ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

阿寒摩周国立公園 阿寒湖

81件の記事があります。

2015年02月20日オンネトー湯の滝の生態系維持回復事業

阿寒摩周国立公園 阿寒湖 北川 栄司

皆様、お久しぶりです。

阿寒湖の北川です。

久々のAR日記は、以前にもお伝えした「オンネトー湯の滝」の状況についてお伝えします。


以前から駆除を実施していましたが、なかなか根絶に至らなかったオンネトー湯の滝の外来魚。

実は、平成25年から「生態系維持回復事業」として、本格的な駆除作業を実施しています。

生態系維持回復事業についてはこちら。↓

http://www.env.go.jp/park/system/kanri10.html


平成25年は、事前調査を行い、外来魚の生息する池に流入する滝からの温泉水を、堰を設けて下流へ迂回させる対策を実施しました。

滝の下に設けられた堰
「滝の下に設けられた堰」


この対策により、小型のポンプで水抜き駆除が可能となり、頻繁に水抜き駆除が実施できるようになりました。

小型ポンプによる池の水抜き
「小型ポンプによる池の水抜き」


池の中からも温泉が湧出しているため、水が無くなったり、水温が大幅に低下する事はありませんでしたが、水量が減り水抜き駆除も頻繁に行った事により、生息数は大きく低下しました。


まずは、この対策による効果を確認していたのですが、やはり事前に予想されていた通り、岩の隙間や泥の中に逃げ込んで生き延びた個体が駆除しきれず、この対策だけでは根絶には至りませんでした。


そこで予定通り、次の対策として、冷たい沢水を池に引き込む作業を昨年末に行いました。

池の下流で合流している冷たい沢があるのですが、その沢水を源流に近い少し高い位置から、ホースをつないで池に引き込んでいます。

「複数のホースで沢水が引き込まれている池(水抜き状態)」
「複数のホースで沢水が引き込まれている池(水抜き状態)」


この冬の大雪の影響や水量調整等でまだ作業中ですが、すでに池で泳ぐ外来魚の姿は見られなくなってきています。

今後、取水による沢への影響を確認しながら、更に池に引き込む沢水を増やしていき根絶を目指していきます。

ページ先頭へ↑

2012年12月10日発掘作業

阿寒摩周国立公園 阿寒湖 北川 栄司

天候の悪かった週末が明け、月曜日にいつも通りマイカーで保護官事務所へ向かってみると・・・。



事務所までたどり着けず・・・。

金曜日20cm強の積雪が、週末更に70cm以上積もり、1m近くの積雪となっていました。
車を路上の空きスペースに停め、ラッセルして事務所へ向かいます。

私の住まいは同じ釧路市阿寒町でも平地にあり、カルデラ内にある標高420mの阿寒湖とは気象条件にかなり差があります。
阿寒湖では風雪共に強かったようで・・・。



埋もれた車の後ろ姿、屋根に雪庇が出来ていました。

道東は北海道の中でも雪が比較的少ないほうで、阿寒湖のアメダス過去記録でも1日の積雪量57cmが最高なのですが、土曜日から1日30cm程度の雪が今も降り続けており、この時期で1mも積もったようです。
ちなみに、ここ2年間ではクリスマス時期に50cm程度の積雪となり、1mとなるのは2月以降でした。

さて、通常の積雪の場合、除雪作業はエコミュージアムセンタースタッフにお任せしているのですが、今日の状況ではそうは言ってられません。
除雪車と除雪機をフル稼働させて、エコミュージアムセンター来館者用の除雪作業を行っているスタッフとは別に、発掘作業を行います。



発掘中のお宝、官用車です。
屋根からソリすべりが出来そうなスロープが出来ています。
4輪駆動の官用車ですが、さすがに70cm越えの雪の中からは脱出できません。
スコップで掘って、掘って、掘り出します。

やっと官用車を脱出させ、エコミュージアムセンタースタッフと共に除雪作業を行い、マイカーを敷地内に入れ終わったのは2時間後、朝から汗だくとなり、お昼までまだ1時間以上あるのにお腹がグーッと鳴っています。

