ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年03月09日子どもパークレンジャー、任務完了!

釧路湿原国立公園 釧路湿原 渡辺欣正

 こんにちは、釧路湿原の渡辺欣正です。イベント盛りだくさんだった今年の冬も、この活動で最後!

 3月4日(土)は、釧路湿原国立公園で子どもパークレンジャーを開催しました!これは、レンジャーのおしごと体験を通じて自然の大切さを学ぶ、とっても楽しいイベントです。

 今回のミッションは、「釧路湿原のエゾシカ追跡大作戦」。広い湿原のどこで何をしている?数は増えてる?実際の調査を手伝ってもらい、エゾシカについての大発見を情報発信することです。参加してくれたのは、地元の小学校1年生~中学校1年生までの18名!

5W1H

 

 まずは、お見送りの保護者たちとお別れをして、塘路湖エコミュージアムセンターへ。子どもパークレンジャーの任命式をしたあと、双眼鏡の使い方を練習しました。

5W1H

 遠くのほうに、「見えたらレンジャーと握手!」、「子ども同士でハイタッチ!」などのメッセージボードが立っています。こうしたアイデアの準備や進行は、てしかが自然学校の萩原さんがおこなってくださり、一気に明るく楽しい雰囲気に!さらに、経験豊富な大人スタッフの皆さんがサポートしてくださったので、安心かつスムーズ!

 そして、コッタロ湿原展望台や細岡展望台を巡り、エゾシカ調査体験!一見、何もない湿原に見えますが、よーく観察すると・・・

5W1H

 「あそこに群れがいる!」、「どうやら手前の湧き水を飲みに来て、湿原の草を食べて、森の中で休憩していそうだ!」、「カウントしたら308頭もいた!」など、たくさんの発見がありました。

5W1H

 追跡調査のためにGPSの首輪をつけているシカも登場!

5W1H

 釧路湿原はとても広いので、移動時間がどうしても長くなってしまいます。ということで、僕も貴重な経験をさせていただきました。生まれて初めてバスガイド!!「右手に見えるのは~、特別保護地区~。」なんて解説をしたり、バスレクもみんなノリが良くって、ついつい自分が一番楽しんでしまいました(笑)。

5W1H

 

 

 最後の目的地は、国立公園の中にあるエゾシカの囲いわな。これは、湿原の植生などに影響をおよぼす増えすぎたエゾシカを捕獲するためのもので、寺内レンジャーに特別に案内してもらいました。

5W1H

 

 僕たちは、シカになったつもりでわなの中を見学。子どもたちから「捕獲したあとは、どうするの?」という質問に、反応を少し心配しながら「シカの命を無駄にしないよう食肉にします。」と正直に答えると、「給食で食べたことある!」と明るい返事が。さすが、シカ肉が身近な北海道の子どもたち!

5W1H

 

 そのあとは、塘路湖エコミュージアムセンターに戻り、エゾシカ調査のデスクワークをして、いよいよ本日のまとめです。まずは、その日わかったエゾシカのスゴイこと!伝えたいこと!を、ふせんにひたすら書き出していきます。

5W1H

 

 次に、「細岡展望台に来た観光客は、湿原の中にこんなにエゾシカがいるなんて知らないよね!」、「GPSをつけたシカがいることを伝えよう!」など、班ごとに相談しあいながら、まとめのポスターをつくります。いろんなアイデアを思いつく子、絵や飾り文字を描くのが得意な子、仕事を割り振るのが上手な子、それぞれの個性を活かしてつくりあげていました。

5W1H

 

 最後は、発表会!前に出て、エゾシカの大発見を報告しました。緊張しないのかな?どの班も、笑顔でハキハキ、本当にすばらしい発表でした!

5W1H

 

 子どもたちが工夫をこらしてつくった6班のすてきなポスターは、釧路湿原周辺のビジターセンター等で展示していく予定です。時期と場所の詳細が決まりましたら、AR日記でお知らせします。

5W1H

 

子どもパークレンジャーのみんな、丸1日、任務おつかれさまでした!おとなスタッフの皆さん、ありがとうございました!仲間が増えて、嬉しい楽しい1日でした。将来、この中からレンジャーを目指す子どもが現れるといいですね!

