北海道のアイコン

北海道地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

パークボランティア研修会を開催しました!

2018年04月11日
釧路湿原国立公園

釧路湿原国立公園パークボランティアたちの活動がより深く、より楽しくなるために開催している研修会。

前回の応急手当につづき、3/24(土)にも開催しました!(フレッシュな報告ではなく、ごめんなさい...。)

今回は、バスをチャーターしてラムサール条約登録湿地「厚岸湖・別寒辺牛湿原」へ!

私たちのフィールドである釧路湿原から一歩外に出て、厚岸水鳥観察館の澁谷さんから、お隣の湿原のこと、水鳥のことを学びました。

座学の冒頭。

澁谷さん「この鍋、なにかおかしいことに気づきませんか?」

5W1H 5W1H

(ヒントは右の写真)

「こういう誤認はよくあります。全種を覚える必要はないですが、大きさ、色、形、行動の特徴といった識別ポイントはおさえておきましょう!」と。

専門家ならではのおもしろい小ネタを交えながらの座学の後は、野外で実物の観察へ。

5W1H 5W1H

「全体的に黒い!あ、潜った!キンクロハジロのようだけど、白い部分は腹から背中で、くちばしの根元が白いのもいるから...スズガモだ!」と習ったばかりの観察のコツが活きました。

当日の資料はコチラ。カモの観察にオススメのポケット図鑑です。

http://www.biodic.go.jp/gankamo/seikabutu/data/report/IdentificationGuide_bypage.pdf

そして、釧路湿原国立公園にも、ただいま北帰行中の水鳥たちがやって来ていますよ!果たしてどんな鳥が見られるのでしょうか。水鳥調査から帰ってきたばかりの佐野アクティブレンジャーバトンタッチ!