ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年1月

6件の記事があります。

2019年01月31日「北海道アクティブ・レンジャー写真展2018~北の自然の舞台裏~」無事終了☆

支笏洞爺国立公園 當山真貴子

 家から事務所までの路面が凍結し、スローペースで車通勤している當山です。

事故の多い時期ですが皆様、運転には十分にお気を付け下さい。

 

 さて、昨年の6月から実施された「アクティブ・レンジャー写真展2018」が無事、終了しました。

お立ち寄りいただいた皆様、有り難うございました(^^)

昨年度は、アクティブ・レンジャーの仕事内容が上手く伝わっていなかった等という反省から、

今年は業務紹介をメインにし、各地区の活動内容を詳細にまとめた冊子も作成しました。

札幌チカホ写真展の様子

 

1/23(水)の札幌チカホ展では、約700名の方に足を止めていただき、

写真をじっくりと見て頂けただ方だけでも400名を越えました!

会場では、写真展の解説に加え、ミニ動物園・スタンプ&クラフト体験・ウミガラス・

携帯トイレの催しを実施しました。

写真解説中

 

写真解説では、登山道整備やサロベツ湿原の自然再生事業、礼文の盗掘パトロール、

傷病鳥獣の保護収容・放鳥等、皆さん、幅広い活動をしていることに驚かれていました。

 

ミニ動物園

 

ミニ動物園では、シマフクロウやゼニガタアザラシの剥製等を展示し、えりも岬でのアザラシによる食害

と漁業との共生の話等をしました。なかなか剥製を触る機会がない大人からお子様まで興味津々♪

スタンプ&クラフト体験

 

スタンプ&クラフト体験では、稚内や大雪山、洞爺湖地域から集めた貝殻や枝、木の実を使い、

同じ国立公園でも特性が異なる材料の話を交えながら世界に一つだけの「写真立て」や

「スタンプはがき」を作っていました☆

ウミガラス解説中

 

ウミガラスでは、保護増殖事業で使用されているウミガラスのデゴイや実際の海鳥の動画を流し、

お客様からの質問に答えていました。

携帯トイレ

 

携帯トイレでは、「トムラウシ南沼汚名返上プロジェクト」の問題を説明しながら、

実際に携帯トイレを設置し、普及啓発を行いました。

応援に来ていただいた職員の皆さん(抜粋)

 

札幌事務所からも複数の職員が応援に来てくれました!

 

 写真展が終了した翌日は、アクティブ・レンジャー会議(アクティブ・レンジャーが毎年1~2回集結し、業務について情報交換や意見交換をします。)が開かれ、反省会を行いました。

・業務紹介は、文字が多く読むのが大変だったため、もっと写真を多く取り入れた

 ポスターのような形式にする。

・もっと野生動物等の写真が見たいという意見から、展示写真を2枚へ。(風景と動植物)

・事前に解説する内容を全体で共有する。                etc...

以上の反省をもとに、役割分担を決め、「アクティブ・レンジャー写真展2019」に向けて

準備をスタートしました。

 

 「北の自然の舞台裏」という名の通り、私達は表舞台に出る機会は少なく、各地区によって

活動内容は様々ですが、業務を通じて、心が揺さぶられる景色や自然界の厳しさ、野生動物の逞しさを

目の当たりにしています。

単純に、この魅力を自分一人だけで感じるのはもったいない。

今ある素晴らしい自然・動植物が次の世代、またその次の世代に受け継がれることを願い、

日々業務に励んでいます。

全員集合

 

自然環境保護への関心と国立公園のPR、アクティブ・レンジャーの仕事を広く知ってもらう

次年度の写真展は6月から♪

是非、私達が愛おしく感じる風景や動植物をご覧下さい(^^)

ページ先頭へ↑

2019年01月28日風と、雪と、氷と

利尻礼文サロベツ国立公園 小笠原涼太

こんにちは!礼文担当アクティブレンジャーの小笠原です。

今年も礼文の様子をたくさん伝えていきますので、宜しくお願いいたします。

さて、先日冬型の気圧配置によって列島全体を寒波が襲いました。

北海道も大雪に強風と凄まじいことになりました。礼文も例外ではありません。

強風によって海は大時化となり、フェリーは連日欠航。

これが何日も続いたために、島唯一のコンビニからは商品がどんどんと無くなり、町も外を歩く人は殆ど居らず、ひっそりとした雰囲気に包まれました。そんなタイミングに、私は礼文へ赴いておりました。

予定を超過して礼文に滞在する事になってしまい、皆様に真冬の礼文をお伝えするのに時間がかかってしまいました・・・・・。

さて、では気を取り直して早速、今の礼文をご紹介します!

