ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年01月07日雪深き愛山渓温泉へ

大雪山国立公園 岩城大洋

みなさん、あけましておめでとうございます。

上川自然保護官事務所の岩城です。

今年も、大雪山国立公園の様々な情報や話題を発信していきますので

よろしくお願いします。

今回の記事は昨年の12月のこと、雪深き愛山渓温泉へ登山口案内看板盤面の

設置に同行してきましたので、その様子をお伝えします。

この時期、愛山渓温泉への道道はもちろん冬期通行止めです。

そのため、今回は特別に車両通行の許可を得て、通行止め区間へ入ることになりました。

ゲートからすぐに雪上車へ乗り込んで現場へ行くものだと思っていましたが、実際は、

冬期通行止め区間で工事を行っている関係で終点の約7km手前まで乗用車で行くことが

可能でした。そこから先は除雪されていなかったので、トラックから雪上車を下ろし、

雪上車で移動することに。

 

 

写真を見ても分かりますが搬送用のトラックに積まれているのは雪上車というより、

キャタピラー付きのダンプと言ったほうが。

 

 

十分な防寒対策をしていましたが、雪上車は寒く目的地へ近づくにつれて

体は芯から冷えて時折「ブルブル」と身震いするぐらいに。揺られること45分、

ようやっと愛山渓温泉への最後のカーブを越え、現場に到着しました。

 

 

12月はどこもかしこも雪不足のニュースをよく聞きましたが、愛山渓温泉は

約1m近い積雪。でも、きっとこれでもかなり積雪量は少なめなのでしょう。

 

 

盤面を固定する板面はぎりぎり雪の上に出ていました。

雪上車で運んできた盤面を固定し、

 

 

 

設置は完了です。

愛山渓温泉登山口をはじめ大雪山の主要な登山口には今年度新しい案内看板が

設置されました。新しい案内看板は、最新の登山情報や案内などを掲出できる

スペースが設けられています。来年度は、早速、携帯トイレの普及などの情報を

発信する予定です。

大雪山ではこれからが極寒の季節。まだまだ6月の山開きまでには半年以上ありますが、

登山の際にこちらへお越しの際には、新しくなった案内看板をご覧下さいね。

帰りはまた寒い雪上車に45分間揺られるのでした。。。。

今回の日記はここまで。

また次回をお楽しみに。。。

 

ページ先頭へ↑

2019年12月26日2019年を振り返って~支笏洞爺国立公園指定70周年~

支笏洞爺国立公園 當山真貴子

日中でも気温が氷点下になり、寒さが身に染みる支笏湖。

報告書作成等に勤しんでいる當山です。

 

さて、今年は支笏洞爺国立公園が国立公園に指定されて70周年目♪(1949516日指定)

この節目を記念し、「今、見つめ直そう。いちばん身近な山と森と湖を」をコンセプトに、本公園の魅力を広く地域内外に向けて発信すると同時に、多くの方々に本公園の魅力を発見してもらう取り組みを実施しました。

 

☆支笏洞爺国立公園指定70周年シンポジウム☆

928日に洞爺湖文化センターで「支笏洞爺国立公園指定70周年シンポジウム」を開催!

「どう活かす?どう守る?みんなに愛される国立公園の未来形」というテーマで、各地域の関連自治体、企業、団体、一般のお客様等、約160名の方々にお越しいただきました。

始めに、「基調講演1」一般財団法人自然公園財団専務理事の阿部宗広氏から「国立公園~地域で活かし、守る日本の宝~」と題して、洞爺湖でのレンジャー時代の思い出話を織り交ぜながら、日本の国立公園の歴史・概要や支笏洞爺国立公園の特徴、保護及び利用者の増加策、将来の課題等について説明していただきました。

 

次に、「基調講演2」ミュージアムアドバイザーの染川香澄氏から「人々の経験を豊かにするには-ミュージアムでの先進的なプロジェクト」と題して、関心を持たない人に利用してもらうために数々の事前調査、試験イベント等による多角的な意見の集約と試行錯誤を繰り返した事例が紹介されました。現場の一人一人が自分の頭で考え、チームで取り組み、慣習に囚われることなく、利用者も巻き込んで、楽しいプロジェクトをつくっていくことの重要性等について語っていただきました。

パネルディスカッションでは、「支笏洞爺国立公園 指定100周年に向けて」というテーマで国立公園内の各地区関係者が、本公園についてどのような自然・景観の保護、利用・サービスの提供、管理運営を行い、どういった空間に作り上げていくかについて議論されました。

各地域に共通する課題としては、自然体験プログラムを充実させ、各地域の滞在時間の延長を図る(もう一泊してもらう)ことが示唆されました。

私は特に、「高齢化等により営業の問題を抱える商店街への対策の必要性」や「国立公園利用者向けのアプリの開発(羊蹄山の冬季B.C.スキーの遭難対策として)」、「広大なエリアを管轄する国立公園のレンジャーを増員させること」が印象に残りました。

オーバーユースや商店街の後継者、レンジャーの少なさ、外来種問題等、多くの課題が山積みではありますが、新千歳空港が近くアクセスの良い立地で、地球の鼓動を感じる活火山と清澄な湖、それを囲む森林、道内屈指の温泉を満喫できる魅力が溢れ、まだまだ可能性を秘めている公園だと思います。利用に傾き過ぎるのではなく、この自然を活かしつつ、多くの方々に楽しんでいただき、"この自然を後生まで残していきたい"と思うファンが増えると更に良くなるのではないかと感じました。

 

☆支笏洞爺国立公園指定70周年記念マーク及びポスターの作成☆

広報・普及啓発に役立てるため、ロゴマークとポスターを作成しました。これらを見かけた際は、本公園のことを思い出していただけると嬉しいです(^^)

 

☆支笏洞爺国立公園指定70周年記念インスタグラムフォトコンテスト☆

インスタグラムアカウントを開設し、6月~11月までフォトコンテストを実施しました♪

※「10年後に残したいあなたのお気に入りの風景」をテーマとし、投稿された写真の中から毎月5名様に記念品をプレゼント!

