ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年11月16日緑岳の入山状況

大雪山国立公園 上川 大久保 智子

 こんにちは、上川の大久保です。

こちら上川は、穏やかな晩秋のおかげで、大雪山がゆっくりと白銀に移り変わって行く姿が楽しめます。

今日(11/16)、層雲峡からみた黒岳

 夏山シーズンも終わり、今シーズンを振り返りつつ、巡視でみたもの、調査したものをとりまとめたり整理したりしているところです。それらを来年度以降の登山道の整備や維持管理などのための情報として活かしていく予定です。

 夏の調査といえば、大雪山国立公園では平成27年度より各登山口に登山者カウンターやセンサーカメラを設置し、入山状況を調査しています。上川管内では、緑岳、愛山渓、黒岳、銀泉台に熱感知式登山者カウンターを設置しています。自然状況による入山者の増減、もしくは、利用状況による環境の変化や維持管理の整備の必要があるかどうかなど、大雪山の基礎資料として蓄積し、そのデータをもとにいろいろなことがわかるかもしれません。

 まだ設置には試行錯誤していますが、4年目に入りだいぶデータが安定してきました。

エコカウンターは熱感知式のセンサーで、人の体温を検知し、通行者数をカウントするのですが、センサーの前で立ち止まったり、のぞき込んだりするとセンサーが反応して、カウントが連打されたり、日に当たった笹が風に揺れてもカウントされたりといった問題もあります。

 こんなこともありました。

題して「エコカウンターの災難」

 登山道ではエコカウンターのような人工物はひときわ目立ち、大いに気になるものです。そこで、場所によっては目立たないように工夫して設置しています。

 さて、前置きが長くなりましたが、今年の緑岳登山口の高原温泉の登山者カウンターの結果を見てみましょう。下記が日別利用者数のグラフです。

 7月下旬のお花見シーズン、9月中下旬の紅葉シーズンで賑わっていることがわかります。一日ごとの入山者数と下山者数にはほとんど差がないのですが、9月23日前後だけは入山者より下山者がグッと多くなっています。

 どうしてでしょうか?

 それは、この時期にマイカー規制が行われていて、9月21日~24日には、大雪湖から赤岳の登山口の銀泉台、緑岳の登山口の高原温泉まで、両方でマイカー規制の通行が規制され、代わりに大雪湖の駐車場からシャトルバスがそれぞれ運行するからです。

通常、高原温泉までのバスの運行はなく、車で行くしかないので高原温泉から入山した登山者はまた高原温泉に戻る必要があります。しかし、この時期限定で、例えば銀泉台から登山して高原温泉へ下山する縦走が気軽にできるのです。

9月23日前後の日に下山者が多かったのは、銀泉台赤岳方面から多くの縦走者が下山したということです。

 このデータからは、銀泉台から高原温泉へ向かうルートは、登山者が多く、割と安心して歩けること、逆コースの高原温泉から銀泉台は、比較的空いていることがわかりました。今後データを蓄積していけば、より快適な登山に役立つ情報を提供できるかもしれません。

 また、グラフをぱっと見て思ったのは、1日の入山者数はそれほど多くないということです。大雪山の中でも高山植物が多く、日に日に咲き変わる多種多様で群落を広げる緑岳とその周辺。高山植物を見るのが毎年の楽しみですが、緑岳が意外と穴場というのがわかりました。

 今後も登山者カウンターを設置していきますので、目立っていても見かけたときには、好奇心を抑えて横目で確認するだけにしてください。

【夏の緑岳周辺の写真】来年も多くの高山植物を見られますように★鬼が笑ってるかな。

おまけ

11月7日に層雲峡で見かけました。急がしちゃったかな?

ページ先頭へ↑

2018年11月15日出張授業!

