ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年2月

12件の記事があります。

2020年02月26日タウシュベツ川橋梁自然観察講座

大雪山国立公園 上川 忠鉢伸一

上川アクティブレンジャーの忠鉢です。

2/16日に糠平湖のタウシュベツ川橋梁で行われた自然観察講座の様子を紹介します。

上川町公民館主催、上川自然保護官事務所の共催で、主に上川町内の住民を対象に行っているイベントです。

「タ・ウシュ・ベツ」アイヌ語で沢山の白樺の沢という意味。

かつて帯広から十勝三股までを結ぶ、旧国鉄士幌線に作られたアーチ橋の一つである

タウシュベツ川橋梁を観察に行きました。

講師の上川山岳会の皆さんと参加者総勢23名で目的地を目指します。

この日はあまり積雪もなかったのですが、練習も兼ねてスノーシューで橋を目指すことにしました。

 

氷結した糠平湖ではワカサギ釣りも楽しみ方の一つです。

遠くの方に結構な数のテントが見えます。

まるで氷を突き破って木が生えてきたように見えます。

水面が氷結した後も湖底の水が発電などに使われているので

徐々に水面が下がりこんな現象が起きます。

 

タウシュベツ橋梁は、毎年季節が来ると湖に沈んだり、氷雪にさらされたり。

作られてから半世紀以上が経ち、「崩壊も時間の問題」「美しいアーチはもう見られなくなるかもしれない」そんな事が言われはじめてからさらに何年も経ちました。

風化が進んでいるものの、今年も橋梁は健在でした。

遺跡のように朽ちた橋ですが、なぜか違和感のない美しさを感じます。

橋が完全に姿を見せるのは冬の終わり頃から春先、渇水期になる秋頃のようです。

湖に水があって、橋が水面に映っている時期も良さそうですね。

天気が良ければニペソツ山やウペペサンケ山もよく見える良い場所です。

冬以外の季節にも訪れてみたいと思いました。

ひがし大雪自然ガイドセンターでは「今日のタウシュベツ」を見ることができます。

ガイドツアーも行っているので興味のある方は是非見てみてください。

ひがし大雪自然ガイドセンターHP

ページ先頭へ↑

2020年02月25日礼文島でパークボランティア研修会開催しました!

利尻礼文サロベツ国立公園 稚内 津田涼夏

みなさん、こんにちは!

礼文島アクティブレンジャーの津田です。

2月15日に利尻礼文サロベツ国立公園礼文島地区のパークボランティア養成研修会が行われました。当日は天気も良く、研修会日和となりました。

【午前の部】座学

環境省からは、「利尻礼文サロベツ国立公園の概要」、「パークボランティアの制度について」、「パークボランティア活動の紹介」を発表しました。

また、講師として「礼文島の自然の概要」を礼文島自然情報センターの村上さんに、礼文島の気象条件、地形が高山植物にとって生育しやすい環境であること、礼文島で確認されたことのある鳥類の種類について講演を行っていただきました。最後には礼文島の自然をまとめた動画を流していただきました。

【午後の部】野外研修

午後からの野外活動(礼文林道コース)を行いました。礼文島自然ガイドの鹿川さんに講師を行っていただきました。

雪が少なかったのですが、雰囲気を出すため皆さんでスノーシューを履きました♪

まず、クマゲラの痕跡と礼文林道で観察することのできる鳥類の識別方法(鳴き声、大きさ、色)、素早く双眼鏡で鳥を確認する方法を学びました。

         

            ダケカンバ          ミヤマハンノキの冬芽

イワガラミとノリウツギの違いや、トドマツは「天までとどけ」と、枝を天にあげていることから他のマツとの見分け方を学びました。素敵なフレーズですね!

研修会も終わりに近づき、元来た林道を帰っていると、ハシブトガラが林内から姿を現せてくれました。

みなさん一斉に持っていた双眼鏡を素早く取り出し...「あっ!いた」、「どこどこ」、「見れました~」と、学んだことをさっそく実践しました♪

最後は迂遠(ウエン)(ナイ)コースをバックに記念撮影☆

ご参加頂いた皆さま、お疲れさまでした!

