ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年7月

13件の記事があります。

2020年07月28日えりも"夏の風物詩"

えりも自然保護官事務所 熊谷 文絵

この季節がやってきました~!えりもの夏はコレ!!

この今にも動き出しそうな黒いもの、みなさんな何だか分かりますか?

この風景を見ると、えりもにも本格的に夏がやってきたな~と実感します。

町のあっちでも!

こっちでも!

町内全域にこのような景色が広がります。

これは、日高昆布(別名:ミツイシコンブ)と呼ばれる昆布が干されているところです。

日高地方の広範囲で採れる日高昆布ですが、なんとその約8割がえりも町で採られたものです。

7月~9月頃は昆布漁の最盛期! 町内の多くの各家庭ごとに行われています。

早朝4時半ごろ日の出と共に出港する昆布採りの様子は美しい、、、

(岩の上にやや白っぽく見えるのはゼニガタアザラシ、ゴロゴロしています)

採った昆布は家族総出で各干し場に広げていきます。私も体験させていただましたが、これが難しい。えりも町内でも地域によって採れる昆布の長さが違っており、私の行く地域では6~7mもあり町内でも長い昆布なのだそうです。これらを1本1本がくっつかないように、極力捻じれないように...隙間なく広げていきます。

※昆布干し場には、専用の砂利が敷かれています。町内へ来られる際は、昆布が干されていても干されていなくても砂利の中へ入ることはお控えください。

高級昆布として知られる「利尻昆布」「羅臼昆布」は主に出汁用ですが、「日高昆布」は柔らかいので出汁を取った後にも昆布巻きや煮昆布として食されます。家庭用には日高昆布が使用されることが多く、みなさんも知らぬ間にえりも産の日高昆布を食べているかもしれませんね!地元では、小さく切った昆布を揚げておやつとしているそうです。皆さんもえりも町で親しまれているおやつを試してみてはいかがでしょうか。

えりもに来てから知ったことですが、昆布は採ってから出荷までの工程が多く、とても手間と時間のかかる仕事です。そして、天気・海況に左右されやすく3~4カ月の漁期中、15日実施出来れば上々とのこと。自然相手の仕事ゆえ事故無く実施するためには仕方ありませんが、当日早朝まで実施の可否が判断されないことなどを考えると根気も必要だなと感じます。ただ、その日昆布採りが実施されなくても、これまでに干し終えた昆布を裁断したり等級別に分けたりとみなさん大忙しです。。

町内あちこち干された昆布で真っ黒になる、多くの町民が昆布漁で忙しく過ごす...これこそ、「えりも"夏の風物詩"」です♪

毎日暑い暑いと感じている方に朗報です。

えりもは道内でも寒暖差が少ない地域で夏は平均20℃程度、風が吹けば半袖では肌寒く感じます。

夏のひと時を避暑そして"風物詩"を感じにえりも町で過ごされてみてはいかがでしょうか。

(場所によっては風が強いので、長袖を1枚持っていると安心ですよ)

ページ先頭へ↑

2020年07月28日層雲峡の核心部 Part1

大雪山国立公園 岩城大洋

 こんにちは、大雪山国立公園管理事務所の岩城です。

私には、忘れられない風景が層雲峡にあります。そこは、今では立ち入りが禁止されており、

見ることはできません。私の脳裏には今でも子どもの頃に見たそのダイナミックで壮大な情景が、

近くを通るとよみがえります。

 思い出の中の層雲峡の絶景について、今回は3部構成でお伝えします。

     層雲峡小函地域から銀河流星の滝方面

        旧国道沿いの小函地域

 