アクティブレンジャー、冬場のお仕事の1つでした。

ページ先頭へ↑

2012年11月07日お片付け

阿寒摩周国立公園 阿寒湖 北川 栄司

平年より19日遅く、雌阿寒岳が初冠雪しました。

6月から稼働していた登山者カウンターも、積雪の前に撤収です。



菅野保護官と共に、雄阿寒岳・雌阿寒岳に設置していた4台のカウンターを撤収してきました。
気温2℃の環境のなか、手袋では作業しにくいので素手で金属のボルトやコネクターを掴んで、鼻水をすすりながらの作業です。
(分解するのは早いので、同じような気温の5月下旬の設置時よりはましですが…。)

4台の撤収作業は、2人で半日程度で終わります。
但し、このまま倉庫入り、という訳にはいきません。



データを回収した後のお片付け…清掃、乾燥、充電、動作チェック、シリコングリス塗布などのメンテナンス作業があるので、しばらくテーブルはこの状態です。

ちなみに現在事務所の中には、湯の滝外来魚駆除用品、ウチダザリガニ調査用品も置かれています。



ウチダザリガニの調査は今月も実施するため、こちらのお片付けはもう少し先になりそうです。

事務所を所用で訪れる方には申し訳ありませんが、今月中は物が散らかってザリガニ臭いかもしれません。
ご容赦ください。

ページ先頭へ↑

2012年08月01日北海道火山防災サミット

阿寒摩周国立公園 阿寒湖 北川 栄司

北海道火山防災サミットは、火山に携わる人たちが一堂に会し、北海道全体として、どのような姿勢で火山防災に臨むべきなのか、いま何ができるかを火山の麓の地方公共団体はもとより火山の専門家、住民や子供達も含め、日頃から火山に関わる人たちが話し合う場として2005年から開催されています。2006年のいぶり、2008年の十勝岳に続き、4回目となる今年は、雌阿寒岳での開催となります。

関連イベントとして、すでに、

7月21日:火の山のキッズ登山学習会
7月28日:めあかん自然塾シンポジウム

が開催されました。

現在、阿寒湖畔エコミュージアムセンターにて、
「企画巡回展~雌阿寒岳と共に~」の展示が行われています。



パネル展示のほかにも、



雌阿寒岳の火山岩、北海道火山の立体地図や関連書籍などの展示も行われています。

環境省の展示としては、



昨年度の雌阿寒岳登山者データを展示しています。

こちらでの展示は8月23日まで、その後、足寄道の駅→阿寒湖まりむ館→オンネトーキャンプ場と巡回展示されます。

その他イベントも含め、詳細はコチラ。
(北海道火山防災サミットHP→http://www.npo-cemi.com/summit/meakandakesummit.html

8月25日(日)には、「火の山を探るサミット登山会」が開催予定されています。
火山の専門家の方たちと、実際に雌阿寒岳に登って現地で解説を聞くことが出来ます。

皆さんも、ぜひ参加して、国立公園の景観と地形の生い立ちについて、話を伺ってみてはいかがでしょうか。

なお8月5日(日)には、全国一斉クリーンデーが開催され、雌阿寒岳の清掃登山もあります。
(ボッケ遊歩道の外来植物駆除も同時に行われます。詳しくは阿寒湖畔エコミュージアムセンターまで→http://business4.plala.or.jp/akan-eco/

ページ先頭へ↑

2012年07月12日身近にいる外来生物展

阿寒摩周国立公園 阿寒湖 北川 栄司

先日、千歳市にある「千歳サケのふるさと館」職員の方から電話があり、
「外来生物について企画展を行うので、湯の滝にいる外来魚を生体展示したいのですが…。」
との問い合わせがありました。
外来生物について皆さんにより広く知ってもらえる企画展です。
わざわざ千歳から捕獲に来られるので、菅野保護官と共に同行し、捕獲に協力しました。

初めて湯の滝の外来魚を目にした職員の方は、
「北海道の林道を1.4kmも入った山の中に熱帯魚がウジャウジャいる」
光景に驚かれていました。



まずはタモ網での捕獲です。
比較的捕まえやすい、池からの流出河川部で行います。
ウジャウジャいるのですが、動きの速いティラピアを捕まえるのは結構難しいです。
両手にタモ網をもって、追い込んで捕まえるのがコツです。

ここでは数は捕れるのですが、エサとなる藻が少ないせいか、あまり大型の個体がいません。
次は、池にいる大型の個体の捕獲です。



池での捕獲は、釣りが最も簡単です。
数が増えてエサ不足になっているため、食べれるものが落ちてきたら即座に群がってきます。

昨年、子供向けの啓蒙活動で実施されたセミナーで、「ティラピアはどのエサが一番好きか?」を調べるため、うどんやパン、ご飯やブドウ虫等で釣果の比較を行ったのですが、結果は…
「何でも食べる」(笑)。

