ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年10月

12件の記事があります。

2020年10月31日賑わう湖

利尻礼文サロベツ国立公園 津田涼夏

みなさん、こんにちは!

クッチャロ湖ではハクチョウの声が響き渡っています。湖畔ではシベリアからの旅を終えこれから南下し、本州で越冬するハクチョウたちが羽を休めていました。

10月16日には2722羽のハクチョウがクッチャロ湖を埋め尽くしていたようです。

写真を撮影した10月21日は約700羽のハクチョウの滞在が確認できました。

湖の奥の対岸や、畑でも確認することができます☆

突然2羽のハクチョウが競い合うように泳ぎ始めました。しばらくすると首を上げ向き合い「コォーコォー」と鳴き、次第に他の仲間と合流しお互いに羽ばたきながら「コォーコォー」と高い声で鳴き交わしはじめました。ハクチョウ同士の挨拶でしょうか...?

見ていて思わずフフっとなってしまいました(^^)

白い体のコハクチョウの中に黒色の模様の鳥が...

畑にいるコハクチョウの中にタンチョウが1、2...数えて行くと10羽ほど混ざっていました。

タンチョウに会えたのが嬉しくて植物と植物の隙間から驚かせないように写真を撮影♪

只今、浜頓別クッチャロ湖水鳥観察館において11月13日までアクティブ・レンジャー写真展を開催しています。是非ご覧ください。

秋のクッチャロ湖いかがですか(^^)

ページ先頭へ↑

2020年10月29日延長決定!!! アクティブ・レンジャー写真展2020~北の自然の舞台裏~ in洞爺湖

支笏洞爺国立公園 洞爺湖 小松瑠菜

こんにちは!洞爺湖アクティブ・レンジャーの小松 瑠菜です!

 紅葉が美しい季節になりましたね♪

観光などで洞爺湖にお越しの際には、是非洞爺湖ビジターセンター・火山科学館にお立ち寄りください!☆

ビジターセンター2階では、10月1日(木)から、

「アクティブ・レンジャー写真展2020~北の自然の舞台裏~」を開催しています!^^

展示している写真は、私たちアクティブ・レンジャー、希少種保護増殖等専門員12名が

国立公園や鳥獣保護区等で撮影した、風景と生きもののとっておきの写真たちを展示しています☆

こちらの写真展、予定では10月29日(木)までの開催予定でしたが、

大好評のため、延期が決定いたしました!

計12枚の写真達とともに、各アクティブ・レンジャーの自己紹介や業務内容を記載したポスターの展示のほか、

写真展を開催している期間限定で、業務紹介冊子もご用意しております♪

閲覧用のほか、ご興味を持っていただけた方にお持ち帰り可能な冊子もご用意しておりますので、

是非お手にとってご覧ください☆ミ

会場にお越しいただけた方には、簡単なアンケートにご記入していただくだけで、

洞爺湖会場限定の「しおり」をプレゼントしています^^

アンケートにご協力の上、洞爺湖の思い出の1つとしてお持ち帰りください☆

他にも、数量限定で各種パンフレットも充実して取りそろえています。

これであなたも国立公園マニアになれるかも・・・?☆ミ

では、続きは会場で!☆ミ

北海道の景色や動植物の写真をみて、次の旅先の候補にしていただけると幸いです^^

ページ先頭へ↑

2020年10月29日サロベツの秋は、みんなでササ刈り!

利尻礼文サロベツ国立公園 稚内 青山留美子

ストーブをつけることなく10月を終える事ができそうで、少しホッとしているサロベツ担当の青山です。

夏鳥も見られなくなり、ぼちぼち冬鳥たちが姿を見せ始める10月のサロベツ。

駆け抜けたお花たちのリレーがゴールを向かえ、ひっそりとしているこの季節を待って行うのが、「ササ刈り」です。

湿原に降りて行う事から、極力植物たちにダメージを与えない様に、この季節に行っています。

湿原の乾燥化に伴うササの拡大が問題になっているサロベツで、湿原本来の植生を木道脇で見られる様にと、パークボランティア(以下PV)が手刈りを続けて、今年で15年目です。

今年は、"晴れの特異日"の通り快晴となった、1010日に行いました。

根っこごと除去している訳ではないため完全になくなることはないのですが、周囲のササよりも小さくなっているため、刈り続けている効果は一目瞭然です。

1時間半刈り続け、こんもりあったササ群落が姿を消し、ミズゴケやガンコウラン、ツルコケモモなどが姿を現しました。

PVが行なったその続きを、1018日に子どもパークレンジャーの活動として、小学生のみんなにも刈ってもらいました。

子どもたちには飽きてしまいがちな活動なため、チーム対抗で時間を区切り3回戦行うと、驚くほど真剣にササを刈ってくれました。袋がパンパンになるほどで、両チームとも3kg分を刈り取ってくれました。

