ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年4月

9件の記事があります。

2020年04月30日#おうちでサロベツ

利尻礼文サロベツ国立公園 稚内 青山留美子

サロベツにある環境省の施設では、4月中旬より臨時休館をしていましたが、510日まで延長することになりました。特に豊富町にあるサロベツ湿原センターでは、木道の利用もご遠慮頂きたく、駐車場から閉鎖することになりました。

ご不便とご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。

そんな人間社会とは裏腹に、自然はしっかりと季節の移ろいを進めています。

残念ながら今年は、この芽生えの季節を直に見ることが叶わないため、写真で味わおうと過去の写真を集めてみました。皆さんにもお裾分けいたします!

★春を真っ先に教えてくれる、マガンやオオヒシクイなどの渡り鳥

3月下旬~ゴールデンウィーク頃まで、サロベツでは見ることができます。そろそろ旅立ちの時でしょうか。

★エゾアカガエルの卵

エゾアカガエルの鳴き声がガンたちの鳴き声とかぶり、何が鳴いているのか毎年惑わされます。

★ハンノキの花

湿原にある数少ない高木のハンノキ。雄花がほころび、その脇でひっそり雌花が真っ赤に色づく、この地味な花が湿原内一番の開花です。

★ミズバショウの群落

北海道ではどこにでも群生地が広がっています。

★湿原でいち早く花を咲かせる植物たち

初級:ワタスゲ 

     

中級:ヤチヤナギ 

    

上級:ガンコウラン

どれもとても小さい花ですが、まだまだ枯れ草色の湿原の中で見つけると、春の息吹を感じて嬉しくなります。今の時期はこの子たちが主役です。

★冬を越したクジャクチョウ

痛々しい姿の時もありますが、植物に負けない鮮やかな色が舞う姿は、枯れ草色の世界で一段と輝きます。

★今後続々と咲く花たち

これから湿原では続々と花が咲いていき、夏鳥がやってきて賑やかな季節がやってきます。

その頃には木道から直に出会えることを、祈るしかありません。

写真を見るとますます行きたくなってしまい......この状況を私も残念に思っていましたが、

稚内市内の私の自宅近くでは、最近タンポポが開花しました。

花壇では、いち早く咲いていたクロッカスやスイセンに続く植物たちが伸びてきています。

街路樹はまだまだ枯れ木ですが、冬芽がほころんできていました。

こんな町中でも、芽生えの季節を感じることができることに気づきました♪

皆さんも、遠くの自然は写真などで楽しんで、今は自分の周りにある身近な自然を楽しみましょう!

ページ先頭へ↑

2020年04月28日カミナリシギのおでまし

大雪山国立公園 渡邉 あゆみ

 こんにちは、東川管理官事務所の渡邉です。

 数日前から東川町に夏鳥の【オオジシギ】がやって来ました。

【環境省レッドリスト 準絶滅危惧(NT)】

 オオジシギは日中は草原や田んぼにいて、見つけるのは難しいですが、夕方~夜になるとディスプレイフライト(求愛や威嚇)を行うため急降下し、その羽音が派手でとても大きいので見つけやすくなります。

 はじめて、オオジシギのディスプレイフライトを聞いたとき、あまりに特徴的だったので、鳥の羽音とは思わず誰かがブーメランを投げる練習をしているのだと思っていました。

 オオジシギは、その大きくて特徴的な羽音から別名【雷(カミナリ)シギ】とも呼ばれています。

 私の家の裏は広い空き地(草原)なので、もしかするとオオジシギの繁殖地になっているのかもしれません。これからの季節はオオジシギのディスプレイフライトの音や鳴き声を子守歌に眠りにつく日が続きます。人間界の混乱を自然界は知るよしもなく、いつも通りオオジシギがやってきてくれたことにとても安心しました。