支笏洞爺国立公園 洞爺湖 増田 多美

みなさま、こんにちは。

洞爺湖担当の増田です。

11月14日には稚内や旭川では初雪が観測されましたが、洞爺湖はまだまだ降りそうにありません。

今年の初雪はいつかなぁとワクワクしております。

さて、11月13日に洞爺湖町立虻田小学校5年生に洞爺湖中島のシカ問題について出張授業を行いました。

この授業は年に2回行い、第一回は8月31日に中島に行きシカによる植生への影響を実際に見てきました。

今回は学校のホールを借りての出張授業です。

まずは中島のシカの問題の復習をし、さらに詳しく学びました。

中島では観光用で飼われていたシカ3頭が逃げ出し、2003年には437頭にまで増えてしまいました。

「なぜこんなにシカが増えてしまったのか」「シカが増えたことによる影響・問題」などについてお話をしました。

途中質問を交えながら授業を進めていきます。

次に食物連鎖における個体数の変化をシミュレートすることが出来る「Oh,deer!」というゲームを行いました。

まず、シカが生きるために必要な、水・住みか・食べ物の3ポーズを覚えてもらい、「シカチーム」と「水・住みか・食べ物の自然チーム」の2組に分かれます。

私のかけ声を合図に全員3ポーズのうち1ポーズをとり、「シカ」は同じポーズをしている「自然」を捕まえにいきます。確保に成功した「シカ」は繁殖に成功し確保された「自然」は「シカ」になります。

確保出来なかった「シカ」は死んで「自然」となります。

このとき「シカ」と「自然」の数を記録していきます。

今回個体数変化の結果を見比べてもらうために、2グループに分けそれぞれゲームを行いました。

それぞれ全く異なる推移の仕方ですが、両グループともジグザグの折れ線グラフとなりました。

生態系のバランスとは、けっして直線的ではなく変動しながら推移するんですね。

ゲームの後は「ゲームの結果を見て思ったこと・気づいたこと」などを書き、発表してもらいました。

中島でも同じようにシカが増減を繰り返しながら徐々に数が増えていったこと等が分かったようでした。

積極的に質問をし、真剣に話しを聞いてくれた虻田小学校の生徒たちが、洞爺湖のことやエゾシカのことなど身近な問題に目を向け、洞爺湖の自然について考えるきっかけになればいいなと思います。

ページ先頭へ↑

2018年11月09日アザラシの住み家にお邪魔しました

えりも自然保護官事務所 熊谷 文絵

例年に比べ暖かい日の続く北海道。えりもでは雪の便りもしばらく先になりそうです。

みなさまお変わりなくお過ごしでしょうか。

8月末から行われている定置網漁。アザラシに関する調査の為、乗船の日々が続いています。

いくら暖かい日が続いているとはいえ、早朝の強風は一層寒さを増し身に沁みます。沁みます。。

私、熊谷は今年5月の着任当初から、周囲の多くの方より「えりもの風はえらい(すごい)から大変だど~」「こっちの波はすんごいんだから!」などと声をかけていただいていたので、少々緊張気味でしたが聞いていたよりも穏やかな日が多く「このくらいなら大丈夫!!」と感じていました。

ですが秋の定置網漁が進むにつれ、強風・高波等の日も増え「みんなが言っているのはこれか...」と、大自然ゆえの厳しさを思い知らされ再び気を引き締めたところです。

(勿論、海況が悪いときは休漁になることもあり、出漁しても安全第一で業務にあたります)

特に今日は海が時化、繰り返す波しぶきの中での漁となりました。

漁も終盤、今後も気を緩めずに逞しく調査に取り組みます!!

そんなある日、漁から戻ると風も落ち着きスカッと晴れ初秋を思わせる天気になっていました。

これは!!と思い準備していたドローンを飛ばしてみると...

思った通り。アザラシたちが気持ちよさそうに岩場で休んでいました。

そんなところで休めるの?という岩礁にいることも...

長い時間こうしていたのでしょうか。陽を浴びている側は体毛が乾き、ぬいぐるみのようにフワフワです。よく見てみると、岩場とアザラシの色柄はよく似ていてどこが境目か分かりづらいところがあるほど。よくできています。

こうしてアザラシの日常を覗いていると、観光でいらした数名が「何をしているんですか?」と話しかけてくださいました。

えりも岬周辺はゼニガタアザラシの貴重な住処となっていること。ゼニガタアザラシは日本で周年見られる唯一のアザラシであること。そしてそのゼニガタアザラシの調査のためドローンでの撮影をしていること...撮影をしているその場所から、アザラシを肉眼でみることはできませんでしたが遠隔操作中のカメラ映像を見ていただくことが出来ました。

「どんなアザラシ?」「わぁ、波が来たら嫌がって顔避けてる!」「これを見なければアザラシがいると知らずに帰るところだった」などなど...色々なことを知って感じていただけたようです。関係者以外とお話しできる機会は少ないので、貴重な機会となりました。

今後も❝ここだからこそ❞の写真や活動の情報を発信していきます!