4月から一緒に活動を頑張っていきましょう!(^^)!

★おまけ★

桃岩展望台コース、つばめ山からの景色です。

緑の景色が一面雪に覆われていました。同じ場所なのになぜか違う世界にいるように感じられました。

ページ先頭へ↑

2020年02月21日上空からのパトロール

大雪山国立公園 岩城大洋

みなさま、こんにちは。上川自然保護官事務所の岩城です。

今回の日記は、2月9日に実施したスノーモビル等乗り入れ規制啓発合同パトロール(以下、合同パトロール)の様子をお伝えします。

大雪山国立公園の一部の地域では、スノーモビルなどの乗り入れを規制しています。

なぜ規制されているかというと、スノーモビルなどの無秩序な走行が自然環境や動植物の生息・生育環境に悪影響を与えるからです。

規制区域への侵入を防ぐため、環境省及び関係機関では、毎年1月から3月にかけて、監視・普及啓発活動を目的とする合同パトロールを実施しています。

さて、今回の合同パトロールでは、私は北見峠を担当しました。

当日は今年一番の冷え込みとなり、北見峠に到着すると車の外気温度計はなんと氷点下26度ととんでもない数字を表示。

車から下りると、皮膚が露出している顔部分が冷気でピィーンと張り、すぐに鼻の先端が痛くなりました。

駐車帯にはスノーモビルの姿はなく、スノーモビルを牽引してきたと思われる車が10台残された状態で、遠くからはかすかにスノーモビルのエンジン音が聞こえ、駐車場には僅かに排気ガスのニオイがしていました。

今回の合同パトロールからドローンを使用し、上空から監視することができないか検討を始めました。

早速、規制区域の方角ではありませんが、かすかに聞こえるエンジン音へ向けて飛行させることに。

※(ドローン(無人小型機)は入林届を提出し飛行させています)

 

まずは、上空約80mまで上昇させ、

 

 

その後、エンジン音がする方角へと進路をとります。

 

 

スノーモビルの走行痕が上空からハッキリと確認できます。

さらに進路を進めると、

 

 

無数の走行痕が見えてきました。

しかし肝心のスノーモビルが見当たりません。

 

 

さらに、走行痕を追跡しますが、スノーモビルを発見できません。

耳を澄ますとエンジン音もいつの間にかに聞こえなくなっていました。

 

 

前方の山を越えたのかもしれません。走行痕をたどり山を越えたかったのですが、

この日の記録的な冷え込みの影響でバッテリーの減りが思いの外早く、ここは無理をせず引き返すことにしました。。。

 

 

無事に駐車帯へ戻ってきました。

残念ながら、低温の影響もあり、想定より、飛ばすことができませんでしたが、

上空からは、スノーモビルの走行痕がしっかりと確認できたのは、ドローンを飛行させた意義があったと思います。また、今回使用したドローンは半径約5キロ程度まで飛行させることが可能であり、スノーモビルが規制区域へと侵入しているかを上空から確認するには非常に有効な方法だと思いました。

今年度は、これからも定期的にパトロールを実施する予定です。

次回は、どこまでスノーモビルが乗り入れているかを検証できればと思っています。

今回のAR日記はここまで。

また次回をお楽しみに。。

ページ先頭へ↑

2020年02月18日2月2日世界湿地の日のウトナイ湖

苫小牧 大久保 智子

こんにちは、野生生物課の大久保です。

ウトナイ湖は三寒四温を繰り返し、徐々に春に向かっている兆しがあります。

季節の移ろい時期、みなさま体調は崩されていませんか?

さて、2月2日は、1971年の2月2日にラムサール条約が採択されたことを記念し、世界湿地の日とされています。

ラムサール条約の正式名称は、『水鳥の生息地として特に国際的に重要な湿地に関する条約』といいます。この条約では、国際的に重要な湿地及びそこに生息・生育する動植物の保全を促進するため、各締約国がその領域内にある国際的に重要な湿地を1ヶ所以上指定し、条約事務局に登録するとともに、湿地の保全及び賢明な利用促進のために各締約国がとるべき措置等について規定しています。ウトナイ湖は日本で4番目に登録されました。

その記念すべき湿地の日に、ウトナイ湖で冬の湿地を知ってもらうため、「冬の湿地をスノーシューで探検しよう!」というイベントを行いました。

しかし!!

