ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

大雪山国立公園 東川

146件の記事があります。

2007年12月28日冬に際立つもの

大雪山国立公園 東川 山下 なつ絵

12月26日、朝の気温はマイナス16℃。息をするとたちまち鼻の中が凍るような寒さは、北国での冬の暮らしの厳しさを物語っています。しかしそれとは反比例して自然は冬ならではの美しさを見せてくれます。

角度を変えて、視点を変えて、場所を変えて見てみると、冬の自然の中にまた新たな発見があるかもしれません。


旭岳温泉に向かう途中の道路脇から見た大雪山。右の山が旭岳、手前に写っているのは凍りついた忠別ダムの湖面。春になり大雪山に積もった雪が溶け出すとここに流れ込む。旭岳山頂からでもはっきりと湖面の形が確認できる。




旭岳温泉の遊歩道上にあるわさび沼。森の中に静かに佇むエゾマツに雪が積もると、森はいっそう荘厳さを増す。

旭岳ロープウェイから見下ろす標高約1,400mの天女が原周辺。写真のちょうど中間あたりが針広混交林帯(針葉樹と広葉樹が混生している)からダケカンバ帯へと移行する場所。写真の上と下では生えている樹の種類が異なる事がはっきりと分かる。

こちらの写真もロープウェイの中から。こんな何気ない風景がなぜか一番心惹かれる。

少し気温の高かった日(マイナス7℃くらい)に撮った雪の結晶の写真。気温がマイナス10℃~15℃くらいになるともっと綺麗な結晶が見られる。水分の少ない大雪山の雪は日本一美しいと言われる結晶を作り出す。



旭岳姿見平に現れた風紋。
雪を吹き飛ばしながら、南から北へと去っていった風は、この美しい景観を私たちに残していってくれた。

ページ先頭へ↑

2007年11月16日冬の音

大雪山国立公園 東川 山下 なつ絵

11月中旬、大雪山の頂が白く覆われる頃、山の裾野を歩いてみると靴の裏から聞こえてくる音と感触は明らかに夏の時とは違う。
一度空に浮いてから「ザクッ、ザクッ」と沈み込む。歩道に霜柱がたっているのだ。足下から冬の気配を感じる瞬間。


ここは十勝岳連峰の吹上温泉から望岳台に続く歩道で、片道3.8kmほどでアップダウンがほとんどないコースだが、夏場の登山シーズンでも歩く人はほとんどいない。高山帯が雪で覆われ登山口にも霜が降りる時期ならなおさらだ。
冬枯れの景色の中、雪が積もる前にコース上の巡視をと歩き出した私の足下に、青々とした葉に白い実を付けたシラタマノキを見つけ、ここだけ季節が止まったように感じさせられた。そうかと思えば、すぐ横には地面からニョキニョキと突き出た霜柱が「冬は近いよ」と告げている。


沢に足を踏み入れると突然目の前の斜面を小石が転がり落ち、誰にも出会わないような静かな場所に自分以外の生き物がいる事に少し安堵感を覚える。とうに視界の外に走り去った小動物をキョロキョロと必死で探してみる。なんだか滑稽だ。顔を上げると十勝岳が噴煙を上げ、鼻で笑っているように見えた。

※上富良野町白銀ゲート~美瑛町望岳台ゲート間は平成20年5月13日まで冬季通行止めになっていますのでご注意下さい。

ページ先頭へ↑

2007年10月18日秋と冬の間

大雪山国立公園 東川 山下 なつ絵

10月上旬、吹上温泉から十勝岳温泉登山口の間にある「翁歩道」で、自然観察会を行いました。普段は利用者のほとんどいない静かな歩道ですが、ぽかぽか陽気のこの日は23名の参加者が紅葉真っ盛りの十勝岳連峰裾野の自然を満喫しました。足下にはゴゼンタチバナやイワツツジ、マイヅルソウ、ツルリンドウなどの赤い実が、横を見ればミネカエデやダケカンバの黄色い葉とナナカマドやオオバスノキの赤い葉が、太陽の光を受けて辺り一面を明るく染め、参加者の「綺麗!かわいい!暖かくて気持ち良いね」などの歓声が終始聞こえてくる麗らかな秋の日の観察会でした。


