ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年07月01日ゼニガタアザラシ ~登別水族館へ~

えりも自然保護官事務所 近藤武

こんにちは、えりも自然保護官事務所の近藤です。

登別マリンパークニクスに譲渡されたゼニガタアザラシについてお伝えします。

 

6月24日の早朝6時、えりも岬の近くのサケ定置網でこのゼニガタアザラシは捕獲されました。

今年の5月頃に生まれたメスの幼獣で、親離れした直後のこどもだと考えられています。

 

捕獲されてから、はじめのうちは落ち着かない様子でしたが、次第に水槽のなかでおとなしくなりました。

でも、近づいたり水をかけたりすると、「ウゥ~ウゥ~」とよく吠えます。

 

6月27日、登別マリンパークニクスで飼育されることが決定。

無事に譲渡先が決まり、我々も胸をなでおろしました。

 

6月29日、えりもから登別へ搬送されました。

まずは、体重測定を行います。飼育員さんに抱えられて専用のかごに移されます。

体重は、31.5キロでした。

 

続いて、採血を行います。野生のアザラシなので、病気の有無などを確認しています。

アザラシは分厚い皮下脂肪を持っているので、注射針は足ひれに刺します。

 

そのあと、ゼニガタアザラシは屋内の水槽に移されました。さっそく水槽の中を泳いでいました。

今後、血液検査の結果をみて、水族館の餌に慣らしてから一般公開される予定になっています。

 

環境省では、ゼニガタアザラシの管理計画を策定しています。

これは、えりも地域における漁業とゼニガタアザラシの共存を図ることを目標にして策定されたものであり、この計画に基づいて、ゼニガタアザラシの捕獲・譲渡などを行っています。

今後も各地の水族館などに、えりものゼニガタアザラシが譲渡される予定になっております。

ページ先頭へ↑

2016年07月01日環境月間の清掃in支笏湖

支笏洞爺国立公園支笏湖 當山真貴子

7月に入り、支笏湖はますます大勢の人で賑わう季節になりました。

支笏湖に訪れる人たちが気持ちよく過ごせるように6月の環境月間に合わせ、

611日(土)に清掃活動を実施しました。

民間団体様や地域の皆様に御協力のお願いをしたところ...

なんと約400名の方々が参加なさってくださいました!

                     ※開会式の様子

 

大人数のため、開会式の場所を2カ所に分けて行うことに。

親御さんからゴミの拾い方を教えてもらいながら一生懸命ゴミ拾いに励む小さなお子さん、

湖畔に流れ着いた大きな流木を一致団結して運ぶ男性陣、

黙々とゴミを探す大人の方々など、

どんどん綺麗になっていく支笏湖♪

 

支笏湖園地内は普段からこまめに清掃を行っているので、ゴミは少なかったのですが...

ある場所で化学繊維のような物質が入った袋やタイヤ、電子レンジ等、

不法投棄されたゴミが発見されました...

                   ※不法投棄されたゴミ

 

発見された場所は、人通りが少ない場所です。

「誰にも見つからない場所だから大丈夫だろう」

という安易な気持ちで捨てたかもしれません。

ですが、その周辺には野生動物の足跡や野鳥の鳴き声も聞こえ、

様々な生き物たちが暮らしています。

 

自然を大切に思う気持ちやゴミを捨てた後のことも配慮できる方が

少しでも増えていただけると嬉しい...と感じた1日となりました。

ページ先頭へ↑

2016年06月30日「雌」「雄」揃い踏み(その2)

北川 栄司

 前回に続いて、雌阿寒岳「阿寒湖温泉コース」の巡視です。

 

 雌阿寒岳は単独峰ではなく複数の火山群の総称ですが、その中の一つ、

 

(剣ヶ峰)

 

 剣ヶ峰と、最も大きな火口の、

 

(中マチネシリ火口)

 

中マチネシリ火口の横を通る、火山の迫力を感じられるコースです。

 

(メアカンキンバイ)

 

 雌阿寒温泉コース巡視後の数日の間で、メアカンキンバイが咲き始めていました。

 

 残りの「オンネトーコース」は、日程の都合で後日行う事となっています。

 

 続いて、雄阿寒岳巡視です。

 

(青線:雄阿寒岳登山道)

 

 残念ながら、1日中霧の中であったため、展望はありませんでした。

 

(雄阿寒岳山頂)

 

 雄阿寒岳からの展望は、1年前の記事をお読み下さい。

 http://hokkaido.env.go.jp/blog/2015/08/post-52.html

 

 それでも、山頂付近ではイワウメやミネズオウの開花を見ることが出来ました。

 

(イワウメとミネズオウ)

 

 なお、記載した雌阿寒岳&雄阿寒岳登山道地図に色分けして示していますが、雄阿寒岳は全域、雌阿寒岳は中腹より上は、「特別保護地区」となっています。

 高山植物はもとより、全ての動植物、土石の採取等に許可が必要ですので、「とって良いのは写真だけ」、でお願いします。

 

 雌阿寒岳、雄阿寒岳ともに、登山に大きな障害となるような危険木や崩落等はありませんでした(倒木等により、一部迂回路はあります)。

 

 活火山である事を踏まえた上で、雄大な景色を満喫しにお越し下さい。

ページ先頭へ↑

2016年06月29日「雌」「雄」揃い踏み(その1)

北川 栄司

 まだ雪を見ることが出来る北海道の山々にも登山シーズンが訪れ、各地のアクティブレンジャーも登山道巡視の報告を載せていますが、阿寒湖も今年度初の巡視を行いました。

 

 まずは雌阿寒岳。

 

 昨年7月に噴火警戒レベル2(火口周辺規制)となり、積雪期となった11月に解除(レベル1、活火山である事に留意)となったため、ほぼ1年ぶりの巡視です。

 

 雌阿寒岳には下図の通り、登山ルートが3コースあります。

 

(青線:雌阿寒岳登山道)

 

 まずは登山者数が最も多い、「雌阿寒温泉コース」の巡視です。
 登山口付近では霧で肌寒い状況でしたが、登るにつれ天候は良くなり、ふと後ろを振り返ると、

 

(一面の雲海)

 

「オーッ!」、一面の雲海、特にこの日は雲が低かったためいつもより高い山に登っているような風景でした。

 山頂付近では、ポンマチネシリ火口の中にある、赤沼、青沼と噴煙が展望できます。

 

(赤沼と噴煙)

 

(青沼と噴煙)

 

 

 

  下山時には、登りで見ることのできなかった、オンネトーを望むことが出来ました。

 

(オンネトー)

 

 山から見下ろすほうが、より青く見えますね。

 

 さて、通常山麓で巡視を行っているときは一人の事が多いため、自分を撮った画像があまり無いのですが、登山巡視は万一のことを考えて複数名で巡視するため、業務中の自分の画像を入手できました。

 「景色の良い所に行って遊んでいるだけ?」と思われないよう、「働くおじさん」の画像も載せてみました。

 

(登山者数カウント機器のチェック)

 

(登山道の規制ロープ補修)

 

「その2」に続きます。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