ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年05月22日日本に棲むのは〇〇アザラシ!春だけの光景って??

えりも自然保護官事務所 熊谷 文絵

みなさんこんにちは。

えりも自然保護官事務所 熊谷です。

えりもも木々や草花が彩り、風や凪が穏やかな日が増えてきました。

今回は、GWが終わったばかりで大分気が早いですが...

小中学生の皆さんには夏休みの自由研究に!大人の皆さんにはプチ自慢に!なるかもしれないお話です。

ここで早速、問題です!

日本にいるのは「何アザラシ」でしょうか?

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

...思い浮かんだのは何アザラシでしたか?

多くの方の答えは、真っ白でフワフワな赤ちゃんで有名な「ゴマフアザラシ」だったのではないでしょうか。ゴマフアザラシは日本の多くの水族館や動物園で飼育され、目にする機会の多いアザラシかと思います。

このゴマフアザラシ、日本にいるといえばいるけれど、いないといえばいないんです。

どういうことでしょうか...??

アザラシは、世界中に19種類が生息しています。

そのうち日本で見ることが出来るのは5種類。

そして、北海道で見ることが出来るのも5種類。

日本で野生のアザラシを見られるのは「北海道」だけなんです!

(たまーに「たまちゃん」と呼ばれたアザラシのように本州に迷い込んでしまう場合も。。)

その5種類のアザラシを生活様式ごとにご紹介します。

【回遊性のアザラシ】

決まった場所に棲みつかず、時期によってその時最適な場所を移動しながら生活します。流氷のくる冬の時期、子育ての為に北海道へやってきて、暖かくなると元いた場所や過ごしやすい環境を求め、北海道を去ります。このスタイルをとっているアザラシは...

●ゴマフアザラシ

白地に黒いゴマをふりかけたような模様をしています。流氷に溶け込む色、白くてフワフワの赤ちゃんは有名ですね。その白さ、たったの2~3週間!

(北海道の居心地が相当良いのか、日本海側にはほぼ周年いる個体もいるようです)

●クラカケアザラシ

黒い体に白い鞍(くら)をかけたような模様から、日本名が付けられました。大抵の生き物は、棲む場所に似た模様や色をしていて外敵に見つかりづらい保護色となっていますが、クラカケアザラシは、本当に保護色になってる?!と思う程はっきりと濃淡のある白黒模様です。

●アゴヒゲアザラシ

からだは茶色、大型のアザラシです。名前の通り立派なひげの持ち主ですが、よく見るとひげはあごからでなく口の周りに生えています。

●ワモンアザラシ

世界で最も小さなアザラシ。それでも成獣(おとな)は約50㎏にもなります。白っぽい黄なりのような地に同系色の輪紋模様からワモンアザラシの日本名が付けられています。

【定着性のアザラシ】

回遊はせず、周年決まった範囲内で過ごします。北海道で見られるアザラシで唯一の定着性のアザラシは...

●ゼニガタアザラシ

昔のお金「銭(ぜに)」のような模様をしていることから名前が付きました。北海道の太平洋側に生息していて、中でも襟裳岬には多くのゼニガタアザラシがおり、国内最大の生息地および繁殖地となっています。

ここまでで、北海道では、回遊性のアザラシは冬の決まった時期だけに姿を見せ、定着性のゼニガタアザラシのみ一年中見られることが分かります。

ゴマフアザラシなど回遊性のアザラシたちを、北海道に"棲む"ではなく"いる"と表現するのはそのためです。

ということで、クイズの正解は...

ゴマフアザラシ、クラカケアザラシ、アゴヒゲアザラシ、ワモンアザラシ、ゼニガタアザラシ...紹介したすべてのアザラシが正解です。複数答えられた方はアザラシ通!

いかがでしたか?えりもに生息しているゼニガタアザラシ、名前を聞く機会は少ないかもしれません。ですが、日本に暮らす私たちに一番関係が深いアザラシともいえるのではないかと感じます。

今時期(5月末ごろまで)はゼニガタアザラシの出産シーズン!!

写真は「ノーズ・トゥ・ノーズ」と呼ばれる行動です。

親子は時折、鼻と鼻を近づけてお互いの匂いで親子であることを確認し合います。今時期だから見ることのできる微笑ましい姿。

母アザラシが子どもを背中に乗せて泳ぐ姿も見ることが出来ますよ♪

子どもは、牛乳の10倍ともいわれる栄養たっぷりの母乳を飲んで成長します。生まれたときは10㎏に満たなかったアザラシは1ヵ月半ほどで約30㎏に。あっという間に大きくなってしまいます。

このように、誕生から独り立ちまでの様子を見守ることが出来るのも、定着性のアザラシだからこそ。

時折波にさらわれそうになったりと、ちょっと危なっかしくも逞しく、そして微笑ましく成長する姿を見届けられることはとても貴重なことです。

出産・子育ての今時期や、一年に一度全身の毛が生え変わる"換毛期"の夏。これらの時期は、天候に恵まれる日が多くアザラシを観察しやすい時期です。

みなさんも、ご自身の目でえりもに暮らすゼニガタアザラシの日常を覗いてみてはいかがでしょうか?

ページ先頭へ↑

2019年05月21日「支笏洞爺国立公園指定70周年記念 春の息吹観察会♪」

支笏洞爺国立公園 當山真貴子

エゾヤマザクラの時期が終わり、あっという間に樹木の先から新芽が出始め、

グリーンシーズンに突入している支笏湖。

早く夏山登山に挑戦したくてたまらない當山です。

 

さて、先日(5/18)、令和元年度初となる「支笏洞爺国立公園指定70周年記念 春の息吹観察会」

を開催しました。

※参加者:15名(4歳のお子様含む)

観察会の様子♪

 

足下を注意深く観察してみると、淡いパープル色のシラネアオイや白色のミヤマエンレイソウの花、

上を見上げると、白色のオオカメノキの花等々、様々な植物が開花していました。

散策中、多くのスミレの仲間を発見!

