ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年12月

7件の記事があります。

2018年12月28日~紹介できなかった業務から~

大雪山国立公園 岩城大洋

 みなさま、こんにちは。上川自然保護官事務所の岩城です。

師走も佳境に入り2018年も残り僅かとなりました。1年を締めくくる今の時期は、去る年と新たに来る年を思い浮かべながら、年賀状へとそれらの言葉を添えられるあたたかい時期だと思います。

毎年ぎりぎりになっていた年賀状を今年はなんとか書き上げることができました。

皆様はすでに投函されましたでしょうか。

まだでしたらお早めに。

さて、今回のAR日記は、2018年の業務に関して少しではありますが振り返りたいと思います。

今年も様々な業務がありました。計画していたもの、突発的なものなど。

その中で印象深かった業務をふたつ紹介したいと思います。

<大雪山国立公園編>

大雪山国立公園では登山者の入り込み数を把握するため、主要な登山口に登山者カウンターを設置しています。

上川管内では、黒岳・赤岳・緑岳・愛山渓温泉の4箇所に設置しています。

 

          黒岳7合目付近に設置した登山者カウンター

 

 今年度、私は黒岳及び赤岳を担当しました。業務はカウンターを設置・回収し、その後カウンターに蓄積されたデータの数値をまとめ上げることです。

カウンターの仕組みは登山者がカウンターを横切る際に、その登山者が発している熱を感知しカウントする仕組みとなっています。正式には熱感知式カウンターといい、

設置の際は必ずといっていいほど、登山者の方に質問攻めにされます。

「こんなたいそうな物は、何に使うんだい」「これはカメラなのかい」などみなさんカウンターに興味津々です。

私の返答を聞くとみなさん「大変だね。ご苦労様」と笑顔を返してくれました。

私が設置した地区の登山者カウンターのカウント値の結果は下記のとおりです。

 

黒岳での数値(6月29日~10月12日まで設置)

年間およそ29,000

赤岳では(6月28日~10月4日まで設置)

年間およそ10,000

※およそと記す理由は、熱感知式センターでは多少の誤差が生じるケースがあるためです。

大雪山国立公園では、登山者カウンターを設置するようになってから5年が経ちました。(データの公表は3年目)

今後10年、20年とデータを蓄積していくことは、大雪山国立公園の管理運営にとって貴重なデータとなります。

例えば、入山者が増えすぎてしまった状況があった場合には、登山道に負担が掛かりすぎます。データがあればその対策に素早く取りかかる事が可能となるのです。

 

 来年度も引き続き登山者カウンターを設置し皆様に結果をお伝えできればと思っています。

2018年度登山者データの詳細は下記の環境省のサイトからご覧になれます。

<大雪山国立公園登山者利用者数調査結果>

https://www.env.go.jp/park/daisetsu/data/tozandoriyosya2016.html

 

大雪山国立公園編はここまで。

 

<上川町編>

 アクティブレンジャーの仕事は公園内だけとは限りません。公園外で国立公園や自然環境のことを理解してもらうため様々な業務を行っています。

その中でも今年思い出に残った業務は、上川町内の子ども支援センターで行った親子講座での授業でした。

受講に来てくれたのは上川町の小さなお子さんがいるお母さんたち10名。 授業の内容は「小さな子どもたちが食べてはいけない・触ってはいけない植物など」をテーマとして実施しました。

 

○身近に生育しているオンコの実(イチイの実)の種部分には有毒成分が含まれているので、種までを食べてしまうと中毒症状を発症する可能性があること

ヤマウルシが茂っている場所では、直接ウルシに触らなくてもかぶれてしまう事象があること(湿度が70パーセント以上ある午前10時前後はウルシオールが揮発しやすく近くを通っただけでかぶれてしまう事もあります)

蚊に刺されている最中に蚊を退治するとはかゆさが増大してしまうのでやめた方が良いことなど

※蚊が吸引している途中で蚊を叩いてしまうと、蚊の唾液成分(かゆみ成分)が人の体内に残ってしまうため。蚊が自然に吸引を終えるときは、唾液成分(かゆみ成分)も回収してくれるため、かゆみは少なく済む。

 

蚊を叩かないでジーッと吸引しているところを見守ることには皆さん「できないよね」と困惑していました。

 

                   授業の様子 

  

 授業の最後には必要以上に植物や自然を怖がったり、警戒したりはしない様に次の言葉で締めくくりました。

「豊かな自然があってこそ虫や昆虫は生息し、様々な植物は生育することができます。それぞれの動植物には生態系の中で重要な役割を担っている大切な生き物なので大切にして下さい。」

自分の胸にも言い聞かせながらとてもいい時間を過ごせました。

今年のAR日記はここまでです。

皆さんにとって来年も良い一年となりますように願っています。

良いお年を。。

ページ先頭へ↑

2018年12月26日小学校へ出張授業に行ってきました!