この日はグッピーを餌にしましたが、いつも通り良く釣れました。
基本的にナイルティラピア成魚の食性は、植物質の餌なのですが…。

展示に十分な数が捕獲できたので、これから千歳までの長距離搬送です。
以前、冬場に袋詰めで持ち帰ってグッピー半数を死なせてしまった私ですが、やはり職員の方はプロ、携帯型のエアレーションと大型水槽を準備されていました。
気温も心配ない時期なので、翌日頂いた連絡では全個体無事との事でした。
これで、企画展で姿を見れますね。



詳細はコチラ。
(千歳サケのふるさと館HP→http://www.city.chitose.hokkaido.jp/tourist/salmon/

皆さんも、ぜひ見に行って、外来生物について考えてみて下さい。

ページ先頭へ↑

2012年06月08日雌阿寒岳登山巡視② ~生きもの編~

阿寒摩周国立公園 阿寒湖 北川 栄司

雌阿寒岳の登山巡視ですが、雌阿寒温泉登山口から登りました。

まずは、10㎝程度の体のどこからあんな声が出せるのかと思うミソサザイ、控えめに「ルリビタキだよ」とさえずるルリビタキに送られながら森林帯を歩きます。

山頂近くでは、ブーメランのような姿で飛び回り、時おり見せる白い腰がアクセントのイワツバメの群れが舞っています。

昼食をとったお花畑のハイマツでは、クマよけ鈴と間違えそうなカヤクグリの声が聞こえます。

下山してオンネトーを眺めると、オシドリのつがいが訪れています。

数日前巡視した、オンネトー登山口から近い湯の滝ではキセキレイやウソが飛び回っていました。
(画像が撮れたのはオシドリとキセキレイだけですが…。)



昼食をとったオンネトーコース8合目のお花畑では、ミネズオウが見頃です。



メアカンキンバイとコマクサは、ポツポツと開花している程度でした。



これからメアカンフスマやイワブクロ、イワギキョウやイワウメなどといった、高山植物の開花ピークを迎えます。
次回予定している菅野保護官との登山巡視では、どんな出会いがあるでしょうか。

ページ先頭へ↑

2012年06月08日雌阿寒岳登山巡視① ~風景編~

阿寒摩周国立公園 阿寒湖 北川 栄司

6月3日雌阿寒岳の安全祈願祭が執り行われ、合わせて足寄町主催の登山会が行われました。
この登山会に同行して山岳巡視を行いました。

まずは、雌阿寒温泉登山口で安全祈願祭です。



昨年は2件の遭難事故がありました。
今年は何も無いことを願って、登山開始です。
この日は天候に恵まれたこともあり、小学生の子供も参加して約50名の人数となりました。

登りは雌阿寒温泉コースです。4合目まではアカエゾマツの森林帯、そこからハイマツ帯となり、最後は火口外輪山の火山れきを登って、山頂到着です。
そこには絶景が広がっていました!!


阿寒湖方面。
画像では分かりにくいかもしれませんが、火口の向こうに阿寒湖、隣に雄阿寒岳、雄阿寒岳左手奥に斜里岳、その左奥に知床連山が見えています。


阿寒富士と青沼。
釧路方面は雲がかかっていました。

あと、遠く広すぎるため画像はありませんが、オンネトー方面はまだ雪をかぶった大雪山~十勝連峰まで見渡せていました。

景色を堪能した後、風を避けお花畑のあるオンネトーコース8合目へ下りて昼食、そのままオンネトーコースを下り、ほぼ予定通り下山となりました。

雪解け後、今回の登山前に登山道整備はされており、危険個所の規制ロープ張り直しや、ルートを示すペイントの塗り直しはされていました。
雌阿寒温泉コース、オンネトーコースとも、登り2時間半~3時間程度、今回小学生の子供たちも山頂まで自力で登れたように、難しい山ではありませんが、以下の点に気を付けてください。

・4合目あたりから上は日差しにさらされます。水場はありませんので、水分は十分用意して下さい。
・山頂は風が強く、一気にガスに覆われることもあります。快晴でも防寒着や雨具、地図は必ず用意して下さい。
・雌阿寒岳は今も噴煙を上げている火山です。火口付近では、強風・視界不良による滑落や、噴煙の向きに注意して下さい。
・阿寒富士は粒の小さな火山れき・火山灰の山です。足が埋まり、「2歩進んで1歩下がり」ながらの登りで疲れます。

