北海道のアイコン

北海道地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。
アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。管内には、利尻礼文サロベツ、知床、阿寒摩周、釧路湿原、大雪山、支笏洞爺国立公園があります。

アクティブ・レンジャー写真展 in 中札内村

2022年06月03日
帯広自然保護官事務所

こんにちは。帯広自然保護官事務所のアクティブ・レンジャーの丸岡です。

 

中札内村では、日高山脈国立公園化・PR写真月間として中札内村文化創造センターで写真展が開催されております。

そこで帯広自然保護官事務所もアクティブ・レンジャー写真展を合同で開催しています。

 

 

展示内容は以下の通りです。

 

・環境省 アクティブ・レンジャー写真展 「北の自然の舞台裏」 6月21日まで開催

・十勝在住写真家 日高山脈写真展 「中札内村から」 6月15日まで開催

・地域おこし協力隊 町田仁志写真展 「はじめての日高山脈」 6月15日まで開催

 

・開催場所 中札内村文化創造センター 中札内村東4条南6-1-3

・開館時間 10:00~21:30

・主催 中札内村日高山脈国立公園化PR実行委員会 事務局(村役場産業課内)TEL/0155-67-2495

・アクティブ・レンジャー写真展主催 帯広自然保護官事務所 TEL/0155-34-5500

 

 

▲左 中札内村 文化創造センター    

環境省 アクティブ・レンジャー写真展 右▲

 

 

▲左 地域おこし協力隊 町田仁志氏 写真展      

5人の十勝在住写真家による写真展(写真は辰巳氏) 右▲

 

今回の環境省アクティブ・レンジャー写真展は、北海道西地区を巡回するアクティブ・レンジャー写真展の第一弾になります。

 

 

北海道西地区の国立公園や国指定鳥獣保護区で活動するアクティブ・レンジャーが撮影した、とっておきの写真をご覧いただけます。

 

アクティブ・レンジャー写真展の詳細はこちらのリンクをごらんください。

http://c-hokkaido.env.go.jp/blog/2022/06/post-762.html

 

※ちなみに、次回は、7月1日~7月26日に平取町の沙流川歴史舘で開催予定です。

 

今回のアクティブ・レンジャー写真展では、帯広自然保護官事務所からは日高山脈の写真を2枚展示しています。

 

▲左 登山道のある山では最難関の1839峰     

エサオマントッタベツ岳のカールとブロッケン現象 右▲

 

そして、会場である中札内村からは、十勝幌尻岳やカムイエクウチカウシ山をはじめとする雄大な日高山脈が連なる景観をお楽しみいただけます。

日高山脈は、厳冬期の澄みわたった空に白く聳える姿や、夏の緑の畑に映える青い山脈の姿など四季折々表情があり、月光に照らされる姿や夕日に染まる姿など時により様々な美しい景観を見せてくれるとともに、清流で有名な歴舟川やケショウヤナギを育む札内川をはじめとする美しい河川、豊かな海など、私たちに多くの自然の恵みをもたらしてくれます。

 

▲左 町田仁志氏 札内川のケショウヤナギ写真     

展示作業の様子 右▲

 

 

美しい日高山脈と日高山脈の写真、アクティブ・レンジャー写真展を見にぜひ中札内村文化創造センターにいらしてください。

 

 

 

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

Get ADOBE READER