ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年9月

5件の記事があります。

2018年09月28日シロに染まるまであと少し

知床国立公園 羅臼 宮奈光一郎

 9月も終わりに近付き麓の木々も日に日に色を濃くしています。読書の秋、食欲の秋と言いますが、日本の北東端に位置する知床ではすでにシロい季節を思わせる寒い日が訪れています。

 およそ半年間シロに覆われる知床。今それに抗うかのように山々が色付き初めております。

眼下に広がる根室海峡を背に橙、紅、黄色の草紅葉に覆われる高山帯のお花畑が眼前に広がる。(2018年9月撮影) 羅臼温泉登山道(羅臼町側から羅臼岳へ向かう登山道)にあるお花畑は草紅葉に覆われておりました。橙色のタカネトウウチソウや濃い赤に染まるチングルマが目立ちます。

ダケカンバが黄色く色付き、山頂を覆う緑色のハイマツとの境目、森林限界の境界線がはっきりと見て取れる。(2018年9月撮影) 三ツ峰(写真左手前のピーク)周辺ではダケカンバが色付いたことで森林限界の境界線を容易に見て取ることができました。

紅く染まったチングルマの絨毯の上にヒョロッとさきの尖った胞子嚢穂を出したタカネヒカゲノカズラ(2018年9月撮影) 足下の紅い絨毯の上にはシラタマノキやコケモモ、チングルマの実がなり、この時期に胞子嚢穂を出すタカネヒカゲノカズラもひょっこりと頭を出しておりました。胞子嚢穂を突くと胞子が飛びだし、冷たい風に乗って拡散していきます。

高さ10mを越える岩壁が立ち並ぶ屏風岩も紅葉に包まれ初めていた。(2018年9月撮影) 羅臼温泉登山道ビュースポットの一つ屏風岩も秋色に染まっておりました。こちらは後1週間ほどでピークを迎えるでしょうか。天気の良い日、紅葉に包まれた屏風岩を青い海に浮かぶ国後島をバックに見る景色は圧巻です。

岩の上に落ちていた食べかけのハイマツの実(2019年9月撮影) 岩の上に転がっていた誰かの落とし物。彩りの季節、その背後にまだ遠くにありながらも存在感を示すシロい季節を私たち以上に感じ取っている生きものたち。必死に生き残るための準備をしているのでしょう。

 知床の秋はとっても短く、後1ヶ月もすれば知床横断道路も閉まりすっかり冬支度が済んでしまいます。本当にアッ・・・と言っている間に終わってしまうので、是非計画的にこの美しい知床を味わいにきてください。

------------------------------------------------

  ※1標高が高い所では気温が10℃に満たない時間が長くなってきております。
    ご利用の際は防寒対策を忘れないようにご注意ください。

  ※2羅臼温泉登山道は羅臼岳頂上まで登り7時間、下り5時間ほどを要します。
    お勧めの登山道ですが十分計画をした上でのご利用をお願いいたします。

ページ先頭へ↑

2018年09月28日えりもの秋、真っ盛り!!

えりも自然保護官事務所 熊谷 文絵

こんにちは!

えりも自然保護官事務所 熊谷です。

今年のえりもは9月に入ってからも気温の高い日が続きましたが、ここ最近はすっかり涼しくなりました。おなじみの❝風❞は「涼風」から「秋風」へと変わり、色づいた木々が風に揺れるその様も秋らしく、季節の移ろいを感じています。

さて、港では秋の定置網漁(8月末~11月中旬)が始まりました!えりもの海が一番活気づく季節、まさに秋真っ盛り‼ サケを中心に水揚げされます。

私の前回の日記(http://c-hokkaido.env.go.jp/blog/2018/07/post-306.html)で、えりもに「ゼニガタアザラシ」が生息していること、地域の観光資源でありながらも、定置網に入り魚を食べてしまう漁師泣かせな一面があることをご紹介しました。

人間、ゼニガタアザラシ、どちらにとっても資源豊富なえりも。よりよい環境を目指して、秋の定置網漁に併せた乗船調査に取り組んでいます!