どんな強風が吹いているのかご興味ある方、ぜひいらしてくださいね(驚きます)

ページ先頭へ↑

2018年11月08日今年の巡視を振り返って 沼ノ原編

大雪山国立公園 岩城大洋

皆様、こんにちは、上川自然保護官事務所の岩城です。

今年は、11月に入っても暖かい日が続き、北海道での初雪は30年ぶりに遅れています。

このまま11月10日までに道内で初雪が観測されなければ、1886年以来132年ぶりの遅さとなるそうです。

冬の準備がまだの方は、もうしばらく余裕があるかもしれませんね。

さて、今回のAR日記は、9月10~12日の行程で巡視に行ってきました沼ノ原の現状を皆様にお伝えします。

沼ノ原へ行くには、クチャンベツ沼ノ原登山口から入山するのが一般的です。

しかし、平成28年7月の大雨で登山口に通ずる林道が崩壊し通行止めとなったため、現在沼ノ原までは別ルートを使って行くしかありません。

そこで今回の巡視時は、高原温泉から緑岳へ行き、高根ヶ原を直進し、

忠別岳避難小屋で1泊し、翌日、五色岳へ登り、沼ノ原へ下りていく行程としました。

通常クチャンベツ沼ノ原登山口から登れば、2時間~2時間半かかるところ、

高原温泉から入山すると沼ノ原までは約13時間を要します。

巡視初日、天気は曇り空。気温は平年値より高めで巡視にはちょうど良い天候での出発となりました。

緑岳山頂直下のガレ場ではナキウサギに出逢え、高根ヶ原からは沼めぐりコースの沼も見ることができました。しかし、秋の天候は変わりやすく、最初穏やかだった高根ヶ原も中間地点まで進むと、時折強い風が突き抜けるようになり、途中からは弱いながら雨も降り出してきました。

防寒着とカッパを着込み、初日の宿泊地となっている忠別岳避難小屋へ足を急がせます。

通り道の忠別岳山頂からはうっすらとトムラウシ山の上部を見ることができました。

一瞬見えたその姿は神秘的で荒々しく不思議な光景でした。

9時に高原温泉を出て、忠別岳避難小屋へ到着したのは16時30分。

長時間の行程で疲れ切っていたので、初日は夕食を取った後、すぐに就寝。

翌朝は寒さで目が覚めるまでは熟睡できました。

2日目、外に出ると雲一つ無い晴天。

最高の巡視日和です。朝6時に避難小屋を出発し、五色岳へ、そこから徐々に標高を落としながら

沼ノ原へ向かいます。

五色岳へ伸びる登山道の脇では放射冷却によってウラシマツツジなどに霜がおりていました。

また、途中にはヒグマの痕跡が。。。

五色岳山頂まで来ると正面には昨日の姿とはまったく違ったトムラウシ山がありました。

右手トムラウシ山を見ながら沼ノ原へと進みます。ここから先の登山道は木道で整備されている部分が多く歩きやすい歩道です。五色の水場付近では登山道の荒廃や洗掘が進んでいる箇所もありましたが、登山道の状態は比較的良好な印象を受けました。

反面、歩道上を行き交う登山者が大幅に減少した影響で登山道脇の蟻の巣をヒグマが掘り返した形跡や、ササの成長が著しい箇所などがありましたが特に問題になるレベルではありませんでした。

山頂から約3時間で久しぶりの沼ノ原へ到着。

沼ノ原まで来ると前方には石狩岳連峰がどっしりと構え、右手には満水状態の大沼がありました。晴天にもかかわらずここまでの道のりで他の登山者と遭遇することはなく、

沼ノ原は静かな楽園のように静寂の中に。そこはとても贅沢な空間となっていました。

今回の巡視の終点地点はクチャンベツ側の沼ノ原入口までです。終点地点まで登山道などを確認し巡視は無事に終えることができましたが、業務はまだ終わっていません。

ここから来た道をまた1日半掛けて戻らないと終わらないのでした。

沼ノ原を視で巡った記録はここまで。

次回のAR日記もお楽しみに。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