苫小牧市も北海道の他の地域と同じように、イベント開催日まで暖かい日が続き、雪が降れ降れと念じ続ける毎日でした。思いとは裏腹に雪は積もるどころか減るばかり(涙)。

迎えた当日は雪がなくもないという微妙な積雪で、スノーシューを履く判断は参加者にお任せし、散策路を観察しました。

 

散策では気持ちの良い天気のおかげで、人気者のシマエナガの群れが参加者を出迎えてくれ、ほかにもコゲラ、キバシリ、シジュウカラなどが賑やかな姿を見せてくれました。その後はエゾノバッコヤナギ、キタゴブシ、エゾニワトコなどの冬芽を観察し、湖の上の猛禽類を探したり、オオハクチョウの羽休めを観察したりしていました。また、この日は、特別に結氷した湖の上に上がり、鳥が集まる苫小牧らしい冬の湿地を満喫してもらいました。

  

ウトナイ湖は飛行機が真上を通り、住宅街に近い場所にあるにも関わらず、渡り鳥の中継地点であり小鳥もたくさん集まります。人の生活に近い場所でありながらも、鳥たちにとっては、安らぐことのできる重要な場所であり、また、私たちにとっては、身近に野鳥に親しむことが出来る貴重な場所です。

いつまでもお互いにとって心地よい場所であるよう、大切にしていきたい場所の一つです。

ラムサール条約について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

https://www.env.go.jp/nature/ramsar/conv/About_RamarConvention.html

最後に、ウトナイ湖は通常湖面に立ち入りが禁止されています。今回の観察会では特別に安全対策を万全に行った上で、環境に配慮して実施しています。

氷がとけて湖の中に落ちるおそれや、休んでいる鳥に近づきすぎて脅すことにもなりますので、湖岸からウトナイ湖を楽しんでください♪

参加者のみなさま、ありがとうございました。

ページ先頭へ↑

2020年02月14日シマフクロウの営み、タンチョウの暮らし~標津川流域に生息する希少な鳥たち~

釧路湿原国立公園 佐野 綾音

皆さまこんにちは。
昨年末あたりから、釧路湿原野生生物保護センターの敷地内には、エゾユキウサギが生息しているようで、最近は、毎日増えていく足跡を観察するのが日課となっています。
雪が積もると、このように動物たちの痕跡が見られます。

5W1H 5W1H

<写真>昨年末、突如センターに現れたエゾユキウサギとエゾユキウサギの足跡

さて、先日2月11日に、シマフクロウ・タンチョウ・オジロワシ・オオワシ4種における生息環境整備事業の一環として、中標津町市民文化会館にて市民フォーラムを開催しました。
関係者の方々と「何人の方が来場してくれるかな」、「来てくれるといいな」とドキドキしていましたが、100人近くの方々が足を運んでくださいました!
(
たくさんの方が聴きに来て下さりとても嬉しかったです。)

5W1H

<写真>会場の様子

フォーラムでは、『シマフクロウの営み、タンチョウの暮らし~標津川流域に生息する希少な鳥たち~』という題目のもと、シマフクロウとタンチョウの過去から現在までの実情を、シマフクロウの調査・研究を長年されている山本純郎氏、竹中健氏、タンチョウの調査・研究を長年されている百瀬邦和氏に講演いただきました。また、環境省の取組について釧路自然環境事務所より紹介させていただきました。

5W1H 5W1H

<写真>講演の様子

5W1H 5W1H

<写真>講演の様子

シマフクロウは、かつては北海道全域に1000羽以上生息していたとされています。
その後、開発等により、大木の消失や河川環境の悪化等生息地の環境悪化により70羽近くまで減少しました。
そんな危機的状況から、保護活動が始まりました。
研究者の方々のご尽力と、様々な関係機関の方々のご協力で、現在では、165羽(72つがい+2017年標識ヒナ数。平成29年度環境省発表確認数)と少しずつ生息数が増えてきました。
しかしながら、まだまだ安定的な生息状況にはほど遠く、『保護活動』や『見守る』ということを続けていく必要があります。


