ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年1月

4件の記事があります。

2020年01月31日アザラシ会議が開催されました

えりも自然保護官事務所 熊谷 文絵

えりも自然保護官事務所の熊谷です。

襟裳岬のゼニガタアザラシは、ここしばらく姿を見せてくれません。

この時期は特に強風な上、日中の潮位(海面の高さ)が高く、いつも休んでいる岩場が海に沈んでしまいます。日向ぼっこできずに泳いでいるものと思いますが、潮位の下がる夜にはしっかり休息できているでしょうか...しばらく様子が見られず残念ですが、そのうちひょっこり姿を見せてくれると期待もしています◎

さて、地上では1月29日、札幌にてゼニガタアザラシに関する会議が開かれました。

ゼニガタアザラシに関する会議は、「保護管理協議会」「科学委員会」「作業部会」と呼ばれるものがそれぞれ年に2~3回程度ありますが、今回は本年度3回目の「科学委員会」です。

この会議では、アザラシの事業を進めるために必要な分野の専門家のみなさんにお集まりいただき、意見交換や方針検討を行います。

その"専門家"とは、地元漁師や漁業組合の職員、アザラシやその他海棲哺乳類・数理モデル・獣医学などのスペシャリストです。道内各地や首都圏からも来ていただいています。

今回の主な会議内容は、2019年度の調査から得られたデータのまとめ・考察の報告、来年度以降の管理に向けた方針の検討・意見交換など。

私が襟裳岬で撮影したドローンの映像も、これら会議で検討される材料となります。撮影データが多ければそれだけ詳細に現状が分かり、傾向が分かり、より深く今後の方針を考えることが出来ます。今回の会議で昨年度よりも今年度、ドローンのデータが役に立っているなという実感も湧いたので、引き続き気象条件の許す限り逃さず撮影しよう!と思います。

ページ先頭へ↑

2020年01月29日東大雪地域の入山者数推定

大雪山国立公園 上士幌 上村 哲也

 大雪山国立公園 東大雪地域には、現在通行止めとなっているものを除いても10箇所以上の登山コースが存在します。そのうちトムラウシ山短縮登山口、トムラウシ山温泉登山口、石狩岳登山口、ニペソツ山幌加温泉登山口では、登山者カウンターを設置しています。また、多くの登山口には森林管理署が入林簿を設置し、利用者のみなさんに記入いただいています。これらのデータを活用し、利用者の動向を調査しました。

 調査から見えてくる一端をご紹介します。

 なお、登山者カウンターは赤外線を利用する機械ですから誤りを生じることがあり、入林簿も全ての方に記入いただけているとは限りませんので、多少の誤差を含んだお話しであることをご理解ください。

 2019年の夏山シーズン、東大雪地域全体の計測数、記入数は10,175人で、昨年の9,505人を上回りました。登山口別では、白雲山鹿追側が昨年には及ばなかったものの2,646人で最多となりました。ほかの多くの登山口ではいずれも昨年を上回り全体を押し上げました。

東大雪地域の登山口別計測数、記入数

登山口 年間 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
十勝岳新得側 69 3 7 3 4 39 13
トムラウシ山短縮口 2,621 140 1,078 843 550

10

トムラウシ山温泉口 119 14 40 47 16

2

石狩岳 458 28 89 92 232

17

ユニ石狩岳 215 3 47 73 87

5

ニペソツ山 1,091 206 326 288 234

37

白雲山士幌側 974 105 256 144 84 123 154

80

28
白雲山鹿追側 2,646 40 299 383 385 391 749 390 9
東ヌプカウシヌプリ 1,646 53 184 285 208 250 365 295 6
南ペトウトル山 336 7 62 95 18 62 40 51 1
合計 10,157 205 804 1,305 2,278 2,173 2,466 900 44

 表は、登山口ごとに年間、月別の計測数、記入数を示しています。登山者カウンターと入林簿の両方がある登山口では、登山者カウンターの計測数を利用しています。

 初雪は平年並みで、その後の雪の訪れは遅く、白雲山などは10月も変わらず登山者が訪れました。8月は平年に比べ40%前後多い降水が観測されましたが、顕著な落ち込みにはなりませんでした。

 東大雪地域には、ニペソツ山やトムラウシ山のように健脚向きの山がある一方、然別湖周辺のように初心者や家族連れで楽しめるところがあり、これらは春に雪が早く消えるのでシーズン初めの足慣らしにも適しています。

パーティの人数と単独登山者の割合

登山口  1人  2人  3人  4人  5人  6人  7人  8人  9人 10人以上 最多人数 単独率
白雲山士幌側 278 163 29 15 16 5 0 5 2 5 13 28.5%
白雲山鹿追側 563 462 118 61 19 11 3 4 3 15 100 21.3%
東ヌプカウシヌプリ 486 312 70 30 15 3 2 0 1 5 23 29.5%
南ペトウトル山 66 37 8 6 3 3 1 0 0 3 60 19.6%
ニペソツ山 214 41 12 4 3 2 2 1 1 2 16 49.1%
ユニ石狩岳 52 27 5 6 2 1 1 2 0 2 16 24.2%
十勝岳新得側 16 9 2 1 1 0 0 1 0 1 12 23.2%

 入林簿からパーティの人数を集計しました。ここでは、登山者カウンターのある登山口も入林簿のデータを利用しています。表は、人数別のパーティの数、最多パーティの人数、入林簿に記入された入林者数の合計に対する単独者数の割合を示しています。いずれの登山口でも単独登山者の数が最も多いという結果でした。