翁歩道:紅葉のトンネルを歩く参加者(田畑R撮影)

マイヅルソウの赤い実がかわいい

所変わって10月中旬、旭岳ビジターセンター裏にある見晴台トレッキングコースは、ふわふわ落ち葉の絨毯に覆われていました。
日当たりの悪い場所には昨晩降った雪が溶けずに残り、動物は臭いだけを残して慌ただしく移動し姿を見せず、森に響き渡る野鳥の声は寂しげで、秋と冬の境界線を歩いているように感じました。




同じく10月中旬、旭岳温泉から500mほど標高を上げた姿見の池園地周辺はもう冬です。
17日に旭岳山頂付近の保護ロープの様子を見に向かいましたが、6合目から上の雪の吹き溜まりにすっぽり腿まではまり、辺りはガスに覆われ風も出始めたので、「今日はここまで」と足早に下山したのでした。

大雪山はとても広く、同じ時期でも場所などによって自然環境が大きく違っています。特に秋から冬にかけての時期はそれを肌で感じます。心と身体が季節の変化において行かれないように、日々自然が発する声に耳を傾けていたいものです。

旭岳6合目

町は秋でも山は冬:左の山は十勝岳連峰のオプタテシケ山

ページ先頭へ↑

2007年09月25日旭岳初冠雪

大雪山国立公園 東川 山下 なつ絵

9月25日、旭岳ロープウェイで姿見駅に降り立つと、ガスで視界は悪く、冷たい横殴りの雨が降っていました。やがて雨はみぞれ混じりになり、ほんの数分だけ抜けたガスの中から現れた旭岳は6合目付近まで白いものに覆われていました。旭岳の初冠雪です。昨年より2日遅い初冠雪となりました。
この日の姿見園地の気温は0度、旭岳山頂では約?4度、風もあったので体感温度はもっと低かったと思います。
つい先日の秋晴れの三連休から一転、もう山の上は冬の様相です。
これから登山を計画されている方は充分な装備でお越し下さい。


つい4日前の赤岳第一花園は秋真っ盛りでした。

こちらは先週巡視した十勝岳連峰・三段山の登山道の真ん中にあったヒグマの糞。内容物のほとんどはハイマツの実でした。動物達も冬の準備に忙しそうです。

姿見園地の紅葉はピークを過ぎて下り坂ですが、少し赤茶けたウラジロナナカマドと薄雪の旭岳とハイマツの緑のコントラストは息を呑むほどの美しさです。

9月26日:旭岳4合目から

ページ先頭へ↑

2007年09月07日ヒサゴ沼・9月

大雪山国立公園 東川 山下 なつ絵

上川事務所・大久保ARの日記にもありますが、9月1日・2日はトムラウシ山周辺と忠別岳周辺・ヒサゴ沼周辺にて登山道整備及び野営指定地の清掃活動が行われました。
ヒサゴ沼コースには、パークボランティア2名と東川事務所から田畑レンジャーと私の4名が参加し、ヒサゴ沼避難小屋周辺の保護ロープの補強、避難小屋・トイレ・野営指定地などの清掃活動に汗を流しました。

ヒサゴ沼に向かう途中、沼の原湿原や五色ヶ原のお花畑にエゾシカの足跡を多数確認し、観察してみると、ゆっくりと湿原を歩いたり、思いっきり走ったり、飛んで着地したときにズルッと滑ったり・・と思われる足跡が沢山見受けられました。今回は姿こそ確認出来なかったものの、こんな山奥でも逞しく生きる野生動物の営みを感じつつ歩き進むと、右を見ればタカネトウウチソウが、左を見ればエゾコザクラが満開の時を迎えていて、自然の多様性と奥深さを感じる素晴らしい場所が大雪山に沢山残されていることに改めて感激しました。

