ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年07月17日えりもでの活動ってどんなもの?

えりも自然保護官事務所 熊谷 文絵

はじめまして!

えりも自然保護官事務所の熊谷文絵です。

これから、えりもでの活動の様子や魅力をお伝えしていきます。

どうぞよろしくお願いします!

みなさん、えりもがどんなところかご存知ですか?

北海道の最南端、風の町、一番知られているのは襟裳岬がテーマとなった有名な歌があることかもしれません。それから、忘れてならないのは❝ゼニガタアザラシの日本最大の繁殖地❞であることです。

岬の先から双眼鏡を覗けば、想像をはるかに超える数のアザラシを見ることができますよ!

このゼニガタアザラシ、観光資源になっているほか「ウインディー」という町のキャラクターになっていたりと、えりも町のシンボルになっています。しかし定置網漁でとれる魚を食い散らかし被害を出してしまう困った一面も持ち合わせています。漁業が重要産業となっているえりもでは深刻な問題です。

では、ゼニガタアザラシがこれからも快適に過ごせ、且つ漁業被害を少なくするにはどうすれよいのでしょうか。。試行錯誤しながら取り組んでいる最大の課題です。

まずはアザラシを知ることから...! 取り組みをご紹介します。

①乗船調査

 えりもでは、春(5月上旬~7月上旬)と秋(8月末~11月中旬)に定置網漁が行われています。

ここでの調査内容は、定置網にカメラを取り付け、アザラシが水中でどんな行動をとっているのか映像を録画・確認すること(アザラシの行動に応じて網の形を工夫したりします)や、アザラシの嫌がる音を出す装置を設置しその効果を見ること。

また、獲れた魚をアザラシが食い散らかしていないか、どのくらいの数の被害が出ているかを確認することです。

アザラシによる食害、こうなると出荷できません。。。

 

②ドローンでのセンサス(アザラシがどのくらいいるかの調査)

 襟裳岬の岩礁にどのくらいのアザラシがいるか、ドローンを飛ばし撮影します。岩礁にいたり海に潜っていたりと色々なので、回数を重ねこのエリアにどのくらいの数のアザラシが暮らしているのか把握することは、今後の対策のためにもとっても重要です。

アザラシは船でしか近づけないところで休んでいるので、ドローンが大活躍!

岩の上に細長い白っぽいような茶色っぽいような...これがアザラシ。いっぱい‼ 

【おまけ】

 定置網のない今の時期、アザラシはどんなことを思って過ごしているのでしょうか...こちらはドローンでアザラシを観察!という気でいるけれど、「また見たことないもの飛ばしてる、何してるんだろう?」とアザラシが思っている...かは分かりませんが、観察されているのはこちらの方かもしれません。

ドローンを飛ばすとき、いつも思うのは「今日もお邪魔します、ちょっとだけ見せてね、見るだけだからね~」ということ。つい、私がアザラシ側だったら...などと考えてしまうけれど、取り越し苦労であったらいいなぁ。

少しづつ、アザラシにも人にも。より過ごしやすい環境を目指します!

このように、アクティブ・レンジャーって何?どんなことしてるの?など、北海道内で活動する12名の奮闘ぶりが分かる写真展を開催中です。えりもでの開催は~7月27日。アザラシに詳しくなれる襟裳岬「風の館」が会場です。ぜひお立ち寄りください♪

●アクティブ・レンジャー写真展ご案内↓(北海道地方環境事務所HP)

http://hokkaido.env.go.jp/to_2018/30_3.html

 

ページ先頭へ↑

2018年07月17日涼しい釧路で長期滞在

釧路湿原国立公園 釧路湿原 渡辺欣正

本州が35℃を超える猛暑の中、最高気温20℃と快適な夏を過ごしている釧路湿原国立公園の渡辺欣正です。

そんな野外活動に最高のシーズンに、国立公園パークボランティアの小椋さんと一緒に温根内ビジターセンター周辺の草刈りをしてきました。どうもありがとうございました!

5W1H 

そして小椋さん、1年ぶりにおかえりなさい!普段は東京在住で、昨年に引き続き釧路市での長期滞在をしに帰ってきてくれたのです。7月~8月末までエアコンいらずで心地良い、国立公園のそばでのご滞在。休暇だというのにさっそく私に捕まって、今週やるイベントの下見にもお付き合いいただきました。

そのイベントとは、釧路市長期滞在者限定の「釧路湿原国立公園ガイドウォーク」。初開催に加え、案内人は私が務めさせていただきます!