今回の講演の中で研究者の方々も言われていましたが、これまで行われてきた個体の保護だけでなく、生息環境そのものを整備していくことが今後特に求められるので、研究者、関係の行政機関、漁業や農業に携わる方々、そして地域に住まれている皆さま全員のご理解とご協力が、必要不可欠であることを強く感じました。

 

ページ先頭へ↑

2020年02月14日あなたは何問正解??~支笏洞爺国立公園指定70周年記念○×クイズ~

支笏洞爺国立公園 當山真貴子

現在、支笏湖では「千歳・支笏湖 氷濤まつり」が開催されていますが、先日、その会場で「支笏洞爺国立公園指定70周年記念○×クイズ」を実施しました!

1/25()2/8()2/9()の計3回実施。

 

 

クイズの内容を一部ご紹介します♪

【Q1】羊蹄山の別名は「蝦夷(えぞ)富士」である。○or×

【Q2】洞爺湖が誕生したのは、今から約11万年前である。○or×

【Q3】支笏湖の食べ物屋さんの商品の一つに「ヒメマスクレープ」がある。○or×

【Q4】本公園に国の天然記念物の「クマゲラ」という野鳥が生息しているが、

    その舌の長さは約30cmである。○or×                 etc...

 

 

ちなみに、すべて正解は「○」です。当たりましたか?

残った50名様からオリジナルのエコバック、上位3名様にはオリジナルのロゴ入りシェラカップをプレゼントしました。

簡単な問題からマニアックな問題まで出題し、全問正解者や途中で間違って悔しがる方等、皆さん楽しんで参加していました(^^)

ほんの少しでも支笏洞爺国立公園のことを知るキッカケになれれば良いなと感じた一日となりました。

 
 

※氷濤まつりの詳細情報はこちら↓↓

●千歳観光連盟 氷濤まつり情報

http://www.1000sai-chitose.or.jp/icefes.html

●支笏湖氷濤まつり Facebookページ

https://www.facebook.com/hyoutoumatsuri.shikotsuko

ページ先頭へ↑

2020年02月14日支笏湖を擬態化した氷のオブジェ~千歳・支笏湖 氷濤まつり~

支笏洞爺国立公園 當山真貴子

ただいま、支笏湖では「千歳・支笏湖 氷濤まつり」が開催されています♪

昼の全体の様子

よく層雲峡の「氷瀑(ひょうばく)まつり」と間違われることが多い「氷濤(ひょうとう)まつり」・・・笑

まだまだ認知度が低いのかなと感じつつも、「瀑」と「濤」は一体何が違うのか、辞書で調べてみました。

 

「瀑」とは、「川の水が高い所から落ちて飛び散る所、滝」。

「濤」とは、「大きくうねる波」。

「氷瀑」とは、「凍った滝、氷結した滝、南極などの氷河が流れ落ちている場所」。

「氷濤」とは、「湖の波しぶきで作った氷柱」。

まとめると・・・

 ☆滝を表した氷のオブジェが「氷瀑まつり」

 ☆波を表した氷のオブジェが「氷濤まつり」

個人的に上記のような違いで理解しようと思いました。


夜の全体の様子

今年は、雪不足でしたが、製作スタッフの方からは「雪が付着しなかった分、透明度が高く出来が良い」とのこと♪

ただ、今週は気温が上がり、溶けてしまい、氷像内に入るもの(苔の洞門等)は、安全の都合上、制限されていますが・・・毎年、1214名のスタッフで一生懸命、氷像製作を行っています!

来年も1月下旬頃に開催予定なので、是非お立ち寄り下さい~(^^)/

 

※詳細情報↓↓

●千歳観光連盟 氷濤まつり情報

http://www.1000sai-chitose.or.jp/icefes.html

●支笏湖氷濤まつり Facebookページ

https://www.facebook.com/hyoutoumatsuri.shikotsuko

ページ先頭へ↑

2020年02月14日支笏洞爺国立公園指定70周年記念 冬の七条大滝自然観察会!

