ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年01月18日冬の風物詩・御神渡り

釧路湿原国立公園 渡辺欣正

ただいま、釧路湿原の東側にある塘路湖で、「御神渡り(おみわたり)」を見ることができます。

5W1H

見頃は、次にドカ雪が降って埋もれてしまうまで。晴れ予報が続いているので、しばらく楽しむことができそうです。

実際に足を運んで体感してほしいのが、湖から聞こえてくる不思議な音。ドン...ドン...と巨神が氷の上を歩いているような重低音がとどろき、氷の下からは神々の鳴く声が反響して聞こえてくるのです。

塘路湖エコミュージアムセンター】御神渡りや周辺の自然情報を提供しています。スノーシューと双眼鏡を無料レンタル中。ここを拠点にオジロワシやオオワシの野鳥観察をしに出かけるのもいいでしょう。センター内には薪ストーブがあるので、観察後は冷えた体を温めにお立ち寄りください。

5W1H 5W1H

元村ハウスぱる レイクサイドとうろ】御神渡りにあわせて、氷上ワカサギ釣りを楽しむのもオススメです。テント含め道具を一式レンタルでき、釣れたやつをその場でアツアツの唐揚げにしてもらえます。受付は、エコミュージアムセンター隣にある黒い建物です。

5W1H 5W1H

寒くなればなるほど美しい、雪と氷の釧路湿原。皆様のお越しをお待ちしております!

ページ先頭へ↑

2019年01月17日10時だよ!アクティブレンジャー全員集合!写真展inチカホ♪

大雪山国立公園 渡邉 あゆみ

 ラッセルが生きがい 東川の渡邉です。本年もどうぞよろしくお願いします。

 昨年6月からはじまったアクティブレンジャー写真展2018~北の自然の舞台裏~。

 これまで道内12会場で開催しました。足を運んでいただいた皆様、ありがとうございます。今年度は、昨年度、第一回目として開催した写真展のアンケート結果を活かし、展示について様々な改善をしました。その点も、ご好評を頂いているようで、ホッとしているAR一同です。

 さて、近日開催!スペシャルなイベントのお知らせです。

 通称 札幌「チカホ」にてAR全員集合!1日限りで写真展を開催します!

日時:平成31年1月23日(水) 10:00~18:00

場所:札幌市地下歩行空間チカホ7番出口横

 北海道地方環境事務所のアクティブレンジャー、希少種保護増殖等専門員12名が集結し、写真の解説の他、野鳥の剥製や模型を用いて、その種の生態や保護活動などについて解説します。他にもはがき作成の体験コーナーや携帯トイレの展示、アンケートに回答してくださった方にはしおりプレゼントなどいろいろご用意しています。

 

 【↑昨年の様子】

 札幌近郊にお住まいの皆さん、黄色い制服の私たちが目印(寒かったら緑のジャケットを着ているかも)。7番出口横!是非、お越しください♪AR一同でお待ちしています。

 厳冬期、山の稜線で受ける風は大変厳しいものです。ブリザード、低温、重荷、ラッセル。この場に至るまでの厳しさを知り得て、新しい自分に出会えることができます。自分を信じ、よりよく生きるために冬山に登るのです。

ページ先頭へ↑

2019年01月17日新たな管理運営体制で世界に誇れる山岳国立公園を目指す

大雪山国立公園 上川 大久保 智子

こんにちは、上川自然保護官事務所の大久保です。

2019年も始まりました。

冷え込みの厳しい朝、見上げた大雪山がダイヤモンドダストにまとわれ輝いていました。

今年もたくさんの大雪山の輝きを見ることができますように。今年もどうぞよろしくお願いします。

原生的な風景が広がる山岳国立公園、大雪山。

野生動物に会いに思いをはせる人もいるでしょう、咲き乱れる高山植物を楽しみにしている人もいるでしょう、長い稜線がつながる峰々の中を風景の一部となってただただ歩き回りたいという人もいるでしょう。

近年、大雪山に夢中な私でも、大雪山を取り巻く状況が刻々と変化していることに気がつかされることが多くなりました。

気候変動による影響、利用状況による変化、トイレや避難小屋などの老朽化、課題は細々したものから、大きなものまで様々あります。

いつまでも地域の宝であって欲しい大雪山。

状況が変わりつつある今だからこそ、今後の大雪山の管理のあり方をみんなで考えないといけない時です。

そこで、

日本一愛される国立公園にむけた取り組みをしている妙高戸隠国立公園や、新・尾瀬ビジョンを作り奮闘している尾瀬国立公園からゲストを招き、大雪山国立公園の協働型管理運営体制について考えるフォーラムを開催します。

 

新しい仕組み作りの第一歩を考える講演を聞きに来ませんか?