 オオジシギは日本では主に北海道で繁殖し、秋になると10,000km以上も旅をして、オーストラリアで越冬します。

 自然が多い地域に住んでいる皆さんの周りでも、夜になると「ブーメランを投げる音」聞こえてきませんか?もしかすると、それはオオジシギかもしれません。

 これから待ちに待った大型連休ゴールデンウィークがはじまります。

 ここ数年、ゴールデンウィーク休暇は欠かさずに縦走に出かけていました。

 

【パークボランティアの皆さんとの春山研修】

 春山は雪がしまり、稜線はまるで廊下を歩いているかのように快適で(ラッセルがない、ぬからない、ヤブは雪の下)、夏の登山道を歩くよりも速く歩けることもあります。

 ところが、今年はそうもいかなくなりました。政府から緊急事態宣言を受け、三密を避け、不要不急の外出を避けなければなりません。

 今まで当たり前にしてきたことができなくなる歯がゆさ。

 私はテントを担いで縦走することが、人生で最も好きなことです。食・住を背負い、自分の足で山の上を歩くことは、何物にも代えがたい自由があります。

【テントや小屋での語らいの時間】

 この状況が収まったら、山での三密を飽きるほど体感したいと切望する日々です。

 STAY HEALTHY★BE POSITIVE★

ページ先頭へ↑

2020年04月27日新体制!

支笏洞爺国立公園 當山真貴子

こんにちは。支笏湖アクティブ・レンジャーの當山です。

 

今回はご報告があります。

2018年に「支笏湖自然保護官事務所」から「支笏洞爺国立公園管理事務所」に名称が変更され、事務所の人員は3人体制となっていましたが、20204月からは、所長と管理官の2名が加わり、総勢5人体制になりました。

新体制での始動直後から新型コロナウイルスの対応による出勤回避で体制が十分でないところもありますが、引き続き、支笏洞爺国立公園の自然を守りながら、よりよく利用するためには何が必要か、何ができるかということを考え、取り組んでまいります。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

ページ先頭へ↑

2020年04月27日10年後に残したい風景

支笏洞爺国立公園 當山真貴子

ツンと冷たい風から暖かい柔らかな風になったと思いきや、パラパラと雪が舞い、冬と春を楽しめる季節となった支笏湖。春を待ち遠しく感じている當山です。

 

さて、先月(3/4~3/29)、支笏湖ビジターセンターの多目的室にて、「支笏洞爺国立公園指定70周年記念インスタグラムフォトコンテスト当選者写真展」を開催しました。

※本国立公園は2019年5月16日に指定70周年を迎えたことを記念し、「10年後に残したいあなたのお気に入りの風景」というテーマで、フォトコンテストを実施しました。

詳細は下記URLをご覧下さい。

http://hokkaido.env.go.jp/post_70.html

 

 

新型コロナウイルスの影響で外出自粛を考慮し、InstagramやFacebookで動画も発信しました。

素敵なお写真ばかりなので、ご興味のある方は是非、下記のURLもご覧下さい(^^)

併せて、フォローもいただけると嬉しいです♪

☆Instagram

https://www.instagram.com/shikotsutoya_nationalpark/

☆Facebook

https://www.facebook.com/ShikotsuToya/videos/249958662704038/

 

星空と紅葉の定山渓、夕方の洞爺湖、水鏡の羊蹄山、針葉樹林が続く中島の散策路等、皆さんから投稿いただいた写真を拝見し、「こんな風景があったんだ」と新たな魅力を発見し、私自身より一層、支笏洞爺国立公園が好きになりました。

また、公式Instagramに投稿されていた洞爺湖での活動(清掃等)の写真も見て、この風景を維持するために、多くの方々が活躍しているということも実感しました。

 

「私の10年後に残したい風景」(鏡現象)

 

支笏洞爺国立公園に限らず、国内外には多くの国立公園があります。同じ国立公園であっても、動植物、景観、歴史、暮らしている人々等、多種多様でそれぞれの魅力があります。

 

「あなたの10年後に残したい風景はなんですか?」

 