えりも自然保護官事務所 熊谷 文絵

みなさん、こんにちは!

年末に向け寒波がやってくるようです。十分備えて体調崩さぬようお過ごしください。

えりもは、雪の日も増えてきましたが道内では少ない方なのだそうです。この時期ハラハラと舞う雪は、本当にきれいで毎日雪が降ったらいいのにな~と密かに密かに思っています。

ここ、えりも町は「風の町」と言われ、風速10m以上の日が年間260日以上もあります。道内では気温も高いうえ日本屈指の強風地帯ときたら雪が少ないのも頷けますね。

また、海に突き出たような地形から、岬の西部と東部とでは風況や海況が大きく変わる場所でもあります。

岬の先端に立って右(西側)を見ると、ほぼ無風で波もない。けれど左(東側)を見ると大きな波が立ち強風が吹き荒れている。。「えりも」では、よくある話です。

そして、えりもと言えばゼニガタアザラシ。

周年見ることのできるゼニガタアザラシですが、春から夏の時期には、より多くのアザラシを見ることが出来ます。春には子育て中の微笑ましい姿、夏には気持ちよさそうに日向ぼっこをする姿...換毛(かんもう)といい、毛が生え変わる時期なんです。そして、強風の日のアザラシといえば、風や波しぶきの当たりにくい場所を選んで休んでいたりと、アザラシなりに工夫していることが伺えます(寒いもんね)。ですが、岩礁で休むことを選ばないアザラシも多い。つまり、凍てつく強風吹き荒れるこれからの季節は、岬から見られるアザラシは少ないんです。きっと、泳いでいるのでしょう。

季節柄、強風の日が続いています。その威力にドローンを飛ばすことはもちろん望遠鏡で長い時間観察することはできそうにありません。ときにはその場所へ行くことすら難しいほどの強風なのです。

アザラシの様子を見られる機会が減り、「アザラシたち今頃どうしているかな~、寒がっていないかな~」とちょっとさみしく想いを馳せていたそんな折、町内の小学生にアザラシに関するお話をする機会をいただきました。

お話の内容は、「ゼニガタアザラシの生態や漁業との関係について」。

小学生はアザラシのどんなところに興味が湧くだろう?不思議に思う特徴はあるかな?など、考えながら準備を進めました。

ゼニガタアザラシの名前の由来から、からだのつくり、野生のアザラシが見られるのは日本で北海道だけ!その中でも、えりもは一年中ゼニガタアザラシが暮らせ、私たち人間はその様子を見ることができるとても恵まれた地域であること、そして、アザラシと漁業との関係、漁業被害を減らすための取り組み内容など...盛り沢山の内容となりました。

写真は、アザラシが後脚の水かきをどんな風に使っているのかお話しています。えりも町に住んでいても、これまでアザラシを見る機会は中々なかったようです。沢山メモを取りながら聞いてくれました。まずは、えりも町の特徴を知り、そしてこの町でどんなことが起きているのか今後興味を持つきっかけになれば良いと感じます。

授業から数日後、生徒さんからお礼のお手紙とイラストをいただきました。当時お話した、昔に日本で使われていた「銭(ぜに)」に似たからだの模様など、特徴をよく捉えています。アザラシの爪の数は話には上がらなかったけれど、しっかり数えてくれていたようです。なんとなく後脚が多いような気がするのはご愛嬌!かわいいイラストありがとうございました!

今回、伝えるための準備をしたことで、私自身とても勉強になることが多く、よき機会となりました。

アクティブレンジャー日記を読んでくださる皆さんにも、ゼニガタアザラシの特徴や漁業との関係、環境省が行っている取り組みやなぜそれを行うのか、分かりやすくお伝えしていきたいと思っています。

今後もぜひ、アクティブレンジャー日記を覗きに来てください。お楽しみに!

ページ先頭へ↑

2018年12月20日カモフラージュⅡ ユキウサギ

大雪山国立公園 上川 大久保 智子

こんにちは、上川自然保護官事務所の大久保です。

どっか~んと一気に寒さと雪がやってきました。

気合いを入れ除雪した翌朝、雪かきした道をたどって、玄関先までキタキツネが尋ねてきたという、足跡メッセージを受け取ってから出勤しました。野生動物たちを身近に感じることができる環境っていいなと改めて思いました。

H30年12月13日の黒岳

さて、季節をさかのぼり、今年の夏に登山道調査をした時、この空間(下の写真)に、なんとなく不思議な物が目に入りました。

なんだろう。

なにか分かりますか?