投稿者の皆さんの写真は、普段、私が見ている景色とは違ったものが多く、視野が広がり、新たな魅力を再発見することができました。

 

☆支笏洞爺国立公園指定70周年 関連イベントカレンダー☆

地域のみなさんにご協力いただき、本公園の自然・まつり・アクティビティを楽しめるイベントを掲載したカレンダーを作成し、観光案内所や道の駅等に配布しています。3月まで掲載されているので、ご参加下さい。

※詳細はこちら↓↓

●支笏洞爺国立公園指定70周年事業について

http://hokkaido.env.go.jp/post_73.html

●イベントカレンダー(2019.10-2020.3)

http://hokkaido.env.go.jp/19.10~20.3%E4%B8%8B%E5%8D%8A%E6%9C%9F%E3%82%A4%E3%83%99%E3%82%AB%E3%83%AC.pdf

 

ちなみに・・・

1月24日(金)から「千歳・支笏湖氷濤まつり」が始まりますが、そのプログラムで「支笏洞爺国立公園指定70周年記念○×クイズ」を実施する予定です。最後まで勝ち残った方々には、素敵な景品もご用意していますので、こちらにも是非、検討しながら、素敵な新年をお迎え下さい♪

※詳細はこちら↓↓

http://www.1000sai-chitose.or.jp/icefes.html

ページ先頭へ↑

2019年12月25日北海道地区のアクティブレンジャー募集!!

苫小牧 大久保 智子

こんにちは、野生生物課の大久保です。

6月に野生生物課のアクティブレンジャーになり、あっという間に半年たちました。

いままで、事故で怪我をした野鳥を保護したり、希少種の保護増殖活動の一環で巣箱掛けや巣箱撤去作業のお手伝いをしたり、鳥インフルエンザ対策をしたり、ウトナイ湖野生鳥獣保護センターで子どもたちに環境省のお仕事体験をしてもらうイベントをしたりと様々な業務に関わってきました。アクティブレンジャーというのは本当にやりがいのある仕事だなと改めて実感しているところです。

そんなアクティブレンジャーの採用募集を現在行っています。

今回募集があるのは、洞爺湖、上士幌、釧路湿原、阿寒湖、川湯温泉、羅臼の6箇所の事務所です。

ひとくちにアクティブレンジャーといっても、事務所によって仕事内容は異なり、国立公園の仕事や野生生物を扱う仕事があります。具体的には、山や湿原などの巡視を通して、現状の登山道や施設を把握し、登山道整備や自然再生事業の基礎情報を集めたり、観察会の実施や、地域の方、パークボランティアさんたちとの協同作業も行っています。活動の場は広く、それぞれの事務所で各自の得意分野を発揮できる職業です。

自然と人、地域と環境を結びつけ、北海道の自然を未来に引き継ぐための仕事です。

よりよい自然環境を一緒に作っていきませんか?お待ちしています。

詳細は、こちらの北海道地方環境事務所のホームページをご覧ください。

\私たちと一緒に働きませんか?/

ページ先頭へ↑

2019年12月25日桃岩展望台コース工事終了のお知らせ

利尻礼文サロベツ国立公園 津田涼夏

みなさん!こんにちは!

寒さに負けず、風にも負けず、元気な礼文島アクティブレンジャーの津田です。

先日、礼文島桃岩展望台コースの工事が終了致しました!

2015年より工事が始まり、5年間かけて行われました。木柵や木階段、ロープ柵を設置するための材料はヘリコプターで運び、植生への影響を避けるため、準備期間などを入れて8月から行われた工事でした。

新しくできた桃岩展望台コースの木階段を踏みしめたい方!礼文島の植物の開花を楽しみにしている方!是非、歩いてみてはいかがですか。

そして新しくなったのは桃岩展望台コースの木道だけではありません!

桃岩展望台コースの案内標識、トド島展望台の案内看板も新しくなりました。

さらに!トド島展望台の案内看板はユニボイスつきとなっています。ユニボイスとは標識などに印刷されている2次元コード(QRコード)をケータイのカメラでかざすと...日本語、英語、その他の言語を自動で話すことや、読むことができます!例えば、標識に日本語だけの説明が書いてあっても、外国の方は読むことが困難ですが、ユニボイスを利用することで、そこに何が書いているのかを理解することができます!是非お越しの際は、新しくなった桃岩展望台コースを歩くと共に、標識や看板も確認してみて下さい(^^)

~礼文島で冬にみつけた自然~

夏の礼文島は異なる冬景色でした。この日の礼文島は雪が少なく、ほとんど積もっていない状態でした。西海岸の岩肌の雪、オオワシやオジロワシの飛来の様子、静かな礼文島でした。

そんな中、可愛らしく、新しい植物を見つけました。セリ科植物の上に雪が積もっていました。冬にしかみることのできない姿に...!

また、こちらは足跡を発見しました!実は礼文島にもほ乳類が生息しています。なんの足跡でしょうか...?イタチの足跡です。

礼文島には他にも、トガリネズミ類やシマリスが生息しています。時折走って植物中に消えて行くのをみます。ほ乳類の姿が見えなくても、足跡や糞などの痕跡でどんな生き物が生息しているのか、考えると楽しいですね♪

みなさんも冬の自然の楽しみ方を見つけてみませんか。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