なかなか落ち着かない状況ですが、思い浮かんだ風景に想いを馳せてみてはいかがでしょうか(^^)

ページ先頭へ↑

2020年04月24日東大雪の山々

大雪山国立公園 上士幌 上村 哲也

 朝、青空に誘われて上士幌町内の住宅から外に出ると広くなだらかな耕作地の向こうに東大雪の山々が連なって見えました。頂に雪をまとっているのが遠望山や石山、ウペペサンケ山、ニペソツ山です。昨日(4月23日)標高の高い山では雪になったようで、少し白さを取り戻したように見えました。大雪山国立公園の山々は、もうしばらくの間、厚い雪に覆われています。

上士幌町居辺から望む東大雪の山々 トムラウシ山の短縮登山口に通じるユウトムラウシ第二支線林道は、除雪など行われず自然に雪が融けるのを待ちます。登山口まで車が入れるのは早くても5月の終わりでしょう。カムイ天上やカムイサンケナイ川、コマドリ沢はもっと遅くまで雪が残ります。広い尾根が広がるカムイ天上ではしっかり地図読みをしながら進まないとササや灌木が立ちはだかって思うように進めません。融雪が進むと踏み抜きやぬかるみにも苦しめられます。

 ユニ石狩岳や石狩岳の登山口に通じるシンノスケ迂回林道、音更川林道なども通行できるのは、やはり5月の終わり頃です。

 然別湖周辺には、東ヌプカウシヌプリ(標高1,252m)など大雪山グレード2「大雪山の自然とふれあう軽登山ルート」の山が並んでいます。南ペトウトル山も西ヌプカウシヌプリも登山口まで通年、道路が除雪されていますが、例えば現在の東ヌプカウシヌプリの登山口は写真のとおりです。

東ヌプカウシヌプリの登山口 今年は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため5月6日まで外出自粛が要請されています。山はまだまだ雪の中ですから、登山靴やレインウェア、そのほかの用具の手入れなどしながら夏山シーズン到来を待ち新型コロナウィルス沈静化を祈っています。

ページ先頭へ↑

2020年04月10日春一番 ペンケ沼清掃

利尻礼文サロベツ国立公園 稚内 青山留美子

今朝は一面真っ白な冬景色に戻っていた稚内。雪の白さと晴天の青さに感激しつつも、三寒四温に戸惑っている、サロベツ担当の青山です。

4月のカレンダーがめくれてすぐの44日(土)、今年度最初のパークボランティア活動「ペンケ沼清掃」を行いました。

ペンケとは、アイヌ語で"上にある"を意味しているそうで、実際にサロベツ川の上流にあるのがペンケ沼です。下流には、パンケ"下にある"沼もあります。

パンケ沼はサロベツ最大の沼で、パンケ沼園地として駐車場や木道を整備していますが、

この日活動を行ったペンケ沼の方は、道路が通じていないため普段はなかなか行くことができない場所です。そのためペンケ沼は、ねぐらや繁殖地として多くの鳥たちに大人気の場所となっています。

そんな鳥たちの楽園にたくさんのゴミがあることを、鳥の調査で訪れたパークボランティア(PV)さんから聞き、昨年度からゴミの清掃を始めました。

ペンケ沼へは牧草地を通らせて頂き向かいます。

※牧草地は勝手に入ってはいけない場所です!今回は、確認をとった上で通らせて頂きました!

牧草地には、北上途中のマガンなどがたくさん来ていました。

南から北へ渡る鳥たちは、植物よりも早く、私たちに春の到来を教えてくれます。

そして、沼近くまで行くには藪漕ぎが必要です!


年々、ササが高くなり、看板も人も埋もれそうな程です。

このササができるだけ寝ているうちに行きたい!という事で、PVの春一番の活動になりました。

ササに足を取られながら、頑張って足を上げて進むと、ペンケ沼が見えてきます。

まずは野鳥観察からです!

