ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年6月

5件の記事があります。

2020年06月25日憧れのトムラウシ山で3密回避

大雪山国立公園 上村 哲也

 トムラウシ山の登山において、新型コロナウィルス感染防止のため3密を避けるには、どのような対策が考えられるでしょう。感染拡大当初、3つの密が重なる状況を避けるようにとされていましたが、現在ではゼロ密を目指すよう求められているようです。

 密閉は、登山は屋外の活動であることから自然と避けることができそうです。ただし、山中泊では、避難小屋泊を避け、野営地を利用する場合も各自1人用テントを用いることが求められるかもしれません。

 密集は、カムイ天上や前トム平、山頂など代表的な休憩場所で人が集まりやすいといえます。ほかの登山者と距離をとり、大勢が集まる前に滞在時間を短くすることも考える必要がありそうです。

 しかし、密接はどうでしょう。狭い登山道でのすれ違いでは密接が避けられそうにありません。マスクの着用を心がけます(熱中症には要注意)。バンダナや日除けを兼ねたフェイスマスクも有用でしょう。そうして、トムラウシ山の日帰り登山で、すれ違いの回数を減らす工夫を思いつきました。

 森林管理署がトムラウシ山短縮コース登山口に設置した入林届によれば、昨年の87日に昨シーズン最多の利用者数が記録されました。日帰りでトムラウシ山頂を往復した登山者のほか、前日までに南沼泊やほかの登山口から縦走後に下山、この日に短縮コース登山口から入山し南沼泊あるいはほかの登山口まで縦走した登山者を含め76人の利用が記録されました。

 単純な考察で推測も多く含まれますが、入山と下山時刻の記入から図の青線ような行動の分布が見られます。線が交差するところが登山道上ですれ違ったことを表しています。やや太い線で描いたのは18人と21人のパーティでした。単純に山頂を往復すると、先に登頂を果たし下山してくる登山者、下山中に後から登ってくる登山者、ほぼほぼ76人とすれ違うこととなります。また、追い越したり追い越されたりがあればその登山者とは2回接近することになるでしょう。これを減らすことはできないものでしょうか。

 そこで行動分布図と地形図とで赤線のような行動を考えてみました。

 まずは入山時刻をできる限り早めに設定することで、山頂を目指す間に先に登頂して下山してくる登山者とのすれ違いを減らすことができます。

 それから、やや行動時間は増えますが、ただ来た道を下山するのではなく北沼へ立ち寄り山頂西側の登山道を巻いて南沼に戻ります。ただ遠回りになるだけではありません。様々な花やエゾナキウサギ、エゾサンショウウオなどを観察することができます。運がよければ...。

 赤色の点線で示した間に、後から山頂を目指してきた登山者とすれ違うことなくやり過ごすことができます。

 以上、トムラウシ山の日帰り登山で3密回避を考えてみました。

2019/8/7 トムラウシ山の登山者動向

ページ先頭へ↑

2020年06月10日支笏湖ビジターセンター館内掲示情報の充実に向けて♪

支笏洞爺国立公園 當山真貴子

支笏湖へ向かう通勤ルート。

今までは木々の葉がなく、太陽の光が道路を照らしていましたが、あっという間に葉が生い茂り、樹木の屋根で日陰になっています。

支笏湖の初夏を実感中の當山です。

 

さて、先日、支笏湖ビジターセンター館内の掲示板に、新たに「樽前山&風不死岳登山マップ」と「写真」を掲示しました♪

 

 

緊急事態宣言中、宣言が解除された後を見据え、館内の掲示情報の充実を目指し、作成させていただきました。

これから樽前山の登山に挑戦する方々に向けて、登山ルート上で見られる高山植物などの見どころや注意点の情報をまとめています。

支笏湖周辺の自然に触れ、より一層、支笏湖を大切に想っていただける方々が増えると嬉しいです(^^)

英訳の添削にご協力いただいた支笏湖ビジターセンター職員の皆様、この場をお借りしまして、感謝申し上げます。

 

支笏湖ビジターセンターでは、新型コロナウィルス感染防止のため、受付場所にアクリル板の設置やこまめな換気、消毒液での拭き取り等、様々な対策をなさっています。

来館の際は、マスクの着用、人と人との距離を保つようにご協力をお願いします。

 

登山マップ作成を通して、自粛期間中だからこそ、今までやりたくても出来なかったことに目を向ける時間ができました。

今の時代をどのように暮らしていけばいいのか、模索しながらも新しい生活スタイルに適用していきたいと感じた日々でした。

ページ先頭へ↑

2020年06月10日木道からサロベツ

利尻礼文サロベツ国立公園 稚内 青山留美子

サロベツにある環境省の施設では、

幌延町にある幌延ビジターセンターが527日から、豊富町にあるサロベツ湿原センターが61日から、

それぞれ通常開館しております。

ただし、来館者の皆様へ感染予防対策のお願いをしておりますので、

ご来館の際はご協力をお願いいたします。

人との距離を保ちながら、さっそく木道へ。

一部、私なりの楽しみ方つきで、今の湿原の様子をご紹介します♪

湿原は一気に緑が増え、小さな植物たちが咲き始めました。

"足下に広がる星空"と言いたいほど、小さな☆がいっぱいで、きらきら輝いている様に見えます♪

☆がいくつか集まって咲く花たちも咲き始めています。

こちらは"星団"といったところでしょうか♪

これからどんどん咲いていく草丈の高い大きめの花たちも、ちらほら咲き出しています。

大きさなどから"銀河"に相当するでしょうか♪

目だけでなく、耳でも楽しい季節になってきました。

ノビタキやノゴマ、コヨシキリなどのさえずりに加え、オオジシギやカッコウの声も聞こえだし、

発声練習をあちらこちらでしているかの様にとても賑やかです♪

更に、湿原を五感で楽しむために、昨年度改修された木道でおすすめの場所があります!