層雲峡と言えば、柱状節理が有名です。

節理とは、主に火山性の岩石に見られる現象で、岩石の露出部分に見られる規則性のある割れ目を言い、熱いマグマが冷却固結する過程で形成されます。

節理には主に柱状節理や板状節理、方状節理があり、岩石の種類も玄武岩や安山岩など様々です。

層雲峡地域においては、約3万年前の大雪山の噴火により堆積した熔結凝灰岩が石狩川の浸食により削られ長い歳月をかけ現在の姿となりました。

全国では兵庫県の玄武洞や福井県の東尋坊などが有名ですが、層雲峡の柱状節理は規模が違います。石狩川沿いに約25kmあまりにわたり峡谷が続いているスケールなのです。

その中でも、銀河流星の滝から小函、大函までの間は、層雲峡の核心部と呼ばれ、高さ200m前後の天城岩や天柱岩、岩の形が独特な羽衣岩、切り立った岩壁の神削壁などの絶景が点在しています。

 

 

 

この区間は多くの人がその美しさと迫力を見に来る特別な場所でした。

しかし、1985年には天城岩で小規模な崩落が発生。

その2年後の1987年(昭和62年)69日早朝、記憶に残っている方も多いと思いますが、天城岩が大規模な崩落を起こしました。

(この事故は「層雲峡小函天城岩崩落災害」と呼ばれています)

崩落した岩の総量はなんと11,000㎥に及び真横を流れている石狩川を完全に埋め尽くし、対岸の国道上にも岩盤は到達しました。この崩落により岩盤の直撃を受けた3名が亡くなり、6名が重軽傷を負いました。

 

赤枠は天城岩崩落部分(岩肌の色が赤錆びた部分が崩落箇所)

 

 

この崩落災害を受け、小函地域の景観は観光名所から、危険な箇所だと認識されるようになり、銀河トンネルが接続され、1995年(平成7年)には、小函地域は車両では行けない場所へとなりました。ただし、絶景は、しばらくの間、自転車・歩行者専用道路として解放されていましたが、1998年(平成10年)頃から神削壁で落石が頻発したため、その後は、一切の通行が禁止され現在に至っています。

今年に入り、新型コロナウィルスが全国的に猛威をふるい、層雲峡には観光客がいないという状態が続きました。旅館やホテルでは休業が相次いでいました。

そんな折りに、層雲峡再活性化の議論が始まり、層雲峡の歴史を見つめなおす機会がありました。そのような中、注目されたのが、現在では立入りが制限されている層雲峡景観の核心部「小函地域」だったのです。

 

       層雲峡温泉(後方は黒岳)

 

通行止めとなってから約20年余り。

思い出の中の情景がリアルな景色としてよみがえるお話は次回の日記でお伝えします。。

今回のAR日記はここまで。

また、次回をお楽しみに。。。

 

ページ先頭へ↑

2020年07月22日2020海鳥WEEK開催

知床国立公園 小泉尚也

知床国立公園ウトロの小泉です。

毎年実施している海鳥WEEKを今年も開催いたしますので、お知らせします!

【期間】7月23日(木)~7月31日(金)

【イベント内容】

①海鳥と知床の海の企画展

→知床世界遺産センター(レクチャー内)、入館無料

②うみどりサンセットクルーズ(地元の子ども限定)

今年の海鳥WEEKは、知床世界遺産センターでの展示と地元の子供向けに夕暮れの時間帯に出航するサンセットクルーズのみに縮小しての開催となりました。

☆海鳥WEEKとは☆

知床ウトロ海域環境保全協議会が主催しているイベントで、知床半島に多く生息するケイマフリを初めとした海鳥の保全活動や海鳥の楽しい観察の仕方などを学ぶことを通じて、地域の自然環境保全について考えようとの主旨で開催しているものです。環境省は、この協議会の一員として所属しており、海鳥の保全を通じて環境保全に取り組むこの活動を応援しています。

今、知床世界遺産センターでは、着々と海鳥の展示に向けて準備を進めております。この写真がかわいいかな、これを皆さんに知って欲しいなどなど模索しながら進めておりますので、是非足をお運び頂けたらと思います。

海鳥展示準備①

海鳥展示準備②

海鳥展示全体写真

(こちらは一昨年度の写真になります。)