↓こちらでも詳しい案内をしています。

フォーラム案内

ページ先頭へ↑

2018年12月28日~紹介できなかった業務から~

大雪山国立公園 岩城大洋

 みなさま、こんにちは。上川自然保護官事務所の岩城です。

師走も佳境に入り2018年も残り僅かとなりました。1年を締めくくる今の時期は、去る年と新たに来る年を思い浮かべながら、年賀状へとそれらの言葉を添えられるあたたかい時期だと思います。

毎年ぎりぎりになっていた年賀状を今年はなんとか書き上げることができました。

皆様はすでに投函されましたでしょうか。

まだでしたらお早めに。

さて、今回のAR日記は、2018年の業務に関して少しではありますが振り返りたいと思います。

今年も様々な業務がありました。計画していたもの、突発的なものなど。

その中で印象深かった業務をふたつ紹介したいと思います。

<大雪山国立公園編>

大雪山国立公園では登山者の入り込み数を把握するため、主要な登山口に登山者カウンターを設置しています。

上川管内では、黒岳・赤岳・緑岳・愛山渓温泉の4箇所に設置しています。

 

          黒岳7合目付近に設置した登山者カウンター

 

 今年度、私は黒岳及び赤岳を担当しました。業務はカウンターを設置・回収し、その後カウンターに蓄積されたデータの数値をまとめ上げることです。

カウンターの仕組みは登山者がカウンターを横切る際に、その登山者が発している熱を感知しカウントする仕組みとなっています。正式には熱感知式カウンターといい、

設置の際は必ずといっていいほど、登山者の方に質問攻めにされます。

「こんなたいそうな物は、何に使うんだい」「これはカメラなのかい」などみなさんカウンターに興味津々です。

私の返答を聞くとみなさん「大変だね。ご苦労様」と笑顔を返してくれました。

私が設置した地区の登山者カウンターのカウント値の結果は下記のとおりです。

 

黒岳での数値(6月29日~10月12日まで設置)

年間およそ29,000

赤岳では(6月28日~10月4日まで設置)

年間およそ10,000

※およそと記す理由は、熱感知式センターでは多少の誤差が生じるケースがあるためです。

大雪山国立公園では、登山者カウンターを設置するようになってから5年が経ちました。(データの公表は3年目)

今後10年、20年とデータを蓄積していくことは、大雪山国立公園の管理運営にとって貴重なデータとなります。

例えば、入山者が増えすぎてしまった状況があった場合には、登山道に負担が掛かりすぎます。データがあればその対策に素早く取りかかる事が可能となるのです。

 

 来年度も引き続き登山者カウンターを設置し皆様に結果をお伝えできればと思っています。

2018年度登山者データの詳細は下記の環境省のサイトからご覧になれます。

<大雪山国立公園登山者利用者数調査結果>

https://www.env.go.jp/park/daisetsu/data/tozandoriyosya2016.html

 

大雪山国立公園編はここまで。

 

<上川町編>

 アクティブレンジャーの仕事は公園内だけとは限りません。公園外で国立公園や自然環境のことを理解してもらうため様々な業務を行っています。

その中でも今年思い出に残った業務は、上川町内の子ども支援センターで行った親子講座での授業でした。

受講に来てくれたのは上川町の小さなお子さんがいるお母さんたち10名。 授業の内容は「小さな子どもたちが食べてはいけない・触ってはいけない植物など」をテーマとして実施しました。

 

○身近に生育しているオンコの実(イチイの実)の種部分には有毒成分が含まれているので、種までを食べてしまうと中毒症状を発症する可能性があること

ヤマウルシが茂っている場所では、直接ウルシに触らなくてもかぶれてしまう事象があること(湿度が70パーセント以上ある午前10時前後はウルシオールが揮発しやすく近くを通っただけでかぶれてしまう事もあります)

蚊に刺されている最中に蚊を退治するとはかゆさが増大してしまうのでやめた方が良いことなど

※蚊が吸引している途中で蚊を叩いてしまうと、蚊の唾液成分(かゆみ成分)が人の体内に残ってしまうため。蚊が自然に吸引を終えるときは、唾液成分(かゆみ成分)も回収してくれるため、かゆみは少なく済む。

 

蚊を叩かないでジーッと吸引しているところを見守ることには皆さん「できないよね」と困惑していました。

 

                   授業の様子 

  

 授業の最後には必要以上に植物や自然を怖がったり、警戒したりはしない様に次の言葉で締めくくりました。

「豊かな自然があってこそ虫や昆虫は生息し、様々な植物は生育することができます。それぞれの動植物には生態系の中で重要な役割を担っている大切な生き物なので大切にして下さい。」

自分の胸にも言い聞かせながらとてもいい時間を過ごせました。

今年のAR日記はここまでです。

皆さんにとって来年も良い一年となりますように願っています。

良いお年を。。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