よ~く見ると・・・

砂の上でエゾユキウサギが寝っ転がっていました!!

お腹まで見せて、とてもリラックスしている様子。

それにしても、土と木々の幹や枝に混ざって上手に自然に溶け込んでいます。

目を凝らさなければ、エゾユキウサギだと気がつきませんでした。

野生生物の中には、自分の身を守るために、周りの自然環境と同化する模様でカモフラージュします。

生き抜くための野生動物の知恵って本当感心します。

カモフラージュするエゾユキウサギは、夏冬と毛の色を変え、夏の間は褐色で土や森の色彩にあわせ、冬は真っ白になり雪景色に紛れます。

これは、換毛中の春のエゾユキウサギ。

冬毛の白から夏毛の茶色に変わるところで、残雪の山の景色に溶け込んでいます。

雪景色に溶け込むエゾユキウサギは見つけることが難しく、見かけても気がついたときには雪煙の中を駆け抜ける後姿が多く、じっくり見たことがありません。

痕跡はよく見かけるので、近くにいとは思うのですが、それがどうもなかなか。

  

      足跡             排泄物           足跡と食痕と排雪物

今シーズンも、雪景色に溶け込んでいるユキウサギに会えるかもしれないよと、雪の森に誘わます。

冬の大雪山山麓の森もいいですよ。

私達はカモフラージュせず、カラフルな防寒着で身を包めば、モノトーンの森を華やかにするでしょう♪

ページ先頭へ↑

2018年12月18日冬将軍がやってきました

知床国立公園 ウトロ 白石海弥

全道的に暖冬な今冬、まだかなぁ、まだかなぁと思っていた矢先、ドカ雪が降りました。

知床もついに冬です。一度降ってからは毎日のように雪が降り続いています。

こちらはフレペの滝遊歩道。新雪でまっさらな景色になりました。

この時期の雪は柔らかくズボズボと足がはまります。普通に歩いていても足首、深いところで膝下まで埋まってしまいますので観光にいらっしゃる方は長靴が必須です。

フレペの滝も凍り始めました。自然の織りなす景色に目を奪われます。

知床連山も美しい雪化粧をしました。

この時期に楽しめるのが動物たちの痕跡です。

 

大変可愛らしい肉球をお持ちのこちらの方。キタキツネです。肉球をみるとキツネも立派なイヌ科なんだなぁと感じます。痕跡の特徴として「足跡が一本」というのがあります。見事な一本線です。

 

こちらは狩りを行った跡です。雪の下を動く小動物の音を聞き分け、ズボっと頭から入り獲物を捕まえます。そうあの雪に突き刺さっているアレです。

冬になるとやってくる動物もいます。

 

左がオオワシで右がオジロワシです。どちらも立派な成鳥です。

11月頃からワシたちがロシアなどから渡りを行い、知床にやってきます。ピークは2月頃、流氷の上にいる姿をそこかしこで見ることが出来るそうです。

毎週行っているワシ類調査でも回を重ねるごとにその数が増えてきました。

まだまだ冬になったばかり。本格的な冬はこれからです。道外からいらっしゃる方はコートと手袋とマフラーと長靴、中は長袖インナーにシャツ、その上にフリースなんかを着れば寒さをしのぐには十分かと思います。

今の時期は観光客がグッと減るため、静まり返った自然を堪能できるかもしれません。冬の知床楽しんでみてください。

ページ先頭へ↑

2018年12月12日「阿寒湖の冬到来」

阿寒摩周国立公園 阿寒湖 川村胡桃

初めまして。

今年の8月に着任した、阿寒湖管理官事務所の川村です。

初投稿になりますがよろしくお願いします。

今年は北海道全体で異例の冬到来が遅かったですね。

去年の今頃であれば、阿寒湖は凍ってフロストフラワーが見られる様子だったそうですが、今年はまだ阿寒湖のふちが薄っすら凍ったくらいです。ここ1週間あたりでぐっと寒くなりましたが、全面結氷するのはいつ頃になりますかね...。

今朝、ボッケ遊歩道を歩いてきました。

寒くなってきたおかげで、初めてしぶき氷が見られました!しぶき氷は、湖岸の枝にしぶきがあたって、凍ってできるものです。屋根にできるつららと違って、氷の先が丸くなっていて透明できれいです。