しかし、避難小屋に到着して目にしたものは小屋やトイレにゴミや使用済みのティッシュを捨てていったり、植物帯に踏み込んだりする人も相変わらずいるという現実でした。

多くの人が様々な目的で色々な意識を持って大雪山を訪れていますが、自然は訪れる人を選べないし、自然は人が思っているより脆弱な部分を持ち合わせているものだ、という事も忘れてはいけないのではないでしょうか。

今回も課題は残されましたが、意識の高いパークボランティアの方との活動は、きついとか疲れたとかいう事をまったく感じない、楽しくあっと言う間に過ぎた2日間でした。



タカネトウウチソウが咲く五色ヶ原を行くパークボランティアと田畑レンジャー。

大沼野営指定地:水面越しにトムラウシ山を望む。

ヒサゴ沼周辺の保護ロープの補強。
重い荷物を背負っての作業は大変ですが、目的地はもう目の前。


このコースは7月にも上川事務所のレンジャーとパークボランティアで整備・清掃を行い、避難小屋に貯まっていたゴミも降ろしたのですが、今回も小屋の隅に新たにゴミがたまっていました。



トムラウシ山:いつまでも見ていたい雄大な景色。ヒサゴ沼までの景色も空気も素晴らしく、疲れる暇もないくらい楽しい山行でした。

ページ先頭へ↑

2007年08月17日自然大好き?

大雪山国立公園 東川 山下 なつ絵

    自然大好き?
8月5日の自然公園クリーンデーに、大雪山国立公園パークボランティア36名の方々と、層雲峡・然別湖・ウペペサンケ山・旭岳裾合平・富良野岳などの周辺で清掃活動を行いました。私が参加した富良野岳は花の名所として知られ、十勝岳連峰の中でも人気の高い山です。この日も歩き始めから、秋の訪れを思わせるエゾオヤマノリンドウやミヤマアキノキリンソウが歩道沿いを飾り、つい最近まで雪が残っていた場所ではエゾコザクラが遅い夏を迎えていました。山頂直下には、大雪山でも局所的にしか生育しないエゾルリソウがピンクと紫の花をもたげ・・花以外にも、ギンザンマシコやノゴマの美しい姿と歌声が印象的でした。さらに印象的だったのは、美しい高山植物に混ざって歩道脇のあちこちに咲くティッシュの花でした。美しい自然と調和出来ない白い物体は、使用目的が即座に想像できるということでも、目に入った瞬間、毎回ドキッとさせられます。
「自然大好き!」な方は、もちろん自分の物は自分で持ち帰っていると思いますが・・・

山頂までの清掃が終わり下山し始めた時、山頂直下のお花畑にキタキツネが現れました。
私の住む地域では、キタキツネは山の中だけではなく、公園に向かう道路上などでも頻繁に見かけますが、道路上に現れるキタキツネのほとんどは餌付けされたのか、それとも人間は餌をくれるものだと親に教わったのか、とにかく走ってくる車めがけて「餌くれ?」とばかりに駆け寄ってくるので、いつか轢きそうで怖いなと感じています(実際に轢かれて死んでしまうキタキツネもいます)。しかし、富良野岳で見たキタキツネは違っていました。多少人間慣れはしているものの、決して媚びることなく、野生の本能をむき出しにして、私たちの目前で狩りの仕方を実践で見せてくれました。それはまるで、自分で狩りも出来ない子供に優しく手ほどきするような感じ、それとも「人間の気まぐれに翻弄される気はないよ」とでも言っているのか。