●出港は早朝5時ごろ。海はキラキラ、天候により朝焼けや虹が見えることも!キレイ~

 

●ポイントに到着したら、みんなで網を手繰り寄せます!ものすごく重い...‼

 

●定置網に近づく「アザラシの様子」を撮影するためのカメラの回収・取り付けを行います。

●アザラシによる被害状況を確認します。 この日は多かったです...

 

「トッカリ喰い」

アイヌの言葉で、アザラシは「トッカリ」と呼ばれ、アザラシが喰い散らかした魚や食べる様子を「トッカリ喰い」といいます。

●船での調査はここまで。

事務所に戻り、回収した映像を確認します。アザラシが映っていた場合には、漁師の皆さんにご連絡。アザラシの行動によっては網の形や網目の大きさをを変更したりと、都度反映させていきます。

このような乗船調査は、11月中旬の定置網漁終了まで、ほぼ毎日行います。厳しい風が吹き、波が高いときは船が大きく揺れる中での作業です。期間中、私の奮闘ぶりを何度かお伝えできればと思っていますのでご期待ください♪

一昨年・昨年と記録的な不漁が続きましたが、それに比べると今年は良いようです◎ 8月末の開始直後より少しづつ漁獲量も増え、サイズも多きくなってきているようにも感じます。みなさんの食卓にサケが並んだ際は、こんな風に獲っているんだ!また、環境省でこのようなことにも取り組んでいるんだ!と、少しでも思い出していただければ嬉しく思います。

ページ先頭へ↑

2018年09月12日ルサカフェ今年もオープン!(9/12 - 9/17)

知床国立公園 羅臼 宮奈光一郎

秋の香りがたちはじめる中、今年もルサフィールドハウスでカフェがオープンしています!

ルサフィールドハウスのカウンターに多数の焼き菓子やコーヒーが並ぶ(2018年9月撮影)

 

今年は連休中もオープン!日替わり限定メニューも用意されています!

お弁当やピザなど日替わりメニューも充実(2018年9月撮影)

 

コーヒーを片手にいつもと違った雰囲気の中、くつろいでみては如何でしょうか。

ルサフィールドハウスで飲食しながらくつろぐ利用者(2018年9月撮影)

是非お立ち寄りください!
詳細はこちら→ルサカフェ

-おまけ-

すでに紅く色付いたナナカマドの葉(2018年9月撮影)色付きはじめたナナカマド

カラフトマスが多数遡上し黒く染まったカモイウンベ川(2018年9月撮影)カラフトマスも多数遡上しています。

ページ先頭へ↑

2018年09月12日「カフェ774(名無し)オープン」

阿寒摩周国立公園 川湯 岡西 大助

皆さま、お元気ですか。

川湯も9月を迎え秋めいてきた、というより今年は夏が随分短かったように感じましたが、どうだったのでしょうか?

さて今回の日記は、前回お知らせした川湯エコミュージアムセンターで行われたカフェの試験営業についての報告。この企画は、国立公園満喫プロジェクトのコンセプトの一つ、「上質な旅の提供」という命題に応えるため、ツアーデスク、キッズコーナーの新設と併せ、2階にくつろげるカフェスペースを設置。実際にカフェを開設してデータ収集、今後のカフェスペースの在り方を模索するというもの。

【カフェ来店者数】

・8月14日(火) 来店者数72名

・8月15日(水) 来店者数66名

・8月16日(木) 来店者数60名

・8月17日(金) 来店者数59名

「広々としたつくりになっていてくつろげた。」「窓からの眺めが素晴らしく、居心地が良い。」等、嬉しいお客様の声も多数いただき、オープニングイベントとしては大成功でした。もちろん本格営業するには問題点もあり、新たな課題も見つかりましたがそれでも結果は大成功だと思います。根拠はお客様のたくさんの笑顔とありがとうの一言。

カフェ774(名無し)

最強のスタッフ! 魅力溢れる地元スイーツ!

 

            

エコミュージアムセンタースタッフによる「阿寒摩周国立公園スライド&トークショー」