おかげさまで全国各地から釧路に滞在されている15名で定員に達しました。皆さまにお会いするのが楽しみで待ちきれません。

5W1H  5W1H

ちなみにこの「長期滞在」は、北海道内の市町村の中で釧路市が6年連続最多で、年間800人以上もいらっしゃいます。その秘訣は、環境の良さに加え、釧路市の市民協働推進課にいらっしゃる専任スタッフらと地元不動産会社が連携をとって、家具付きの物件探しや暮らしのサポートをしてくれるのです。

http://www.city.kushiro.lg.jp/machi/ijyuu/taizai/0003.html

そして街のすぐ後ろに広がる日本最大の湿原・釧路湿原も満喫していただきたく、このような企画を催すこととなりました。

小椋さんも長期滞在者ですが、国立公園パークボランティアでもありますので、今回スタッフとしてご活躍いただきますよ!本当に感謝しかありませんね。

最後に、少ない定員で残念ながらご参加いただけなかった方々に、オススメのイベントをご案内します。

★7/20(金)~7/22(日)19:00-21:00「ホタルの週末」@温根内ビジターセンター

★8/18(土)9:00-12:30「温根内木道スポットガイド」@温根内ビジターセンター

どちらも定員なし、予約不要ですので、お気軽にお越しください!ホタルの観察会も私がガイドを担当します。釧路湿原の短い夏を楽しんでもらえるよう頑張ります!

ページ先頭へ↑

2018年07月12日シマフクロウに関する取り組み

釧路湿原国立公園 佐野 綾音

 みなさま、こんにちは。

 今回はシマフクロウ標識調査の結果報告などシマフクロウに関する取り組みについて紹介します。

 今年も5月中旬ごろより、シマフクロウ標識調査が実施され、1ヶ月以上に及ぶ調査が続きましたが、無事を標識調査を終えました。

5W1H 5W1H

  標識調査の風景(写真左)と標識調査実施後のヒナの様子(手前が月齢の若い個体)(写真右)

 このシマフクロウ標識調査は、環境省保護増殖事業の一環として行われているもので、ヒナの足に足環を装着するものです。足環を装着することで、個体識別が可能となり、その後の行動や繁殖状況など、生態を把握することができます。また、標識調査時には、血液や皮膚組織の採取を行い、性別判定やDNA解析を行っています。この取り組みによって、シマフクロウの生態が分かってきています。たとえば、今年度、繁殖が確認されたつがい(ペア)の中には、1989年生まれのオスがいることが分かりました。1989年生まれというと、今年29歳となります。野生界で30年近く生きている、そして今年も子育てをしているとことが分かりシマフクロウの寿命や繁殖能力を知ることができます。

 その他、DNA解析の研究により、北海道に生息しているシマフクロウは、ユーラシア大陸に生息している個体(亜種)とおよそ67万年前というはるか昔の時点で分化しているという事が判明しました(OMOTE et al. 2018. J. Raptor Res. 52(1):31-41)。となると、世界の中でこの北海道にしかいない生き物であるという、とても希少な生き物である可能性があります。

 そんなシマフクロウですが、先日7月10日、シマフクロウ標識調査の結果が報道発表されました(※)。今年の標識ヒナ数は、32羽と過去最高の標識数となりました。近年の標識ヒナ数は、毎年多少の増減はあるものの、長い目で見ると少しずつ増加しています。今年、標識したヒナが無事に巣立ちし、しばらくは親と共に暮らした後、独り立ち、さらに数年後、大人へと成長し親となってくれることを願うばかりです。

 今後の取り組みとしては、若い個体が生息・定着でき、子育てできる場所を増やす取り組みも必要になってきます。なぜかというと、今シマフクロウがいる場所はすでに、そこを縄張りにしているつがい等が定着しているため、若い個体たちは別の場所に移動しなければならないためです。生息地拡大に向け、先月、シマフクロウ研究者や林野庁職員の方と、現在つがいが確認されていない地域における環境調査に同行しました。餌となる魚が多く河川に生息しているか、シマフクロウという大きな鳥が子育てするために必要となる巨木(樹洞と呼ばれる穴があるような巨木)や、自分自身の身を隠せるような森林があるかなど現地確認しました。

