った際には是非お立ち寄りください。

今回のAR日記は、ここまで。また次回をお楽しみに。

    

ページ先頭へ↑

2019年05月12日大雪山国立公園パークボランティア

大雪山国立公園 大久保 智子

こんにちは、上川自然保護官事務所の大久保です。

大雪山国立公園での好きな業務の一つがパークボランティア活動でした。

いままで歩いてきた大雪山のために何かをしたいという、意識の高い人達との活動は勉強になることが多かったです。

高齢化してきていると言われていますが、年齢なんて何のその、気持も若いし、体力もまだまだ十分、登山も人生も経験豊富、そして何より大雪山のことをよく知っている、本当心強い人達です。いろいろなことを教えていただいたおかげで、経験と知識を積み重ねてこられました。

感謝の意をこめて、大雪山国立公園パークボランティアさんとの思い出を振り返りたいと思います。

忠別避難小屋に捨てられてたまりに溜まったゴミを担ぎ下ろしました。

自分の泊まり装備に加え、人のゴミを背負って下ろすことはそう簡単にはできません。

 

(左)五色ヶ原の笹刈り、(右)愛山渓の笹刈り。

木道にかかる笹は、木道を滑りやすくしたり、覆ってしまったりして危ないです。

笹は小さいけれど、かがみ込んでの作業は結構辛いんです。

愛山渓の笹はものすごく元気で、背も高くて太い、渾身の力を込めてはさみを握ります。

 

登山道整備 (左)ロープ張り、(右)ロープ貼り直し

 

(左)ルピナス駆除に(右)湿原植生再生のためのむしろ敷き

 

マイカー規制の時の普及啓発活動。(左)過去に登山口レクチャーもしていました。

紅葉の見所やまだ咲いている花情報や、山座同定など案内しています。

紹介した活動内容はほんの一部ですが、休日返上で様々な活動をしてくれて、大雪山国立公園を支えてくれています。時には辛いし、汚いし、嫌なこともあります。

でもみなさんいつも笑顔で活き活きしているのは、大雪山のためにという熱い思いからです。

一緒に活動ができて本当幸せでした。ありがとうございました。

昨年新しい会員たちも増え一層活躍の場が広がると思います。これからも大雪山国立公園パークボランティアの活動を応援しています。

パークボランティアのみなさんが活動しているところを見かけた場合には一声かけてください。

きっとさらに気合が入ると思います。

ページ先頭へ↑

2019年05月12日大雪山の魅力 お気に入りの景色より

大雪山国立公園 大久保 智子

こんにちは、上川自然保護官事務所の大久保です。

上川は桜が咲きはじめ、生き物たちの息吹を強く感じる季節になってきました。

そろそろ大雪山の夏山計画をされる方もおられるようで、問い合わせの電話が増えてきました。「今年の高山植物はいつ見頃か?」こればっかりは・・・私も知りたい!!って思いながら頭の中は、広い稜線と高山植物の景色でいっぱいになります。