今年の海鳥WEEKは、昨年度に比べ、規模縮小しての開催としました。

海鳥WEEKを楽しみにしておられた方には、本当に申し訳ございませんが、できる範囲で頑張って活動しています!ご理解の程、よろしくお願いいたします。

(おまけ)

ケイマフリ写真

(知床ウトロ海域環境保全協議会 福田氏 撮影)

こちらは海鳥WEEKにて、主役のケイマフリです。環境省レッドリストの絶滅危惧種Ⅱ類にも指定され、とても希少な鳥です。今ウトロの海で繁殖シーズンを迎えておりますので、たくさん見られます。ぜひ、観光船に乗って頂き、見つけてみてください!特徴は「フィー、フィー」というかわいらしい鳴き声と赤い足ですので、観察してみてください。

それと同時に、「知床・ウトロ海のハンドブック」という、海鳥や知床の海について詳しく解説されているハンドブックがあります。そのハンドブックとともに観光船に乗って頂くとより楽しめると思いますので、是非お買い求め頂けたらと思います。(収益については、海鳥の保全活動に使われます。)

海のハンドブック写真

○知床・ウトロ海のハンドブック

販売場所:観光船事業所・知床自然センター・知床世界遺産センター

定価:300円

ページ先頭へ↑

2020年07月20日ヒナの巣立ち

苫小牧 大久保 智子

こんにちは、大久保です。

苫小牧は夏の陽気になってきました。

先日、散策路脇の植物が繁茂している場所を刈り払っていたら、茂みの中に15センチくらいの鳥の巣を見つけました。枯れ葉で編んだような丸い形の巣の家主はシジュウカラのようですが、その一家は巣立って空き屋でした。

 

      シジュウカラの巣                シジュウカラ

鳥たちは春に繁殖シーズンを迎え、相手を見つけ巣を作ります。

そして卵を産み子育てをし、子ども達を巣立たせます。

産卵後、親鳥はじっと抱卵し、孵化したら餌をあげるなど頑張って子育てします。

 

 ハクセキレイの親鳥が抱卵中 → 数日後孵化した元気な幼鳥が、親からの給餌を待ってるところ

ウトナイ湖の散策路の森では、あちこちで幼鳥たちが、巣を出て飛べることを喜んでいるかのように賑やかです。

アオジの幼鳥

キバシリの幼鳥

 

    コゲラの幼鳥 兄弟と一緒           コゲラの幼鳥 兄弟と騒ぐ

  コゲラの幼鳥 横になる。疲れちゃったかな。

幼鳥は、巣立ちをしてもすぐにはあまり上手に飛べません。親鳥たちに促され、見守られながら成長していくのは人間と同じです。たまに、巣や枝から落下して、地面でじっと動かないでいるヒナもいますが、必ず近くで親鳥が見守っています。

また、弱っていると思い、一度人間が保護をして親鳥から離してしまうと、親鳥が見放してしまうこともあります。

なので、動かないでじっとしているヒナをみつけても、そのままそっとしておいてください。

      餌をくわえたクロツグミ

 

ウトナイ湖の夏の爽やかな気候の中で、鳥の鳴き声を聞きながら散策路を歩きませんか。

幼鳥たちが頑張って鳴く練習をしているのを聞けるかもしれませんよ。

ページ先頭へ↑

2020年07月17日一個100円以下の携帯トイレ

大雪山国立公園 渡邉 あゆみ

 こんにちは、東川管理官事務所の渡邉です。

 中岳温泉に期間限定で7月17日(金)~7月30日(木)まで携帯トイレブースを設置しています。

 これから裾合平のチングルマの大群落が見頃となるので、行かれる方も多いでしょう。

 行かれた際は、野外排出は絶対にせず携帯トイレを使ってくださいね!