朝靄の中、晴れてきて雄阿寒が山頂まで見えました。私が見る時は山頂が雲で隠れていることが多いので、山頂まで見えると気持ちいいです。

あとは枝の上で木の実を食べているエゾリスを見つけました。器用に両手で木の実を抑えながらかじる様子は本当にかわいいです。

葉っぱが散って遮るものがないこの時期は、高確率でエゾリスを見つけることができます。ほぼ毎日会えます。エゾリスの他にもエゾシカやアカゲラ等の鳥類も見ることができます。

これから徐々に、アイスバブルやフロストフラワー等の冬の現象が見られるようになると思います。

防寒対策をしっかりして、ぜひボッケ遊歩道に散歩しに来てみてください。

ページ先頭へ↑

2018年12月10日「支笏湖地区パークボランティアの新規募集」のお知らせ♪

支笏洞爺国立公園 當山真貴子

 先日、久し振りの大雪で、積雪が一気に10cm以上になり、事務所周辺の除雪作業に追われた當山です。

 

さて、支笏洞爺国立公園支笏湖地区において、国立公園の保護管理活動にご協力いただける

「パークボランティア」を募集することとなりました!

また、パークボランティア活動に興味がある人に向けて、パークボランティア制度や

活動内容の事前説明会を北海道千歳市の「千歳市中心街コミュニティセンター」で

平成30年12月15日(土)に行います。

告知チラシ.pdf

 

「パークボランティア」とは、環境省の登録を受け、国立公園の自然解説及び案内活動、

利用マナーの普及活動、登山道の維持管理、貴重な動植物の保護活動等、

様々な活動に取り組んでいます。

支笏湖地区の主な活動内容は・・・

①自然観察会の解説・補助(安全管理)

②美化清掃・外来種除去作業

③支笏湖ビジターセンター館内解説・主催イベント補助(安全管理) 等

上記の活動等があり、そのうち2回以上の活動に参加していただくことが応募資格者の

条件となっています。

 現在の会員数は29名で、千歳市、札幌市、恵庭市、苫小牧市等から

参加していただいています。

 

皆様のご応募をお待ちしています!

詳細はこちら↓↓

http://hokkaido.env.go.jp/pre_2018/30_3.html

ページ先頭へ↑

2018年12月07日最果ての島の冬

利尻礼文サロベツ国立公園 小笠原涼太

皆様こんにちは。

礼文担当アクティブレンジャーの小笠原です。

初雪からしばらく。雪が降ったり、暖かくなって溶けたり、と秋と冬を行ったり来たりしている稚内及び礼文島ですが、皆様は如何お過ごしでしょうか?

最近は毎年恒例であるインフルエンザ流行の兆しも見え始めています。

どうか体調を崩さないようにお気を付け下さい。

さて、今回は12月の礼文島についてご紹介します。

雪こそ降りましたが、まだこんもり積もったというわけではないため、今のタイミングならまだ歩けるだろうと桃岩展望台コースにも行ってきました。

※荒涼とした冬の礼文。本格的な積雪はまだですが、それでも雪はこうして残っています。また一度気温が高くなり、雪が溶けそうではありますが、根雪になるのは時間の問題でしょう。

※晴れていたため気温は暖かめだったのですが、体感気温はマイナスでした。とにかく風が冷たい!

冬になると、礼文は西海岸側から大変強い風が吹き付けてきます。桃岩展望台コースも例外ではありません。むしろ、風の通り道にコースが作られているため、強烈な風が直に当たることとなります。今回コースを歩いた時も、冬の礼文の中では平時より若干強い程度の風だったのですが、それでも幾度となく体は風に煽られて転びそうになり、その冷たさによって体温が奪われてしまいました。

一緒にコースの巡視をした私の上司は「本州の3000メートル級の高山のようだ」と仰っていました。

しかしこの厳しい自然こそが、礼文の不思議で豊かな自然を生み出す要素になっているので、礼文の草花は逞しいなあと改めて感心しきりです。

師走に入り、既に年の瀬が直ぐ傍に迫っています。

平成最後の一年は皆様にとって、どのような一年間となったでしょうか?

私も反省すべき点、評価すべき点、色々ございました。

初心を忘れず、反省を活かし、上手くいったところはしっかり誇って、来年以降も頑張っていこうと思います。これからも宜しくお願いします!

※最後の写真は、礼文の人気観光スポット「澄海岬」。夏は穏やかで美しく、その名の通り「澄んだ海」が見られますが、冬になると大波が次々にうねりながら押し寄せるため、「荒れ狂う海」を感じさせます。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