昨年の遭難事故も、山頂の天候不良を原因とした道迷いや疲労により発生しました。
皆さんも、事前の準備・体調を整えて、楽しい登山にして下さい。

②~生きもの編~に続きます。

ページ先頭へ↑

2012年06月08日悪戦苦闘中⑤ ~初期トラブル編~

阿寒摩周国立公園 阿寒湖 北川 栄司

久々のAR日記ですが、お約束のEMC水槽展示におけるトラブルです。

①水温上昇によるグッピー雌雄分離

保護官事務所で飼育している間は、オスメスを混泳させていました。
もともと水温の低い水槽で予定外に孵化したグッピーだったので、そのまま低水温で飼育し、孵化後数ヶ月の間、繁殖も病気もせず育っていました。
しかし、阿寒湖畔エコミュージアムセンター(EMC)の展示スペースは冬の間温泉暖房が入っており、24時間室内は暖か、水温も適温に保たれてしまいます。
繁殖してしまうのは間違いなさそうなので、止むを得ず水槽セパレーター(仕切り板)でオスメスを分けました。
(水槽が狭く感じられ、見栄えも悪くなるので使いたくなかったのですが…。)

②それでも稚魚生まれる

保護官事務所生まれとは別に、ティラピア捕獲時にオンネトー湯の滝育ちのグッピー数匹を持ち帰りました。
この中のメスがすでに受精していたようで、ある朝稚魚が数匹泳いでいました…。
グッピーメスは、一度受精すると数回稚魚を生むことが出来るそうです。
この先何匹生まれてくることやら…。



③病気

グッピー飼育で最も多い「白点病」と「カラムナリス病(尾グサレ病)」が発生しました。幸い、塩水の中に暫く入れてやる塩水浴で回復しました。

④藻発生

グッピー水槽に緑色の藻が、ティラピア水槽に茶色の藻が急激に発生。原因は、EMC展示開始の際に、照明タイマーを開館時間に合わせて再設定した時のミスでした。開館直前に点灯するはずが、深夜から点灯していました。魚たちも寝不足だったかもしれません。点灯時間を正常に戻したところ、藻の成長は鈍くなりました。



⑤ティラピアのいじめ

今まで小さな個体を無視してきたティラピア(大)ですが、ある日ティラピア(小)の隠れ家の石を突き倒して追っかけ回していました。ティラピア(小)は鱗がボロボロになり、隔離して治療を試みましたが残念ながら死亡してしまいました。

⑥産卵床

ティラピアオスは成熟すると、「産卵床」と呼ばれるすり鉢状の穴を水底に掘り、そこでメスの産卵を待ち受けます。水槽で単独の飼育をしていても、底砂を掘り返していました。待っても誰も来てくれませんが…。
エアーストーンやヒーターを埋めてしまいますが、大きな問題は無く、ティラピアの生態を見てもらうという事で、このままにします。



いろいろ大変な生体展示ですが、パークボランティアの方が館内ガイドで利用してくれたり、湯の滝記載のオンネトーパンフレットを持ち帰る方が増えたりするなど、有効利用はされているようです。

今回で「悪戦苦闘中」の連載は終わりますが、これからも外来魚問題について随時報告はしていきます。次の報告をお待ちください。

ページ先頭へ↑

2012年04月17日悪戦苦闘中④ ~EMC展示編~

阿寒摩周国立公園 阿寒湖 北川 栄司

苦労して持ち帰ったティラピア、最初のうちは警戒心が強く、人が近付くとダッシュで水槽のすみっこに頭をうずめ、人工餌も口にしませんでした。



しかし、やはり空腹には勝てず、初めは餌を飲み込むとすぐに水槽のすみに戻って口をモグモグさせていましたが、次第にその場で食べ始めるようになり、やがて自動給餌器が動き出す音に反応して、真下で待ち受けるようになりました。

ちなみにティラピアを下から撮ると、こんな感じです。



金魚のようですね。
「魚眼」の視野の広さが良くわかります。

さて、人前に出しても大丈夫そうになったので、やっと阿寒湖畔エコミュージアムセンター(以下、EMC)で展示です。
保護官事務所から展示スペースまで数十mしかないのですが、総重量百数十kgの水槽一式をそのまま移動することは出来ません。
魚を取り出し水を抜き、接続機器を外して水槽をどかし、EMCスタッフに手伝ってもらって水槽台を動かし、再度水槽セッティングのやり直しです。