支笏洞爺国立公園 當山真貴子

今年は雪不足で、雪かきの回数が少なかったと感じる今日この頃。

みなさんは、いかがお過ごしでしょうか?(^^)

さて、先日(2/2)に千歳市役所さんとの共催行事「冬の七条大滝自然観察会」を開催しました。

※参加者:13名(小学生:3名、20代~60代:10名)

 

8:00に千歳市役所に集合し、そこからマイクロバスに乗り、七条大滝へ!

 

七条大滝に続く林道を歩いていると、子供達が素敵なオブジェを見せてくれました(^^)

雪を固めて土台にし、その上にツルアジサイやノリウツギ、イワガラミ等を生け花のように飾っていました♪

大人には思い付かない子供達の発想力の高さに驚かされました☆

 

目的地の七条大滝を見る予定でしたが、滝壺まで続く階段が凍結し、滑りやすくなっていたため、

昨年度と続き、安全面を考慮し、上から眺める方法となりました。

もし、降りることができた場合は、下のような景色が眺められます。

1/27(月)下見時の様子

 

小休憩をし、駐車場へ引き返そうとしたその時、マリモのような木を発見!

※クリックすると大きくなります。

謎の丸い塊の正体は「てんぐ巣病」という病気でした。

「てんぐ巣病」とは、樹木、野菜、草花等に発生し、発病すると、枝や茎の1か所または株元から、小枝や小さな葉を多く生じます。病名は、症状が言い伝えで天狗のすみかとされる場所に似ることに由来し、その部分を「てんぐ巣状」と呼んでいます。考えられる病原は二つあり、一つは「糸状菌(カビの仲間)」の一種で樹木に感染します。もう一つは「ファイトプラズマという細菌」で、主に野菜や草花などに感染しているそうです。

 

今年は、雪不足で、スノーシューは履かず、七条大滝も上から眺めることになりましたが、エゾリスの足跡、赤い実が特徴的なツルウメモドキ、クマゲラが突いた大きな食痕、雪だるまのようなシマエナガ等を見ることができ、参加者の皆さんは、冬の景色を満喫していました。

※クリックすると大きくなります。

ページ先頭へ↑

2020年02月10日鳥好きの祭典

知床国立公園 ウトロ 白石海弥

こんにちは。今回は根室市で開かれた「ねむろバードランドフェスティバル(以下ねむろBLF)」に知床ウトロ海域環境保全協議会の活動として出展してきましたのでご報告します。

根室は「野鳥の宝庫」とも言われ、日本を代表するバードウォッチングフィールドの一つ。イスカやコミミズクなどちょっと珍しい鳥が根室では見られることがあります。

そんな根室で13回目を迎えるねむろBLF、会場はメイン会場と道の駅に分かれており、今回私たちはメイン会場での出展でした。今年のねむろBLFのイチオシはコクガン。私のイチオシはアオバト。

 

知床ウトロ海域環境保全協議会では主にケイマフリについて普及啓発活動をしており、今回の出展でもばっちりアピールをしてきました。手ぬぐいを買って頂いた皆さまありがとうございました。売り上げは海鳥の保全活動に役立てられます。

会場では美麗な写真やイラストコンテスト、コクガンについての講演会や野鳥トークが開かれ終始鳥づくしでした。

鳥図鑑の絵を多数書いている谷口高司氏による「タマゴ式鳥絵塾」に参加しましたが驚きました。

まともに絵を描けない私が鳥の形をしたルリビタキを描けたんです!!

自分でもびっくりしました。誰が描いても描けるというのはすごいことです。

イベント中は多数のバードウォッチングツアーが組まれており多くの参加者がいたようです(参加したかった)

鳥まみれの3日間はあっという間に終わり。皆さまお疲れ様でした!

知床世界遺産センターでも鳥の特別展を開催しております。この時期多くやってくる海ワシの展示です。(海ワシとは海岸や水辺に生息し魚を主食とするワシの総称です)

毎年行っているモニタリング調査の速報や、特徴の違い、実寸大のシルエットなどワシだらけの展示をしております。

 

この冬知床に来られる方はぜひ遺産センターに足を運び、ワシについて学んでみてはいかがでしょうか?

スタッフ一同お待ちしております!