桃岩展望台の途中で撮影した写真です。青い空や降り積もった雪が印象的ですが、この写真を撮影した時もずっと風が吹き付けておりました。

フェリーが動かなかった15日から17日の間に私が確認した最も低かった気温はマイナス13度!寒い!!風も強いからなおさら寒い!!!

もっと気温が低い場所も日本にはありますが、どちらにせよ寒いことに変わりはありません。そして、これだけ気温が低い状態で、風によって雪が飛ばされれば、剥き出しになった地面は凍っていきます。

それが桃岩展望台付近の状態です。雪は少しだけしか積もっておらず、殆どが風で吹き飛んでいました。アスファルトに至っては、完全に顔を出しています。

露出している部分の地面を触ってみると、しゃりしゃりというシャーベットのような音と感触がします。こういった特殊な条件が礼文を花の浮島と呼ばれる場所にしているのですね。

この写真は礼文の北側にある久種湖。最近の寒さで、全面結氷したようです。

しっかりと氷が固まれば、他の地域にある結氷した湖同様に上を歩くことも出来ます。

今回は見かけることはありませんでしたが、ワカサギ釣りをしている人も居るそうです。

風が強く、平地では雪に、山地では氷に覆われた礼文島。

一つの島の中で様々な景色を見ることが出来、同時に離島特有とも言える船が来ない間の島の様子を見ることができたのは、中々貴重な体験でした。

※最後におまけとして、先日浜頓別で撮影した写真を掲載します。さて、この写真にはオオワシが3羽写っているのですが・・・。皆さんはどこに居るかわかりますか?

ページ先頭へ↑

2019年01月25日層雲峡温泉氷瀑まつりが始まりました

大雪山国立公園 岩城大洋

皆様、こんにちは、年末年始休暇ですっかり体重オーバー気味となってしまった

上川自然保護官事務所の岩城です。

運動不足をなんとかしなければと、冬道をセッセッと歩いてシェイプアップに励んでいますが、

一回増えてしまった体重を減らすのは大変ですね。トホホ。。。

 

さて、今月に入り、冬型の気圧配置が強まった影響で、

上川地方では氷点下20度の冷え込みを連日で記録しました。

きっと寒いのは苦手な人が大半だと思いますが、(自分もそうですが)

北海道の冬は寒さも魅力のひとつです。

そんな寒さが作り出した巨大な美しい氷の造形物(氷瀑)がこのほど層雲峡に姿を現しました。

 

今年で44回目を迎えた層雲峡氷瀑まつりが、

本日開幕しました。

例年11月から氷瀑の制作は始まり、完成には約3ヶ月の時間を要します。

制作過程でもっともの重要なのは寒さです。

木で製作した骨組みが完成し、日中でも氷点下になると、

24時間体制で石狩川の水を骨組みに向けて吹きつけます。氷は徐々に氷瀑へと成長していきます。

もし、暖かい日が続くと、氷瀑の成長はおろか、溶けてしまう可能性もあります。

北海道らしい冬の冷え込みがあるからこそ美しい氷瀑ができるのです。

今年のメイン氷像は大雪山をイメージ。


開催期間中は花火も上がります。

詳しい氷瀑まつりの情報は下記の層雲峡観光協会の特設ホームページをご覧下さい。

http://www.sounkyo.net/hyoubaku/

石狩川の水で造った美しい氷瀑の世界とほっぺたが赤くなるほどの澄んだ寒さを

体験してみてはいかがでしょうか。

層雲峡温泉へお越しになる際は、防寒対策を忘れずに!