 

 さて、大雪山を登山する方の携帯トイレの認知度や持参率は上がっているものの、実際の使用率が高いとはまだ言いにくい状況です。

 携帯トイレ使用率が上がらない理由として多いのは「使える場所が少ない」「重たい」「めんどうくさい」「値段が高い」など。どれも共感できるのですが、巡視のたびにトイレ痕(立ちこめる小便の臭い、使用済みティッシュ・大便の放置)に出くわしていると、美しい大雪山を汚して帰ることに正当な理由なんてない!!大雪山を愛している人にはきっとこの矛盾は伝わるはず。もっと携帯トイレを普及させなければ!!と強く感じるようになりました。

 【携帯トイレを普及させるためには、ネックになっている部分を出来ることから解消していこう!】

◆使える場所が少ない◆

携帯トイレブースが設置されている場所は、その通りです。ですが、トイレブースや便座がなくても、携帯トイレはどこででも使うことが出来るんです。それが携帯トイレの良いところ♪

◆重たい◆

人間の一回の尿の量は平均200ml。日帰り登山の場合、コップ一杯程度の小便。大便だとしても数100g。拒絶するほど重たいと感じるでしょうか・・・?

◆めんどうくさい◆

慣れると、気になりません。むしろ、セットしている最中、山を汚さない優越感でワクワクさえしています♪

◆値段が高い◆

市販の携帯トイレは一回300円~500円程度。確かに高いので、100円くらいだと嬉しい。

 ということで、一個100円未満の携帯トイレを作ってみました♪

 介護用のトイレグッズや家庭用雑貨を組み合わせたもので、実際に何度か山で使ってみて、使用感良好♪持ち運びに問題ない!と自信を持って言えるものです!

 

 使い方は、①厚手のゴミ袋45ℓの中に、②おしっこシートをセットし、その中に用を足します。①の空気を抜いて口をしばり、③防臭袋に入れて、④ジップロックに入れて終わり。簡単です。

 どれもホームセンターでそろえることが出来ます。

    【自作トイレを便座にセット中】        【使用後。コンパクトです】

 ちなみに、②おしっこシートをペット用で代用することもできますが、吸収量が人間用の方が多い(平均的なシートは人間用450ml、ペット用200ml)ので、1回の小便の量が多めの方、一度の登山で2回くらい小便する、という方は人間用の方が安心でしょう。

 水分をガマンして登山をすると脱水状態となるので、翌日に疲労が残りやすくなります。また、小便をガマンしたまま登山をすると体にも大きな負担をかけることになるので、登山中もこまめに水分を摂取し、トイレはガマンせず、ベストパフォーマンスで、翌日にも疲れが残りにくい登山をしましょう!

【7月17日(金)の裾合平。チングルマは7分咲きといった感じ】

 自分のお財布と体、そして大好きな大雪山にも優しいトイレ。良いと思いませんか?

ページ先頭へ↑

2020年07月15日現場の後は事務仕事...

えりも自然保護官事務所 熊谷 文絵

みなさんこんにちは!

えりも自然保護官事務所の熊谷です。

えりも町では、春(5月上旬~7月初め)と秋(8月末~11月下旬)にサケの定置網漁が行われています。

ここに併せ、えりも自然保護官事務所では周辺海域で生息する「ゼニガタアザラシによる食害調査」を実施しています。

今年の春も、毎日乗船しての調査を実施しました。

この数年、記録的な不漁が続いているため期待半分不安半分で始まった今年の定置網漁でしたが、結果は奮わず...サケマスの大漁を見ることなく漁期終了を迎えました。

定置網は定められた場所に置かれた網に泳いできた魚がかかります。

漁期が長いのでシーズンが進むにつれ水温や海況に変化があり、例年であればかかる魚種も少しずつ変化していくところですが、今年は最初こそその傾向は顕著でソウハチガレイやスケトウダラの漁獲が目立ったものの、5月後半以降は漁獲は少なく魚種が多い状況が最後まで続いたことが、今年の特徴だったように思います。