スミレの仲間は、とても種類が多く判別が難しい植物です。

地上茎が伸びて葉が互性する「(ゆう)(けい)(しゅ)と地上茎が発達せず葉や花柄が根もとからでる「無茎(むけい)(しゅ)

とに分けられるそうで、有茎種にはタチツボスミレイソスミレ、

無茎種にはスミレサイシンやミヤマスミレ等があります。

また、(きょ)の色が紫色or白色なのかも判別するポイントの一つです。

令和元年初にふさわしいほどの快晴で、心地よい太陽の光を浴びながら、

ウグイスやセンダイムシクイ等のさえずり、キツツキの仲間のドラミング等、

終始、賑やかな観察会となりました。

是非、皆さんも新緑が美しい支笏湖にお越し下さい(^^)

ページ先頭へ↑

2019年05月21日「支笏洞爺国立公園指定70周年記念 湖岸清掃」開催!

支笏洞爺国立公園 當山真貴子

みなさんは、5月16日が何の日かご存じでしょうか?

実は、昭和24年に支笏洞爺国立公園が国立公園に指定された日で、今年で70周年を迎えました!

その節目に、この魅力をさらに発信していくことを目的として、支笏湖と洞爺湖で清掃イベントを同時開催♪

支笏湖については、企業様・団体様・地域の皆様にご協力を依頼したところ・・・

15団体、約100名の方々が参加なさいました!

ご参加いただいた皆様、ご協力・ご連携いただいたシーニックバイウェイ北海道_支笏洞爺

ニセコルートウェルカム北海道エリアの皆さん、紙面をお借りしまして、お礼申し上げます。

開会式の様子

 

開会式を始めた際、波が静まり、湖面が山々を反射し「鏡」のような現象が発生しました。

これは、毎年春先、晴れて無風状態など様々な条件が揃わないと見られない貴重な現象です。

支笏湖も自分の誕生日に清掃をしてくれて喜んでいるのではないかと思ってしまいました(^^)

 

開会式後、清掃分担場所をポロピナイの湖岸沿い、丸駒温泉方面の湖岸沿い、

国道453号線沿いの駐車帯、ポロピナイから展望台方面の道路沿いに設定し、いざゴミ拾いへ!

清掃活動の様子

 

ゴミの総重量は、440kg!

空き缶やペットボトル、船体の一部、漁で使う浮き、タイヤ、鉄類等のゴミが集まりました・・・

この周辺は、キタキツネやタヌキ等の野生動物たちが生息しているエリアです。

プラスチック製品やお菓子の袋等は分解されず、ずっと放置されたまま・・・

ここに暮らしているのは私達人間だけではありません。

野生動物たちがゴミを誤飲する可能性もありますので、捨てないようにお願いします。

 

また、焚き火の跡を発見しました・・・

国立公園の利用上のマナーとして、火災の原因になることを考慮し、焚き火(直火不可)は

控えていただくように呼びかけています。

※美笛キャンプ場やモラップキャンプ場の利用上の注意

ゴミや芝生などの影響を考え、湖畔などの砂浜や場内の地面の上での直接のたき火を

禁止しております。火をご利用の際は、必ず焚火台をご利用ください。(直火不可)

 

70歳の誕生日を迎えた支笏洞爺国立公園。

皆さんが住んでいるこの国立公園の環境や自然を守る大切さを見つめ直す

きっかけになって欲しい・・・と改めて感じた一日となりました。

☆全員集合!Happy birthday

ページ先頭へ↑

2019年05月16日令和元年度パークボランティア連絡会総会と春山研修

大雪山国立公園 渡邉 あゆみ

 こんにちは、東川の渡邉です。

 東川町は田んぼに水がはり、天気の良い日は水田に映る大雪山を見ることが出来ます。稲を植え付ける前の、今しか見られない景色。次は農家の方が、トラクターを忙しくまわし、夜にはカエルの大合唱が聞こえてくるでしょう。そんな四季の到来を色濃く感じることが出来るこの町が大好きです。

 さて先日、十勝岳温泉 凌雲閣にて、パークボランティア連絡会総会と春山研修が行われました。

 昨年度、加わった新人の方々が参加するはじめての総会。新人の方にもわかりやすいよう、役員の皆さんが例年よりも丁寧に議事を進行してくれました。

 また、今回は北海道地方環境事務所から大林統括自然保護企画官も参加され、日頃からご活躍頂いているパークボランティアの皆さんへ労いの言葉がかけられました。

 議事では、提案や意見なども活発に交わされましたが、パークボランティアの皆さんが積極的に発言できる場、雰囲気って大切ですね。

 

 翌日の春山研修は、スキーやスノーシュー、5隊に別れ、上富良野岳や三段山周辺をトレッキングし、シーズン前の足慣らしをしました。

 歩き始めは濃かったガスもピークに立つ頃には青空となり、雪面に反射する太陽が眩しくてサングラスなしでは目を開けていられません。春のやわらかな空気、スクッと飛び抜けて高い十勝岳、荒々しいカミホロカメットク山。白い山と青空の爽やかなコントラストに見惚れ、足の裏から力が充電されてくるようでした。

 

 令和元年度の登録数は119名の大雪山のパークボランティア。今年は新たな行事も増え、活動が今まで以上に活発になりますが、大雪山の自然を守るために、楽しみながら活動に参加してもらいたいと思います。私も皆さんと一緒に山を歩けること、今から楽しみにしてます。

 皆さんの夏山シーズンが充実したものになりますようお祈りしています。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