マガンやオオヒシクイ、オオハクチョウにオジロワシ、カワウもいました。

声も大音量で聞こえてきます。

飛ぶときの羽音がまた大迫力です。

最初にご褒美を堪能し、本題のゴミ拾いがスタートです。

沼岸に流れ着いているペットボトルやガラス瓶などのゴミが目立ちます。

どこかで捨てられた物が流れ流されたどり着いた場所がここだったのでしょうか?

人の手が入っていない場所で、人の出したゴミが散乱している景色は、とてもせつないです。

しかも今年は既に水で満たされていたため、そのたくさんのゴミの所までたどりつけない歯がゆさがありました。

それでも、手を伸ばしたり、木などを利用しながらできるだけ回収しました。

風もなく、うっすら日差しが注ぐなか、

一枚二枚と着ていたものを脱ぎながら、汗を流しながらの作業を1時間半ほど行いました。

用意したゴミ袋がなくなり終了。

帰りは、雪が残っていた場所を通り、ずぼっと落ちたりしながらも楽にササの上を通り過ぎました。

昨年の反省を踏まえ、大きなゴミを切ったりできるように用意したナタやノコギリなどを駆使し、回収したゴミは全てゴミ袋に収めることができました。

今年回収したゴミの量は、40ℓのゴミ袋14袋分、重さにして40kgでした。

ご褒美つきながら、翌日の筋肉痛もついてきてしまう春一番の活動、お疲れ様でした!

ページ先頭へ↑

2020年04月09日動き出す生命

知床国立公園 ウトロ 白石海弥

こんにちは。ウトロ事務所の白石です。4月に入り気温が2桁になる日が徐々に出てきたウトロ。それでもまだ寒いからと布団で怠けている人間界をよそ目に、自然界は着実に春を迎えています。

一面を覆いつくしていた流氷はわずかに残るばかり、海明けです。

氷で埋め尽くされていた港が明け、漁船も着水です。上架(船舶を海から引き上げること)している間に漁師さんたちはせっせと漁船のメンテナンスを行います。

いち早く春を報せるのがアキタブキ(フキノトウ)。根雪が無くなった地面からさっそく顔を出していました。

若いフキノトウは天ぷらにすると美味しいです。もう少ししたらギョウジャニンニクが生えてくるので、こちらはしょう油漬けにしてご飯のおともにしましょうね。きざんで餃子もアリです。

話が逸れましたが、これからエゾノリュウキンカや、フクジュソウといった春の花もほころび始めます。

※ 国立公園の中では、植物の採取が禁止されている場所があります。ご注意ください

動物たちも繁殖・出産シーズンに突入です。

こちらは北海道のみに生息するエゾモモンガ。冬の間はトドマツやカラマツ、シラカバなどの冬芽を食べて栄養を蓄え、2月下旬~3月下旬に交尾し、4月中旬ごろからベイビーが産まれます。

 

       毛づくろい途中                冬芽を食べるエゾモモンガ

オオワシの大半は北へ帰っていきました。知床に残るのは少数のオジロワシだけ。残ったオジロワシは同じ巣を使い繁殖するため、巣を補強しつつ抱卵期を迎えます。ピリピリしている彼らを刺激しないよう、観察する際は双眼鏡等を使い離れた場所から観ましょう。

沖に消えていく流氷とオジロワシ。北へ帰るのか残るのか。

キタキツネはまだ換毛期を迎えていないようです。

夏になると冬毛が抜けかなりみすぼらしい恰好になりますが、痩せ細っているわけではありません。可哀想だからと誤解し、餌をやることは絶対にしないでください。野生動物において人間の食べ物は栄養過多であり、消化できずにその身を弱らせることもありますし、餌を求めたが故に交通事故で命を落とすこともあります。

ヒグマもどうやら冬眠から覚めた様子。まだ私は見ていませんが、足跡がちらほらと発見されています。こちらもお腹が空いてピリピリしているため、見つけても決して車から降りないでくださいね。