普段は降りられない湿原の中に入り、ミズゴケや種になった植物を発見する子もいました。

地道な作業をしながらも、冬眠前のエゾアカガエルを見つけたり、頭上をオオヒシクイなどが飛んでいったりと、ひっそりしていると思っていた秋の湿原も、なかなか賑やかな事に気づかされました。

秋の湿原を楽しむ事ができる活動とも言えます。

幌延町にある幌延ビジターセンターへお越しの際は、是非、ササ刈りを行った一角をご覧下さい。

地元の皆さんの手でササが刈り取られた場所と、周囲のササだらけの場所とを比較して見て欲しいです。

お花の時期には、湿原本来の植物たちが刈られた後に咲いていると思いますので、是非楽しんで下さい!

ページ先頭へ↑

2020年10月29日錦秋の豊似湖

えりも自然保護官事務所 熊谷 文絵

みなさんこんにちは。

すっかり寒くなってきましたね。体調崩されていませんか?風邪などひかぬよう、気をつけましょう。

北海道の"秋"はとっても短い!存分に楽しみたいところですが、えりも自然保護官事務所の業務は秋が最繁忙期。11月20日頃までゼニガタアザラシによるサケ被害調査のため、乗船の毎日を過ごしています。そのため事務所と現場の往復になりがちで、知らぬ間に秋が終わってしまう年もあります。今年は秋を満喫したい!と、えりも町が誇る「豊似湖」に行ってきました。

10月27日時点で、豊似湖の紅葉はやや見ごろを過ぎたようでした。

2018年撮影の一枚ですが、一番よいタイミングではこんなにも美しい紅葉を見ることが出来ます。

この写真のタイトルは「錦秋の豊似湖」。まさに燃えるようなエネルギーを感じます。

美しい紅葉にきれいなハート型。なにかいいことでも起きそうな予感がしてきます。

この場所には多くの生物が生息しており、中でもナキウサギが人気です。この日も、カメラを構えタイミングを計っている方々がいました。

私はこれまで何度も通っていますがナキウサギを見れたことはなく、いつも鳴き声を聞いては「いるいる、元気そうだな」と思っています。他にも、気づくと足元にシマリスがいることもあり、ちいさな動物たちが楽しませてくれます。

 

  

豊似湖の紅葉は終わりでしたが、そこまでの森はどこを見ても美しく、鳥がさえずり何ともいい時間が流れます。道中大きな角を携えたオスジカがよく飛び出してきます。シカは1頭いたらそれに続いて複数頭が飛び出してくることもありますので、お越しの際は十分気をつけながら走行してください。

風が強くなる前に秋を感じることが出来ました。中々遠出しづらい今ですが、森はしっかりと季節を進めています。えりもの主要道路から外れた場所なので中々見る機会はないかと思いますが、えりもにもこんな場所があるんです、私の町内お気に入りスポットのひとつ。

これからは強風、いや暴風吹き荒れるえりも。特に12月~2月は本当に強い風が吹きます。風が強まる前に、もう少しだけ秋を楽しみたいです。えりも町にお越しの際は、暖かく、風を避けられる服装を!

ページ先頭へ↑

2020年10月23日定山渓で森あそび川あそびDAY

支笏洞爺国立公園 當山真貴子

みなさん、こんにちは。支笏湖アクティブ・レンジャーの當山です。

今年の7月と9月に、定山渓で自然観察会のイベントを開催しましたので、その時の様子をお伝えしたいと思います(^^)

(共催:一般社団法人定山渓観光協会、ガイド:NPO定山渓自然倶楽部)

 

2020.07.18

夏真っ盛りの定山渓で、仙人と言われている名物ガイドさんの案内で、シナノキの花やヤマグワの実、アオダイショウを観察したり、川で生き物探しをしました♪

(参加者:17名)

※クリックすると大きくなります。

 

2020.09.12

ひんやり涼しくなった定山渓で、花の形が「大」の文字のような「ダイモンジソウ」や赤色の「ガマズミ」の実を観察したり、川で石投げをして楽しみました♪

夏の時期に咲くはずの「ギンリョウソウ」も見られ、独特な佇まいに皆さん興味津々でした(^^)

(参加者:17名)

※クリックすると大きくなります。

 

また、9/17()に二見公園の管理(ササ刈りや流木撤去等)のお手伝いをしました。

ササ刈りをしたことで、今まで芽を出していなかった、「サイハイラン」が咲くようになったとのこと。定期的に公園を管理されている団体の皆さんに感謝しつつ、来年、満開のサイハイランの群落を想像しながら作業しました(^^)