自然も動植物も言葉を発しない分、そこから送られるメッセージは受け取る人によって様々ですが、汚さず、壊さず、近づき過ぎず、長く上手に付き合って行きたいものです。


エゾオヤマノリンドウ:在来のマルハナバチが花粉を集めていました。

花の名山、富良野岳:高山植物盗掘なども起きており、パトロールを強化しています。

キタキツネ:獲物発見!写真では判りにくいですが、あごが外れたのかと思うほど大口をあけて獲物に向かっています。目の前でネズミを2匹平らげました。

ページ先頭へ↑

2007年08月02日奥深い自然

大雪山国立公園 東川 山下 なつ絵

8月1日、天人峡の化雲岳登山口から第一公園まで登山道巡視に行きました
歩き始めからすぐに急登が続くこのコースは、「登りも下りもきつい」と敬遠される方もいますが、見所が沢山ある魅力的なコースです。今日はこのコースの旬の見所を少しご紹介します。
この日、急斜面を登り始めてすぐ目に飛び込んできたのは、大雪山山麓の林内に生育するユリ科の植物、ハゴロモホトトギスです。
ハゴロモホトトギスは大雪山固有種であり、生育地・生育数ともに稀で、大雪山でも私が実際目にしたのはここ天人峡周辺だけです。一時期は盗掘などで天人峡周辺でも数株しか残っていないという話を聞いたこともありますが、この日は丁度開花時期に当たった為か、歩道脇のあちこちで黄色に茶色の斑点を散りばめたハゴロモホトトギスを見ることができました。それにしても花なのにホトトギスって、一度聞いたら忘れられないユニークな名前ですね。
その他にも、ギンリョウソウ、アリドオシラン、コバノイチヤクソウなどの林床植物を観察しながら登山口から1.3km、ぐんぐん高度を上げていくと突然視界が開け、目の前に旭岳と羽衣の滝が姿を表します。この滝見台と呼ばれる開けた場所から見る景色はとても緑深く荘厳で、大雪山が豊かな自然に囲まれた場所だという事を改めて実感させてくれます。
滝見台からさらに3.6kmほど進むと第一公園と呼ばれる湿原に着きます。湿原には木道が整備され、エゾカンゾウ、タチギボウシ、ミヤマリンドウ、ワタスゲ、ホソバノキソチドリなどが見頃を迎えています。
この他にも、すっかり夏毛に生え替わりまるで別の動物?に見えるエゾリスが樹から樹に飛び移る姿を目撃したり、かわいそうになるくらいクマゲラに穴だらけにされたトドマツを発見したり、高山帯とはまた違う魅力あるコースです。

※今春の強風で倒れ歩道上を塞いでいた倒木は現在処理されています。
※天人峡羽衣の滝・遊歩道は現在、土砂崩れの為立ち入り禁止になっています。



ハゴロモホトトギス

滝見台から見下ろす羽衣の滝

第一公園の湿原(写真提供:東川事務所 田畑レンジャー)

クマゲラによって穴だらけにされたトドマツの樹

ページ先頭へ↑

2007年07月10日大雪山国立公園パークボランティアの活躍

大雪山国立公園 東川 山下 なつ絵

7月1日は旭岳と十勝岳連峰、7月8日は旭岳?間宮岳?中岳分岐周辺と裾合平、7月6日?8日にかけてトムラウシ山周辺の南沼とヒサゴ沼で、野営地及び登山道の清掃・整備などを大雪山国立公園パークボランティア行事として行いました。

東川自然保護官事務所では、7月1日は9名のパークボランティアの方々と十勝岳温泉から上ホロカメットク山経由で十勝岳山頂までの往復約12kmの区間を、7月8日は旭岳から間宮岳・中岳分岐から裾合平を通って1周する約11kmの区間を、こちらも9名のパークボランティアの方々と一緒に、保護ロープの張り替えや清掃活動を行いました。
両日、出発から解散までの活動時間は9時間半に及びましたが、皆さん疲れた様子も見せず、時には冗談を交えながら作業は進められました。
一緒に作業をしていて感心したのは皆さんのチームワークの良さです。ロープワークにたけた人、曲がった鉄杭をあっと言う間に直す鉄工所の職人のような人、重い資材を運んでくれる力持ちの人と、それぞれが得意分野を活かし協力し合いながら作業を進めていく姿は、大雪山の雄大な景色に自然と溶け込み、さわやかで温かい風を吹かせていました。