 しかし、白雲山鹿追側コースは家族や団体登山の利用が多いと考えられ、総記入数のうち単独登山者の割合は21.3%でした。一方、ニペソツ山では49.1%でした。幌加温泉コースが長く険しい健脚向きであることで、友人などを誘いづらく単独での山行を決意させるのでしょうか。

 ニペソツ山では、午前4時台の入山が最多で、日帰りの方は平均10時間余りで下山しています。日の出とともに入山し余裕をもって下山しようとする傾向が窺えます。登り1時間、下り40分と登山時間の短い東ヌプカウシヌプリでは、15時台の入山も見受けられました。天気がよい、空き時間ができたと気軽に訪れることができるのでしょう。

 大雪山国立公園 東大雪地域の多彩な山岳をお楽しみください。

ページ先頭へ↑

2020年01月28日層雲峡ビジターセンター冬季観察会

大雪山国立公園 上川 忠鉢伸一

上川アクティブレンジャーの忠鉢です。

雪の降り始めは早かった今シーズンですが、12月の暖かさと降雪量の少なさが影響して、例年の半分も積雪が無いこの頃です。

降りすぎも大変ですが、雪の中で遊びたい自分としてはなんだか物足りなさを感じる冬です。

 

さて、暖冬であっても層雲峡の冬は安定の極寒。

層雲峡ビジターセンターで実施している、冬季観察会の様子を紹介します。

1月19日、天気は良いけどとても冷え込みました。

朝の気温は氷点下18度でした。

観察会に出かける前にビジターセンターで大雪山の生い立ちと、層雲峡の柱状節理について説明を受けてから出発します。

柱状節理とは、熱い溶岩が冷えて固まる過程で収縮して、規則的な柱状の岩になったものです。

層雲峡ではよく見られる岩です。

この辺り一帯は火山の噴火で溶岩に埋もれ、冷えて固まった岩石を長い年月をかけて川が削り、今の状態になったと言われています。

それはもう気が遠くなるような長い年月です。

この日は運良く状態のいいフロストフラワーが見られました。

フロストフラワーが見られる条件としては、氷点下15度以下であること、無風状態であること、そして氷結した氷の面にしかできないそうです。

最後に立ち寄った洞窟の入り口には綺麗な霜が着いていて、水晶の洞窟のようでした。

こんな場所があったなんて初めて知りました。

近づいた自分の熱で溶けてしまいそうな位繊細な氷の結晶でした。

冬季観察会は2月23日まで(土日のみ)午前と午後の1日2回の開催となっています。

とても寒いですが防寒対策をしっかりして、層雲峡の冬景色を楽しんでみてはどうでしょうか?

層雲峡ビジターセンター講座案内

参加人数には定員がありますので、事前予約が必要です。

スノーシュー、ヘルメットなど必要な装備はレンタル可能です。

知識豊富なガイドさんが同行してくれるので、層雲峡の色々なお話が聞けてとてもおすすめです。

ページ先頭へ↑

2020年01月07日雪深き愛山渓温泉へ

大雪山国立公園 岩城大洋

みなさん、あけましておめでとうございます。

上川自然保護官事務所の岩城です。

今年も、大雪山国立公園の様々な情報や話題を発信していきますので

よろしくお願いします。

今回の記事は昨年の12月のこと、雪深き愛山渓温泉へ登山口案内看板盤面の

設置に同行してきましたので、その様子をお伝えします。

この時期、愛山渓温泉への道道はもちろん冬期通行止めです。

そのため、今回は特別に車両通行の許可を得て、通行止め区間へ入ることになりました。

ゲートからすぐに雪上車へ乗り込んで現場へ行くものだと思っていましたが、実際は、

冬期通行止め区間で工事を行っている関係で終点の約7km手前まで乗用車で行くことが

可能でした。そこから先は除雪されていなかったので、トラックから雪上車を下ろし、

雪上車で移動することに。

 

 

写真を見ても分かりますが搬送用のトラックに積まれているのは雪上車というより、

キャタピラー付きのダンプと言ったほうが。

 

 

十分な防寒対策をしていましたが、雪上車は寒く目的地へ近づくにつれて

体は芯から冷えて時折「ブルブル」と身震いするぐらいに。揺られること45分、

ようやっと愛山渓温泉への最後のカーブを越え、現場に到着しました。

 

 

12月はどこもかしこも雪不足のニュースをよく聞きましたが、愛山渓温泉は

約1m近い積雪。でも、きっとこれでもかなり積雪量は少なめなのでしょう。

 

 

盤面を固定する板面はぎりぎり雪の上に出ていました。

雪上車で運んできた盤面を固定し、

 

 

 

設置は完了です。

愛山渓温泉登山口をはじめ大雪山の主要な登山口には今年度新しい案内看板が

設置されました。新しい案内看板は、最新の登山情報や案内などを掲出できる

スペースが設けられています。来年度は、早速、携帯トイレの普及などの情報を

発信する予定です。

大雪山ではこれからが極寒の季節。まだまだ6月の山開きまでには半年以上ありますが、

登山の際にこちらへお越しの際には、新しくなった案内看板をご覧下さいね。

帰りはまた寒い雪上車に45分間揺られるのでした。。。。

今回の日記はここまで。

また次回をお楽しみに。。。

 

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