 

定山渓は、温泉のイメージが強いですが、二見公園に一歩足を踏み入れてみると、可憐なお花や昆虫、魚などの生き物と出会える場所があります。

秋の定山渓(二見吊り橋)
 

人口約197万人が暮らしている札幌市。

その中心部を流れる豊平川の上流が定山渓の森の中にあり、「こんな場所があるなんて知らなかった」という参加者の笑顔を見て、私自身も新しい定山渓の魅力を堪能したひとときでした。

ページ先頭へ↑

2020年10月23日エゾシカの香箱座り

大雪山国立公園 上村 哲也

 然別湖周辺の森の中で、エゾシカの寝床らしい痕跡を見つけました。

 写真の左上を頭の方向にして前足の肘を折ってたたみ腹を地面に押しつけていたようです。両肘が深く地面に押し込まれています。その後方には立ち上がったときに付いた蹄の跡も残っていました。

エゾシカの蹄の跡

 肘を折ってたたむのは、リラックスした家猫が見せる香箱座りという姿です。猫が香箱座りをしてうとうとと目をつむっているとたいへん可愛らしいものですが、警戒心の強い野生のエゾシカが寝姿を見せてくれることはありません。

 日が落ちれば真っ暗になる針葉樹の森の中、周囲にはほかに痕跡は見当たりませんでしたから、オスジカが独りで夜を過ごしたのかもしれません。

 痕跡から想像してみました。

ページ先頭へ↑

2020年10月23日落雁

苫小牧 大久保 智子

こんにちは、野生生物課の大久保です。

季節が巡り札幌周辺は秋本番、紅葉が見頃になり、雪虫も飛び始めました。

市内や近隣市町村でもハクチョウの群れが飛んでいるのを見かけるようになり、多くの渡り鳥たちは本州へと向かっています。

宮島沼では、104日に55,000羽のマガンを確認した後、沼に滞在するマガンは少しずつ減ってきていて、今は、コハクチョウの滞在が目立つようです。ウトナイ湖でも、マガン、ヒシクイ、カモたちに混ざってオオハクチョウ、コハクチョウが集まってきています。

渡り鳥が多く立ち寄る沼や湖では、時期によって羽を休める鳥種が変わるのがおもしろいところです。

9/30宮島沼 沼いっぱいのマガン

10/14ウトナイ湖 ハクチョウとガンカモ類

10/14ウトナイ湖 湖面を飛ぶヒシクイ

10/14ウトナイ湖道の駅展望台 ウトナイ湖対岸に集まるガンカモ類。

沼に集まるマガンたちを見ていたら、周辺の安全を確認して、体を左右に振りながら着水していることに気がつきました。空から木の葉が落ちるように降りてきて着水するので、その様子が「落雁」と言われているそうです。

9/30宮島沼

時期的に渡り鳥の数は少なくなりつつありますが、この時期にしか見られない水鳥たちをじっくり観察できます。

宮島沼やウトナイ湖に足を運んでいただき、マガンがはらはらと舞いながら着水する姿を是非ご覧下さい。

すごい技に感心します!!

ページ先頭へ↑

2020年10月16日みんなでトレイル補修!

利尻礼文サロベツ国立公園 稚内 津田涼夏

こんにちは!礼文アクティブレンジャーの津田です。

2019年の春に引き続き、利用者の方が安全にトレッキングを楽しむことや高山植物の観察が行えるように、そして歩道外の踏み込みを防ぎ、高山植物を守るために、麻製の土嚢を用いてゴロタ岬の南側の歩道の補修を礼文島の関係者のみなさんと行いました。

ゴロタ岬は礼文島の北部に位置し、江戸屋山道から西側に分岐するルートに入って行きます。岬めぐりコースの一部になって、お花と共に断崖絶壁から海を眺めることができる最高のトレッキングコースです!

早速、麻袋やボルト、スコップなどの資材を担いでゴロタ岬を目指します!

ゴロタ岬に到着すると南の方角に利尻山、北の方角にはトド島よりはるか遠くのモネロン島が...!!最北にいることを感じさせてくれる景色が広がっていました♪

 

天気が良く、風もなく、寒さもなく最高の補修作業日和です!!