ページ先頭へ↑

2017年02月28日六角形

阿寒国立公園 阿寒湖 北川 栄司

 日中はだんだんと暖かくなって雪解けが進んだりしていますが、晴れた日の早朝はまだまだ氷点下10度以下の日が続いている阿寒湖で、先日きれいな雪の結晶を見つけました。

 雪のことを「六花」とも言いますが、きれいに六角形になっていますね。

 「何で六角形になるんだろう?」

 調べたところ、水分子の構造によるものだそうです。

 水の分子は、酸素原子1個に水素原子2個が共有結合されてできていますが、結合角度が約104.5°となっているため、別の水分子と水素結合が起こるそうです。

 平面図で表すと、以下の図のようなイメージです。

 実際には立体的に結合するため、以下の図のように1個の酸素原子に4個の水素原子が結合してテトラポットのような形となり、立体的な六角形の構造ができるそうです。

 世界で初めて人工的な雪の結晶を作り出した中谷宇吉郎氏は、気温と湿度の違いで様々な雪の結晶ができることを表したグラフを作成しています。

 それによると、上の画像のような肉眼ではっきり分かるような大きな樹枝状の結晶は、「気温が氷点下15度前後で湿度が高い時」にできやすいそうです。

 確かに、この画像撮影時の気温は氷点下16度くらいでした。

 日本で、気温が氷点下15度以下になるような場所は少ないと思いますので、雪の結晶を見たい方は、冬の北海道に遊びに来て下さいね。

  

 まだ吹雪くと上の画像のようになる時もありますが、暖房付きのテントでの氷上ワカサギ釣りや、パウダースノーのスキー場、夜の氷上フェスティバルなど、冬の阿寒湖も楽しいですよ。

ページ先頭へ↑

2017年02月24日利尻山スノーモービル利用の巡視

利尻礼文サロベツ国立公園 今泉潤

2月も終わりに近づき山の積雪量が最大値になろうとしています。日も長くなってきたこの時期、よい天気の日にスノーシューハイキングは楽しいものです。すべてが雪に覆われているので普段は行けない場所にも入っていくことができます。しかし雪の下には植物が生きていて雪解けを待っています。利尻山はその大部分が国有林(保安林)であり国立公園の特別保護地区はスノーモービルの乗り入れが原則禁止されています。利用できるのは以下の場合です。

  人命救助のための緊急利用

  調査や研究でスノーモービルの利用が必要で予め許可を得た場合など

221日に国有林を管理する宗谷森林管理署職員と巡視に行きました。その結果を報告します。

(巡視に出発。全行程スノーシュー利用。)  



(スノーモービル進入禁止看板の状態確認)




(植生の上を通過したスノーモービルの跡を記録)




山の麓エリアだけの巡視でしたがその結果は、

① スノーモービルの通過跡が多数ありその一部は笹などの上を通過していた

② 数年前に散見されていたチェーンソーでの太い枝払い跡はなかった

自然保護のため、自然公園法によってスノーモービルの乗り入れが規制されています。

国有林でもスノーモービルの乗り入れは禁止しています。

規制外としても、その騒音やヴァージンスノーに残された踏み跡に困惑している登山者・スキーヤー・ハイカーがいます。スノーモービルを利用する人も登山者も自然が好きな人なはず。どちらかを一方的に悪者にするのではなく共生の道は何かを考えたいです。

  

ページ先頭へ↑

2017年02月20日春はもうすぐ?

知床国立公園 高橋法人

 知床連山をはさんで西側のウトロに流氷が確認されたのは2週間ほど前 。羅臼にもやっと流氷がやってきました。

(漁港の周りも流氷に包囲されています)

 流氷が来ると気温が低下することが多いのですが、この時期にしては、暖かく0度以上の春めいた日が続いています。

 間欠泉の周りの雪はとけて、なんとふきのとうが開花しそうでした。

(フユユスリカのなかま)

 また雪虫が川の周辺に多く見られるようになりました。こうしたユスリカやセッケイカワゲラを見ると、春の気配を感じます。

 さて、昨年の2月は俳句を詠みましたが、

 今回も一句、

 ワシが来て 流氷も来て 蕗も咲く

 といったところでしょうか。今回は適当です。

 冬と春が混ざったかのようですが、これが2017年2月羅臼の一日なのでした。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