私は、広い景観とそこに咲き誇る高山植物に魅了され、大雪山の虜になってしまいました。

雪どけ後から次々と台地を埋め尽くす、色とりどりの高山植物は、毎週、いや毎日、表情の違う景観をみせてくれ、通い続けても飽き足りません。

夏山シーズン前に、今まで撮影した写真より、お気にいりを紹介したいと思います。

写真をみてたら、早く夏山を歩きたくてうずうずしてきました。

この景色と花たちを見ることが毎年の楽しみで、大雪山に関わる仕事が出来て幸せを感じるひとときです。

ですが、この度5月末日で、上川自然保護官事務所を退職することとなりました。

これまで多くの方々にお世話になりました。有意義に過ごせたのも関わってくださった皆様のおかげです。ありがとうございました。

でも大雪山愛は永遠ですので、これからも足を運びます。今シーズンの開花状況がどうなるのかが、今の楽しみです♪

では、また山で 

大久保 智子

ページ先頭へ↑

2019年04月26日春山登山にむけて

大雪山国立公園 大久保 智子

こんにちは、上川自然保護官事務所の大久保です。

明日から大型連休になる方やそうではない方も、

春山登山を計画されている方や、ちょっと山にでも・・・と考えている方もいると思います。

大雪山はまだ雪が多く、登山道は雪に覆われて、冬山の装備が必要です。

2019425日の黒岳スキー場情報によると、

積雪は、リフト乗場で250㎝、リフト降場で375㎝あるそうです。

入山される方、雪崩や滑落、また踏み抜きなどに気をつけてください。

連休中の天気予報では久々の雪マークもあります。

十分に情報収集してから、準備や装備を万全にして、山を楽しまれますようお願いします。

2019年4月26日の上川町内からシカと大雪山。今日はこれから雪予報です。

春山登山注意喚起報道発表(H310412発表)_確定版.pdf

ページ先頭へ↑

2019年04月04日春の予感

大雪山国立公園 岩城大洋

 みなさま、こんにちは。上川自然保護官事務所の岩城です。

先月上旬は例年になく暖かい日が続きましたが、中旬以降はすっかり冬の再来の3月でしたね。

新年度を迎え何かと環境の変化で心が揺れる時期ではありますが、春らしい陽気が心を弾ませてくれる時期でもあります。

今回のAR日記は、上川町で感じた春の予感を記事にしました。

上川町は北海道のほぼ中心に位置しています。町は山と森に囲まれ、北海道で最も長い石狩川が町沿いを流れています。

自然が豊かな立地だけあって集落から少し山へと足を運ぶと、そこには手つかずの自然が

どっしりと根を下ろしています。

早速、森の中へと探検してみましょう。

 

                  ユキウサギの足跡

 

 最初に出逢ったのはユキウサギの足跡、表面の雪は真冬とは違いザラメとなり足跡を眺めているだけで華麗なジャンプをしている姿が目に浮かんできます。(真冬の雪深い時期だと飛びづらそうですもんね)

 

 

さらに森の奥へと進むとそこには小さな沢がありました。沢のすぐ側まで足跡があります。

足跡の正体はキツネでしょうか。写真を良く見ると沢を飛び越えているのが分かります。

日差しを感じながら沢をのんびり眺めているうちに冷たい風が山側から吹き下りてきたので、そろそろ退散することにしました。

帰途の中、ふっと樹木に目をやるとそこには生々しい傷跡が。。。


        ヒグマの爪痕

 

よく見るとヒグマの爪跡のようです。

4月に入ると冬の厳しい季節を冬眠でしのいでいた動物たちがいっせいに目を覚まします。それはヒグマにとっても同じこと。目覚めたヒグマは空腹なため、人間をみると攻撃的になります。冬眠明けで飢えているためと、自分の餌場である場所によそ者が入ると攻撃的になるのです。

新しい爪跡だったので、私はすぐさま辺りを観察しましたがヒグマらしき個体はいませんでした。

「あー良かったー」と思った瞬間、強張った全身の筋肉が緩みました。

足踏みだった春も森の番人が目を覚まし、季節は冬から春へと移り変わろうとしています。

今回のAR日記はここまで。

また次回をお楽しみに。。。 

 

           おまけ

 

ページ先頭へ↑

2019年03月29日エルタテハ越冬中

大雪山国立公園 北海道地方環境事務所

こんにちは、上川自然保護官事務所の大久保です。

先日、層雲峡施設の現地確認にいきました。

配電盤をあけたら

おっと!!

お休み中のエルタテハがいました。

どうやら寝ているところを起こしてしまったようです。

蓋が開いて冷たい空気にふれたので、ぶるっと震えてました。

層雲峡でよく見かけるエルタテハですが、全国的にみると良好的な自然林が失われ減少しているみたいです。

こんな所で越冬しているとは驚きです。

もし、話が出来るなら聞いてみたい。

この場所にどうやって入ったの?

ここでも居心地よいのかしら?

などなど不思議なことがいっぱいです。。

この狭い場所で、寒さをしのいで、春を待ちわびる小さな生命に驚きました。

温かくなってきたらちゃんと羽ばたけますように、と願いながら蓋をそっと閉じました。

寒さがぶり返している層雲峡は、蝶が舞うのはもう少し先のようです。

2019年3月29日の小雪舞う層雲峡

【エルタテハ】

生息地:北海道では平地から山地にかけて生息。

行 動:アザミ類やノリウツギなどの花を訪れるほか、樹液や腐果に集まったり、地面で給水を行う。

特 徴:後翅の裏面中央部に小さな白色のL字紋がり、そこからエルタテハと名付けられた。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