オマケ

私のイチオシの鳥、アオバト。新緑のような美しい緑の体と歌うような鳴き声が特徴です。良いですよ、アオバト。

なぜ、緑なのに青なのか。それは名づけられた当時、「緑」という言葉が日本にはなかったため、広い範囲の色を指していた「青」が付けられたからだそうです。信号の色が緑なのに「青信号」といっているのもこれにちなんでいたりします。良いですよ、アオバト。

学名はTreron sieboldii。あのシーボルトの名前が付けられています。博物学者として日本の生き物に関する資料を数多く残した彼に敬意を表して献名されました。他にもオニヤンマやサクラソウなど彼の名前が付いている生物は多いです。

余談がすぎました、ではまた!

ページ先頭へ↑

2020年02月07日山と森の静寂を大切に

大雪山国立公園 上村 哲也

 今回は、自然を好み自然に興味を抱く登山者のみなさまに野生生物への配慮をいただきたいというお話しです。

 東大雪地域には、登山口まで舗装路が続き広い駐車帯があり登山時間が短い、とある山岳があります。そうして山頂の少し先の岩場にナキウサギが生息しています。山頂を往復するだけでなく、その岩場まで足を延ばす方が大勢いらっしゃいます。

 2019年3月30日(土)から11月2日(土)までの218日間を調査したところ、標準的な登山時間を1時間以上超える登山者が761人いらっしゃいました。入下山時刻を把握できた1584人の48%に当たります。滞在時間の最長は9時間余りでした。

 ナキウサギの生息域に登山者が滞在したと考えられる日数は66%の143日に及びました。平均では3日に2日ですが、最長では18日間続きました。

標準的な登山時間を除いた滞在時間別登山者数 生活の場所へ毎日のように人が訪れるというのは、ナキウサギにとって異常な状態とはいえないでしょうか。ナキウサギは静かで穏やかな暮らしを望んではいないでしょうか。

 特に人数が多く22組49人が滞在した9月21日(土)について、滞在時間の分布を調査しました。

 パーティごとに人数と滞在時間帯を調べ、時間帯を20分ごとに区切り、滞在人数を集計しました。8時20分から18時まで登山者が滞在し、11時20分から13時20分までは20人を超え、最多は12時から12時40分の32人でした。

9月21日(土)の登山者の滞在分布
7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
1 1 1 1 1 1 1
3 3 3 3 3 3 3
1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
2 2 2 2 2 2 2 2 2
2 2 2 2 2 2 2 2
2 2 2 2 2 2
2 2 2 2 2 2 2
2 2 2 2 2 2 2 2 2
3 3 3 3 3 3 3
9 9 9 9 9
5 5 5 5 5
2 2 2 2 2 2 2 2 2 2
2 2 2 2 2 2
1 1 1 1 1 1 1 1
3 3 3 3 3
1 1 1 1 1 1 1
1 1 1 1 1 1 1
2 2 2 2 2 2 2 2
2 2 2 2 2 2 2 2 2 2
0 0 0 0 2 6 8 8 10 10 18 18 17 26 26 32 32 28 22 19 14 14 12 9 8 4 4 2 2 2 2 2 2 0 0 0

 ナキウサギは草食動物です。岩場周辺の植物が食べ物です。冬を過ごすための貯蔵なのか、ベッドの巣材なのか、巣穴へ運び込む光景も目にします。ナキウサギの愛らしさに目を奪われ、知らず知らずに周囲の植物を踏みつけていませんか。掘り巡らされた巣穴の上をゴトゴトと踏み鳴らして歩き回ってはいませんか。

 然別湖ではウチダザリガニが持つザリガニかび病(ザリガニペスト)によりニホンザリガニが見られなくなってしまいました。同じように、人にはなんともなくてもナキウサギは堪えられない菌やウィルスがあるかもしれません。人が持ち込んだものは、食べ物のひとかけら、飴の包み紙一枚も残してはいけません。

 入山前にはトイレを済ませ、携帯トイレも準備しましょう。

 観察は双眼鏡などを利用して十分に距離を置き、撮影には高い倍率の望遠レンズを用いたいものです。

 ナキウサギに代表される愛らしい野生生物たちが、これからも穏やかに暮らしていけるよう優しい心遣いをお願いします。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