今回のAR日記はここまで。また次回をお楽しみに。

ページ先頭へ↑

2019年01月18日冬の風物詩・御神渡り

釧路湿原国立公園 渡辺欣正

ただいま、釧路湿原の東側にある塘路湖で、「御神渡り(おみわたり)」を見ることができます。

5W1H

見頃は、次にドカ雪が降って埋もれてしまうまで。晴れ予報が続いているので、しばらく楽しむことができそうです。

実際に足を運んで体感してほしいのが、湖から聞こえてくる不思議な音。ドン...ドン...と巨神が氷の上を歩いているような重低音がとどろき、氷の下からは神々の鳴く声が反響して聞こえてくるのです。

塘路湖エコミュージアムセンター】御神渡りや周辺の自然情報を提供しています。スノーシューと双眼鏡を無料レンタル中。ここを拠点にオジロワシやオオワシの野鳥観察をしに出かけるのもいいでしょう。センター内には薪ストーブがあるので、観察後は冷えた体を温めにお立ち寄りください。

5W1H 5W1H

元村ハウスぱる レイクサイドとうろ】御神渡りにあわせて、氷上ワカサギ釣りを楽しむのもオススメです。テント含め道具を一式レンタルでき、釣れたやつをその場でアツアツの唐揚げにしてもらえます。受付は、エコミュージアムセンター隣にある黒い建物です。

5W1H 5W1H

寒くなればなるほど美しい、雪と氷の釧路湿原。皆様のお越しをお待ちしております!

ページ先頭へ↑

2019年01月17日10時だよ!アクティブレンジャー全員集合!写真展inチカホ♪

大雪山国立公園 渡邉 あゆみ

 ラッセルが生きがい 東川の渡邉です。本年もどうぞよろしくお願いします。

 昨年6月からはじまったアクティブレンジャー写真展2018~北の自然の舞台裏~。

 これまで道内12会場で開催しました。足を運んでいただいた皆様、ありがとうございます。今年度は、昨年度、第一回目として開催した写真展のアンケート結果を活かし、展示について様々な改善をしました。その点も、ご好評を頂いているようで、ホッとしているAR一同です。

 さて、近日開催!スペシャルなイベントのお知らせです。

 通称 札幌「チカホ」にてAR全員集合!1日限りで写真展を開催します!

日時:平成31年1月23日(水) 10:00~18:00

場所:札幌市地下歩行空間チカホ7番出口横

 北海道地方環境事務所のアクティブレンジャー、希少種保護増殖等専門員12名が集結し、写真の解説の他、野鳥の剥製や模型を用いて、その種の生態や保護活動などについて解説します。他にもはがき作成の体験コーナーや携帯トイレの展示、アンケートに回答してくださった方にはしおりプレゼントなどいろいろご用意しています。

 

 【↑昨年の様子】

 札幌近郊にお住まいの皆さん、黄色い制服の私たちが目印(寒かったら緑のジャケットを着ているかも)。7番出口横!是非、お越しください♪AR一同でお待ちしています。

 厳冬期、山の稜線で受ける風は大変厳しいものです。ブリザード、低温、重荷、ラッセル。この場に至るまでの厳しさを知り得て、新しい自分に出会えることができます。自分を信じ、よりよく生きるために冬山に登るのです。

ページ先頭へ↑

2019年01月17日新たな管理運営体制で世界に誇れる山岳国立公園を目指す

大雪山国立公園 上川 大久保 智子

こんにちは、上川自然保護官事務所の大久保です。

2019年も始まりました。

冷え込みの厳しい朝、見上げた大雪山がダイヤモンドダストにまとわれ輝いていました。

今年もたくさんの大雪山の輝きを見ることができますように。今年もどうぞよろしくお願いします。

原生的な風景が広がる山岳国立公園、大雪山。

野生動物に会いに思いをはせる人もいるでしょう、咲き乱れる高山植物を楽しみにしている人もいるでしょう、長い稜線がつながる峰々の中を風景の一部となってただただ歩き回りたいという人もいるでしょう。

近年、大雪山に夢中な私でも、大雪山を取り巻く状況が刻々と変化していることに気がつかされることが多くなりました。

気候変動による影響、利用状況による変化、トイレや避難小屋などの老朽化、課題は細々したものから、大きなものまで様々あります。

いつまでも地域の宝であって欲しい大雪山。

状況が変わりつつある今だからこそ、今後の大雪山の管理のあり方をみんなで考えないといけない時です。

そこで、

日本一愛される国立公園にむけた取り組みをしている妙高戸隠国立公園や、新・尾瀬ビジョンを作り奮闘している尾瀬国立公園からゲストを招き、大雪山国立公園の協働型管理運営体制について考えるフォーラムを開催します。

 

新しい仕組み作りの第一歩を考える講演を聞きに来ませんか?

↓こちらでも詳しい案内をしています。

フォーラム案内

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