大雪山では、現在115名のパークボランティア会員が在籍し、清掃活動や自然解説活動、盗掘防止パトロールなどを行い、大雪山を訪れる方が安全に気持ちよく過ごせるよう日々活動しています。



雄大な山々を背に作業するパークボランティア。
(間宮岳から中岳分岐)


裏旭の野営地を過ぎた北海岳分岐手前の荒涼とした風衝地に彩りを添えていたエゾタカネスミレ。作業の疲れを癒してくれます。

古い鉄杭の抜き取りは見た目以上に困難でした。(十勝岳連峰にて)

晴天の十勝岳連峰で鉄杭とロープの付け替え作業。

ページ先頭へ↑

2007年06月21日残雪と花

大雪山国立公園 東川 山下 なつ絵

6月17日は旭岳、十勝連峰の山開きでした。前日の16日には、これから大雪山を訪れる利用者の安全を願い、旭岳で山の祭り(安全祈願際)、十勝連峰では町や山岳会、地元関係者により、山開き前の登山道整備(雪切りなど)が行われました。山開き当日は天気に恵まれ、十勝連峰では200人を越える登山者が雪の残る登山道を歩きました。

富良野岳山頂直下では、エゾノハクサンイチゲ、エゾノコザクラ、ミヤマキンバイ、エゾツガザクラなどが咲き始めています。
まだ雪渓が残る場所もありますが、すれ違う登山者はお互い情報交換をし合いながら、また、狭い道ではお互い譲り合いながら、初夏の登山を楽しんでいました。


エゾノハクサンイチゲ(キンポウゲ科):石川県の白山で最初に発見され名前が付けられたハクサンイチゲと似ていますが、エゾノハクサンイチゲの方は果柄が短い。富良野岳では眩しい白色の大群落が見られます。

まだ雪渓が残る十勝連峰。中央奥の一番高いく見える山が富良野岳。これから次々と高山植物が咲き競います。

ページ先頭へ↑

2007年06月07日見えるものと見えないもの

大雪山国立公園 東川 山下 なつ絵

日一日と新緑の緑が濃くなり、日差しが眩しい季節になってきました。
大雪山の麓の林内ではお花の開花も始まりましたが、歩いていて目に留まりやすい植物は、色が鮮やか、背丈が大きく遠くからでも目立つ、群落を作っていたりするなどでしょうか。しかし、普段と少し目線を変えて、小さく目立たない植物を意識して探してみると、今まで素通りしていた場所に以外なほど多くの花がひっそりと逞しくさいていたりする、そんな発見があります。

一見地味に見える植物も、一度その存在に気が付くと「自分は今まで何を見て歩いていたのだろう?」と思うほど、鮮やかに目に飛び込んでくるものです。意識の持ち方ひとつで見えてくるものに変化が生まれるなんて不思議だと思いませんか。
みなさんも機会があれば、地味な植物探し、してみませんか?


ツルネコノメソウ:低地?山地の沢沿いに生える高さ5?15cmほど、花は径3?5mmほどのユキノシタ科の多年草です。一つ一つは小さく軟弱な感じの花ですが、群生すると、淡い緑と黄色の花は大きな存在感があります。

トガスグリ:低地?山地の林内や林縁に生える高さ30?60cmほど、花は径5?6mmほどのユキノシタ科の落葉低木です。花は小さく色も地味なクリーム色なので横を通っていても気がつかない方もいますが、一度覚えるとまた見たくなる、そんな控えめでかわいい花です。

ゴゼンタチバナ:高さ5?15cmほど、花の径2.5mmほどのミズキ科、常緑性の多年草で、常緑で冬を越す葉っぱと紅葉して枯れる葉っぱがあります。
写真のものは新芽の葉っぱがまだ完全に開いておらず、色も薄い緑だったので最初はゴゼンタチバナだと気がつきませんでした。しかし、上から覗いてみると、倒卵形で輪生状に付いた葉っぱはまさにゴゼンタチバナのもの。そして、図鑑などに「花を付ける茎には葉が6枚付く」の通り、6枚の葉っぱにはしっかり花のつぼみが付いていました。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