水槽セッティングが終わると、今度は掲示資料の用意です。
事前に作成しておいた、「オンネトー湯の滝」や「外来生物」についての説明資料を、水槽の周りに掲示していきます。
(ちなみに資料の一部はこちらから引用しました→http://www.env.go.jp/nature/intro/index.html

両サイドの掲示ボード以外にも、水槽上部のライトや自動給餌器を目隠しする役割も兼ねて、水槽の上にもラミネートした資料を載せてみました。



展示に必要な物品の調査からスタートすること4ヶ月近く、やっと展示にたどり着きました。
EMCの入口右手前方にある、「阿寒カレンダーサロン」コーナーに展示中です。
阿寒湖来訪時には、ぜひ「阿寒湖畔エコミュージアムセンター」にお立ち寄りください。

この「悪戦苦闘中」シリーズ、今回で一段落と思っていたのですが、展示開始後もいろいろと問題が…。
ということで、次回「⑤~初期トラブル編~」に続きます。

ページ先頭へ↑

2012年03月26日悪戦苦闘中③ ~ティラピア編~

阿寒摩周国立公園 阿寒湖 北川 栄司

グッピーの水槽が一段落したので、続いてはティラピアです。

水槽のセッティングは2度目なので順調に完了、問題は中身の捕獲です。

外来魚のいるオンネトー湯の滝は、オンネトー手前の雌阿寒温泉で冬季通行止めとなっており、片道4km以上を雪上歩行となります。
過去の冬季調査ではクロスカントリースキーで往復したそうですが、今回は捕獲した魚を背負っての帰路となり、こける訳にもいかず、スキーに不慣れな私は帰路をスノーシューとしました。
どちらにしろ現地での行動時にスノーシューが必要なので、行きは皆スノーシューを背負って、スキーで出発です。



菅野保護官には捕獲用のタモ網を背負ってもらいました。
私は、釣り道具と胴長を背負っています。
阿寒湖畔エコミュージアムセンターのスタッフ1名と、パークボランティア1名の計4名で、ひたすら”秘湯”を目指して滑って(たまに転んで)行きます。

やっとの思いで着いた湯の滝、感動もそこそこに、まずは腹ごしらえ。
一息ついたところで、いよいよ捕獲開始です。
(なお湯の滝での調査・捕獲・駆除行為は、関係省庁への申請・許可が必要です。)



エコミュージアムセンタースタッフとパークボランティアの方には、釣りによる捕獲をお願いしました。
菅野保護官は水温計測や周辺状況の調査。
私は胴長を着けて、池内の生息状況確認と下流河川でのタモ網による捕獲を行いました。

水温は前回12月からそれほど変わっておらず、左滝の池にはティラピアとグッピーが着実に数を増やしています。
ところが、右滝の池には魚の姿が見当たりません。以前はグッピーが大量にいたのですが…。
全滅するほど水温が下がっている訳ではないので、冬季の一時的な状況かもしれません(事務所のグッピーの件もあるので…)。
雪解け時にもこの状況が続いていることを願いつつ、河川でのタモ網による捕獲に移ります。

池の出口に設置してある遡上防止ネットへ向けて、河川下流からタモ網で追い込んでいきます。
タモ網で小さな個体を捕獲するまでに、釣りグループが大型の個体を釣り上げていました。
今回は駆除が目的ではないので、これで引き上げることにします。
念のため、グッピーも数匹捕獲して終了です。

さて帰りも2時間近くかかるので、捕獲した魚が水温低下で全滅しないよう、保温袋が必要です。
食品を入れる保温バッグでは勿体ないし、クーラーボックスではザックに入れにくいので、自作です。



気泡緩衝材で作った断熱袋の中にビニール袋を入れて、その中に魚とお湯を入れて密封です。
魚が弱らないよう、できるだけ多めにお湯と空気を入れた重たい袋を2つザックに詰め、胴長がザックに入らないので身に着けたままスノーシューで帰りましたが、人間のほうが弱ってしまいました…。

急いで事務所に戻り水槽へ入れてから数日、ティラピアは何とか無事なようです。
(グッピーは翌日までに3匹死んでしまいました・・・。)

ティラピアの様子は、次回「④~EMC展示編~」にて。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