歩道が狭いことや、植生を踏みつけないように、各自の持って上がったスコップやボルトや丸太はバケツリレーで整備する場所へ回していきます。

まず、階段を作るために丸太を横に設置します。

次に丸太を入れるために掘った土と、斜面になっていて滑りやすくなっている箇所の土を麻袋にいれます。

次に、掘った箇所に麻袋を入れていきます!麻袋に入っている、土が多かったり少なかったりで、足場の高さが変わりますので調整が大切です。

最後に麻袋の紐が出て足に引っかからないようにしたり、足元が歩くやすくなるように地面となじませたりしました。(力強く足踏みし、ジャンプをし、足場の確認を行いました!☆)

合計20段の階段が完成しました!(^^)試しに走って昇り降りしましたが、こけることもなく足場がしっかりしているという感じでした。今は設置したてで歩きづらいですが、来年にはしっかりとした階段になっていることだと思います。

ご協力いただいた関係者の方々、ありがとうございました。

ページ先頭へ↑

2020年10月15日迫力満点!秋の七条大滝自然観察会

支笏洞爺国立公園 當山真貴子

木々の葉っぱが赤や黄色に色づき始め、紅葉シーズン到来中の支笏湖。

紅葉登山が好きな當山です。

 

さて、新型コロナウイルスの感染予防対策を徹底した上で、10/11()に千歳市役所さんとの共催行事「秋の七条大滝自然観察会」を開催しました。

※参加者:11名(大人:6名、子ども:5名)

 

8:30に千歳市役所に集合し、そこからマイクロバスに乗り、七条大滝へ!

七条大滝に続く林道を歩いていると、ひときわ目立つオレンジ色の実を発見!

「コウライテンナンショウ」という植物で、ヘビのマムシのようなまだら模様があることから、「マムシグサ」とも呼ばれています。高さ30cm1mの多年草で、雄株から雌株へ、または雌株から雄株へと性転換する植物として知られています。食べる人もいるそうですが、毒があるとのこと(汗)

 

他にも、赤色が特徴的な「ミヤマガマズミ」の実や潰すと胞子が飛ぶ「ホコリタケ」、白色の綿のような「トドノネオオワタムシ」を観察しました。

※クリックすると大きくなります。

 

そして、七条大滝に到着!参加者の皆さんは、迫力満点の七条大滝に魅入っていました(^^)

※滝壺へ下りる場合、階段は急で滑りやすいため、足下には充分に注意して下さい。

 

今回、3名のパークボランティアに解説をお願いしましたが、植物、歴史、補足の分野に分かれ、参加者の皆さんは、解説者の説明に耳を傾けながら、秋の七条大滝を楽しんでいました。

ページ先頭へ↑

2020年10月13日生まれ変わった白雲岳避難小屋

大雪山国立公園 忠鉢伸一

こんにちは。

大雪山国立公園管理事務所の忠鉢です。

今年の6月から建替工事が行われていた白雲避難小屋は、10月8日に工事が終わりました。

9月29日に工事の最終チェックをする為、北海道地方環境事務所と大雪山国立公園の各管理事務所で白雲岳避難小屋へ行った時の様子をお伝えしようと思います。

9月26日に初冠雪となった大雪山は所々に雪が積もっていて、晴天ではありましたが冬のような冷たい空気でした。

【 9月29日 赤岳から白雲岳分岐 】

白雲岳避難小屋は建て替え工事中のため利用が自粛となり、寂しい思いをした方もたくさんおられると思います。

まだ片付けは完全に終わっていませんが、新しく生まれ変わった白雲岳避難小屋を紹介します。

【 9月29日 白雲岳分岐から白雲岳避難小屋へ降りる途中から 】

1階部分は管理人室の場所が変わりました。前の避難小屋1階よりも広い感じがします。

入口も建物の東側になりました。

2階部分はあまり変わっていませんが、窓が増えて明るいです。屋根、床、壁には断熱材が入り、以前よりも暖かく快適になるのではないでしょうか。

冬用の入口は変わらず建物の東側2階です。

 

【 建物外観、2階部分、1階部分写真 】

歴代の白雲岳避難小屋の看板です。

一番下が一番古く、新しい看板は前回の看板の文字をモデルに作られました。

大雪山の短い夏山シーズンは終わり、いつ雪が積もっても不思議はない季節になりました。

白雲岳避難小屋は来年の春からの運用になりますので、今期は一般登山者の宿泊はできません。

白雲岳避難小屋は夏山シーズンである6月~9月は管理人が常駐するので、周辺の状況などは管理人から最新の情報が得られると思います。

大雪山縦走の中継地点として重要な場所にあるため、この避難小屋が利用できることによって色々なルートを使って山歩きできるようになります。

来年の春は白雲避難小屋に泊まって、日帰り登山では見ることのできない太陽や星空や山を楽しめたらいいですね!

【 9月29日 白雲岳避難小屋から見た高根ヶ原方面 】

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