どちらの施設の木道にも広めのベンチが設置されたのです!

座ってぼーっとするも良し、寝転がって空を真正面から見るも良し、使い方はあなた次第です。

私は、周りに人がいないことを確認して寝転がってます♪

座ると目線が変わり、湿原の見え方も変わるので、湿原にあるベンチには是非とも座ってみて欲しいです。

座ることによって、鳥の声や風の動きなどもより感じられ、

湿原の中にどっぷり浸かっている気がしてきます♪

春先だけのお楽しみ、地平線での蜃気楼も見られる広大なサロベツ。

サロベツ湿原では、花や鳥を楽しむだけでなく、

この広大さから、地球や宇宙を感じることもできてしまいます!

サロベツの木道で、

あなたならどんな風に楽しみますか?

ページ先頭へ↑

2020年06月08日霧の浮島

利尻礼文サロベツ国立公園 稚内 津田涼夏

季節は初夏を迎え礼文島では、花々が見ごろを迎えているようです。

中でも高山植物のお花畑がみられる桃岩展望台コースでは、例年5月の終わりから6月にかけて、エゾノハクサンイチゲやレブンコザクラ、レブンハナシノブ、キジムシロ、ハクサンチドリ、オオバナノエンレイソウなどのお花が一面に広がっています。

  

    エゾノハクサンイチゲ                レブンコザクラ

  

      レブンハナシノブ                 キジムシロ

  

      ハクサンチドリ               オオバナノエンレイソウ

また、礼文島の初夏と言うと、霧が発生しやすい時期でもあります。

6月の礼文島は特に霧が発生することが多く、あたり一面が真っ白になることも珍しくありません。一人でいると、心細くなってしまうような時もあります。ですが、礼文島の高山植物にとっては命の源となっています。高山植物が多く生息する礼文島の西海岸はほとんどが急峻な斜面もしくは断崖絶壁となっています。そのような場所にも高山植物たちは自生しており、そこには川など水の供給源はありません。しかし、そんな高山植物たちにとって強い味方となっているのがまさにこの霧なのです。雨が降っているわけでもないのに着ているものがじっとりと湿ってくるほどの水分を含んだこの霧が、植物たちが生きるために不可欠な水分を与えているのです。

霧が発生すると、視界が悪くなり、礼文島の西海岸の景色が楽しめなくなることも残念な気持ちもありますが、高山植物の生き生きとした姿を見るためだと思うとなぜか霧の天候が嬉しくなるアクティブレンジャーの津田でした♪

なお、礼文町から、新型コロナウイルスに立ち向かう新たな取り組みとして

「新しい生活様式(礼文島モデル2020)」が提案されています。

ご来島前に必ずお読み頂き、それを念頭においた行動をお願いいたします。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

ページ先頭へ↑

2020年06月05日ウトナイ湖の生き物 ハクチョウ

苫小牧 大久保 智子

 こんにちは、野生生物課の大久保です。

 早速ですが、皆さんは、住んでいる市町村のシンボルを知っていますか?

 ウトナイ湖のある苫小牧市のシンボル、市の鳥はハクチョウです。

市の公式キャラクターの一つが、ハクチョウをモデルにした「とまチョップ」だったり、

ウトナイ湖野生鳥獣保護センターのマスコットキャラクターもハクチョウをモデルにした「ラムート君」だったりして、市とハクチョウとの関わりは深いです。

    ラムート君

 とまチョップについては、こちらの「とまチョップの部屋」をご覧ください。

 ウトナイ湖では、オオハクチョウやコハクチョウ、外来種のコブハクチョウを見ることができます。

          オオハクチョウ

 その3種の特徴は、

コブハクチョウは、名前の通り額の前に黒いこぶがあります。

オオハクチョウは、コハクチョウよりも大きく、顎が長いのが特徴です。上くちばしの付け根(上嘴基部)の黄色は先端へ長く伸び先がとがっています。

コハクチョウは、オオハクチョウよりも小さく、顎が太く短くなっています。上嘴基部の黄色はとがっていません。

 遠くにいるのを見分けるのは、難しいですが、よく観察するとだんだんと識別できるようになってきます。

すぐに見分けられるようになると、そんな自分がちょっと誇らしくなります。

          コブハクチョウ

  ぼやけていますが、コブがあるのがわかりますか?

 ハクチョウは、優雅でしなやかで真っ白な姿が美しく、バレエの演目の主人公や、アンデルセン童話のモデルにピッタリですが、その一方で、春には田んぼで泥まみれになって採餌する野生のたくましさも見せてくれます。ウトナイ湖では春と秋に見ることができ、わずかに越冬個体も見られます。夏はサハリンやカムチャツカ方面で繁殖活動しています。

 どのハクチョウも餌は、湖の水生植物の茎や根、種子を採食します。

たまに湖にパンが落ちていることがありますが、パンは人間の食べ物です。

野生動物の健康のために、そして湖の水質悪化防止と衛生のために、さらに、湖とそこで生息するすべての生き物の生態系のバランスを保持するためにも、餌をあげないでください。

ウトナイ湖の"自然食"で生きるハクチョウや水鳥、野生動物の本来の姿を楽しんでください。

 ウトナイ湖野生鳥獣保護センターでは、フェイスブックで自然情報をお伝えしています。

 ウトナイ湖Facebook ぜひご覧ください☺

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