流氷が溶けたことを皮切りに動き出す知床。春はもうすぐそこです。

ページ先頭へ↑

2020年04月01日春っていいよな~

大雪山国立公園 渡邉 あゆみ

 こんにちは、東川管理官事務所の渡邉です。

 事務所で仕事をしていると、上空を渡っていくハクチョウの鳴き声が聞こえてくる季節になりました。「オーイ、こっちだぞ~」と仲間を呼んでいるのでしょうか。

 事務所の庭には早くもフクジュソウが咲きました。

 落ち着かない日々が続いていますが、そんな中でも身近な自然の季節のうつろいを感じると、和やかな気持ちになります。早く、そしていつまでも平穏な日常が続きますように。

 さて、旭岳ビジターセンターに新しい展示が増えましたので、お知らせします。

 【① 高山植物と高山性昆虫のアクリル標本】

 なかなかじっくり見られない昆虫や、高山植物の種や断面など、アクリル標本を手に持って観察することができます。お花も昆虫も、厳しい山岳地に生息しているとは思えないほど、華奢な姿です。

 【② アクティブレンジャーが作成したクイズの冊子やコースの紹介など】

 「あなたに合ったオススメの登山ルート(入門編と宿泊編)」、「高山植物クイズ」、「アニマルトラックのクイズ」など、現行の展示は平面のものが多いので、めくったり、開いたりしたくなるよう工夫しました。

 ご来館いただいた方に、楽しんでもらえる特別なビジターセンターになるよう、これからも色々な展示や体験が増えていく予定です。お楽しみに。

 状況が落ち着いたら、新しい展示が増えたビジターセンターにお越し下さい。

 それまでは、ガーデニングや家庭菜園もはじめられる時期になりますし、読み溜めていた読書などご自宅で過ごす楽しみを見つけてみてはいかがでしょうか?ランニング、お散歩も良い時期になりますよ。

ページ先頭へ↑

2020年04月01日下サロベツ木道の思い出

利尻礼文サロベツ国立公園 青山留美子

この冬、サロベツにある木道は、あちらもこちらも工事をしていました。

寒さの中、例年よりは少ない雪に苦戦しつつも、新しい木道は完成検査も終わり、新たな季節の到来を待つばかりになっています。

それとは逆に、今年度で廃止となり撤去された木道もあります。

それが、下サロベツ木道です。

幌延ビジターセンターからパンケ沼園地へと約3km続いていました。

年々木道の傷みが激しく、維持するのも難しくなり、利用する方の数も限られる場所であることから、撤去されることになりました。

歩くたびに壊れている場所を発見するような木道でした。

なんとか維持するため、補強を繰り返し、つぎはぎだらけになっていました。

見た目は悪いかもしれませんが、私にとってはいくつもの思い出がある木道です。

つぎはぎの木道上から、たくさんの出会いがありました。

一番の思い出は、湿原の植物たちにとても間近に出会えたことです。

様々な鳥たちとの出会いもありました。

木道の幅が狭いので、すれ違う時に譲り合う必要があるため、

山道や雪道のように、ちょっとしたふれあいがおこる所も魅力でした。

トビとオジロワシとチュウヒが三つ巴になっていたのを見た時は、すれ違った方と共に興奮しました。

初めてサロベツでヒグマの痕跡を見たのもこの木道でした。

怖さを含めて、サロベツを体感させてもらいました。

下サロベツ木道を歩くと、

広大な湿原と空に囲まれ、聞こえてくるのは風の音と鳥たちの声だけでした。

たまには、ヒグマがいないかビクビクしたり、ぽつんと一人でいるさみしさを感じたりもしましたが、多くは、この壮大さを味わうことが本当に楽しかったです。

冬の間に木道は撤去され、跡が残っているだけになりました。

寂しさもありますが、また新たな出会いが待っているかもしれません。

新たな木道と湿原が早くなじむ事を願いながら、

次なる出会いが、今から待ち遠しいです。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