5W1H 5W1H

  調査の様子(写真左)と計測の様子(樹種:ハルニレ)(写真右)

 調査の中で、いくつか直径の太い木を確認し、「この木はいったいいつからここに立っているのだろう...」と思いながら計測などを行いました。

5W1H

調査中に確認した大木(樹種:カツラ)

 調査の結果から、シマフクロウの生息環境として不足している要因などを考え、シマフクロウが定着できるような環境作り(生息地環境整備)を行っていく予定です。なお、この調査には、NHK記者の方も同行され、事後の話となってしまいましたが、「シマフクロウ保護に新たなうごき」という題目で7月6日、ほっとニュース北海道で放映されました。もしも、番組を見たという方やシマフクロウについて興味を持って頂だけたらとても嬉しいです。

 シマフクロウが生息する場所には、多種多様な動植物が生息しています。シマフクロウ以外にも、希少な動植物がそこに生息しています。その世界が減らないように、活動を続けていきたいと思います。

※報道発表資料は下記のリンクよりご覧頂けます。

http://hokkaido.env.go.jp/pre_2018/30_1.html

 

ページ先頭へ↑

2018年07月06日くしろエコ・フェア2018出展

釧路湿原国立公園 佐野 綾音

 みなさま、こんにちは。

 7月に入りましたが、フリースを着なければ寒い日も時折ある釧路湿原。釧路湿原野生生物保護センターでは、センター内にある車庫の中でハクセキレイが巣を作り、子育てをしていたのですが、先月下旬、ヒナが無事に巣立ちし、現在はハクセキレイの親子が敷地内を飛び回り、餌となる虫を探して、芝生の上をとことこ歩く姿がみられるようになりました。季節の経過を感じられる風景です。

5W1H

写真)ハクセキレイの親鳥

5W1H

写真)巣立ちしたハクセキレイの若鳥(全体的に灰色で顔は黄色みを帯びています。)

 今回は、毎年釧路市内で開催されている、くしろエコ・フェアに今年も出展したので、ご報告いたします。くしろエコ・フェアとはどんなイベントかというと、地域に住む方々の「くらしと環境」について考える場、共有の場をテーマに環境や野生動植物に関わる様々な活動を行っている団体が集結・展示を行うイベントです。今年は、イオンモール釧路昭和で開催されました。

 私たちは、釧路湿原にまつわる生き物や自然再生事業に関する展示を行いました5W1H

写真)出展ブースの様子①

5W1H

写真)出展ブースの様子②

 会場では、クイズラリーが行われ、各出展ブースからクイズが出題されました。一緒に出展したワンダグリンダプロジェクト(湿原ペーパークラフト)の辻野さんが代表としてタンチョウに関わるクイズを2問出題しました!

クイズ1:タンチョウの尾羽の色は何色でしょうか。

① 黒 

② 白 

③ 透明

クイズ2:タンチョウの頭の色が赤いのは何故でしょうか。

① 赤い羽根(羽毛)が生えているから。

② 皮膚がむきだしになっており、血管の色がみえるから。

③ 赤い帽子をかぶっているから

 みなさんわかりますか?

 クイズ1の正解は、白色になります。

 歩いているタンチョウを見ると、一見お尻の方は黒く見えるのですが、この黒い部分は、翼の羽が覆い被さっています。翼を広げると、白い尾羽が見えるので、是非みなさんもタンチョウのお尻にも注目してみてください!

 クイズ2の正解は、皮膚がむきだしになっており、血管の色がみえるからになります。

 遠くから見ると、よく分からないのですが、近くでみると、羽毛が生えていません。ぶつぶつとした感じになっており、血管の色が透けて見えるようになっています。緊張したりすると血液が頭部に流れ込み、赤みが増します。リラックスしているときは、赤みが少ないです。

5W1H

写真)タンチョウの立ち姿(翼の羽に覆われて黒く見えますが、その下に白い尾羽が隠れています。)

 クイズラリーに参加してくださった方々の中には、「尾羽は黒だと思っていました!」や「頭が赤い理由はどこかで聞いた事があるから分かった!」といった反応がありました。

 会場には、子供から大人まで多くの方が立ち寄ってくださりました!

5W1H

写真)タンチョウのなわばりについて航空写真を用いて説明をしている様子

 

 今後も、このようなイベントに積極的に参加し、釧路湿原や野生動物の魅力など情報を発信していきたいと思います!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