ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

釧路湿原国立公園

56件の記事があります。

2018年08月07日外来ザリガニ捕まえ、学び、食べる

釧路湿原国立公園 渡辺欣正

こんにちは、釧路湿原国立公園の渡辺欣正です。

今日の日記は、先日参加した「親子で参加!ウチダザリガニ捕獲&試食体験」のレポート。

5W1H

主催は、釧路湿原国立公園パークボランティアの皆さんで結成されている「釧路湿原国立公園ボランティア・レンジャーの会」、そして釧路湿原で様々な環境調査や自然体験をしている「こどもエコクラブくしろ」。12組38名の親子が参加されていました。

まずは、こどもエコクラブくしろのメンバーが、手作りの紙芝居でウチダザリガニについて分かりやすく教えてくれました。

5W1H 5W1H

環境のことを大人から子どもへ伝える機会はありますが、こうして子ども同士というのは新鮮で、参加してくれた子どもたちにより深く伝わっているようでした。

いよいよ捕獲現場へGO!ここは温根内ビジターセンターから5分ほど歩いて行った先にある温根内川。30年前から活動されているパークボランティアの方々は「昔はバケツいっぱいに在来種のニホンザリガニが捕れたんだ。」と言います。

5W1H 5W1H

捕獲カゴを引き揚げると...。

お!ザリガニがたくさん入っている!歓声?悲鳴?がいたるところから聞こえて賑やかに。

5W1H 5W1H

今度は袋いっぱいに獲れたザリガニをビジターセンターまで持ち帰って計測です。大きさは〜?体重は〜?オスかな?メスかな?などなど。ウチダザリガニ138匹を捕獲しました。今回は、残念ながらニホンザリガニはいませんでした。

5W1H 5W1H

※特定外来生物を生きたまま移動することは禁止されていますが、今回は環境省職員立会いのもと特別に実施しました。

最後はイベントのクライマックス・大試食会!外来生物とはいえ、大事な命。粗末にしないよう塩ゆでして食べました。あっさりしたエビ、という印象で実に美味しかったです。

5W1H 5W1H

しかし、楽しかった~♪で終わりにして欲しくありません。こどもエコクラブくしろから「外来生物に罪はありません。持ち込んだのは人間。私たちに責任があります。」と締めの言葉をいただきました。

ちなみに釧路湿原にウチダザリガニが侵入することによる悪影響は、ニホンザリガニがいなくなることだけではありません。ネムロコウホネやヒツジグサなどの水草や釧路川で産卵しているシシャモへの影響なども危惧されています。

<ウチダザリガニのリーフレット>

http://hokkaido.env.go.jp/kushiro/wildlife/mat/data/pamphlet_1.pdf

ページ先頭へ↑

2018年07月17日涼しい釧路で長期滞在

釧路湿原国立公園 釧路湿原 渡辺欣正

本州が35℃を超える猛暑の中、最高気温20℃と快適な夏を過ごしている釧路湿原国立公園の渡辺欣正です。

そんな野外活動に最高のシーズンに、国立公園パークボランティアの小椋さんと一緒に温根内ビジターセンター周辺の草刈りをしてきました。どうもありがとうございました!

5W1H 

そして小椋さん、1年ぶりにおかえりなさい!普段は東京在住で、昨年に引き続き釧路市での長期滞在をしに帰ってきてくれたのです。7月~8月末までエアコンいらずで心地良い、国立公園のそばでのご滞在。休暇だというのにさっそく私に捕まって、今週やるイベントの下見にもお付き合いいただきました。

そのイベントとは、釧路市長期滞在者限定の「釧路湿原国立公園ガイドウォーク」。初開催に加え、案内人は私が務めさせていただきます!

おかげさまで全国各地から釧路に滞在されている15名で定員に達しました。皆さまにお会いするのが楽しみで待ちきれません。

5W1H  5W1H

ちなみにこの「長期滞在」は、北海道内の市町村の中で釧路市が6年連続最多で、年間800人以上もいらっしゃいます。その秘訣は、環境の良さに加え、釧路市の市民協働推進課にいらっしゃる専任スタッフらと地元不動産会社が連携をとって、家具付きの物件探しや暮らしのサポートをしてくれるのです。

http://www.city.kushiro.lg.jp/machi/ijyuu/taizai/0003.html

そして街のすぐ後ろに広がる日本最大の湿原・釧路湿原も満喫していただきたく、このような企画を催すこととなりました。

小椋さんも長期滞在者ですが、国立公園パークボランティアでもありますので、今回スタッフとしてご活躍いただきますよ!本当に感謝しかありませんね。

最後に、少ない定員で残念ながらご参加いただけなかった方々に、オススメのイベントをご案内します。

★7/20(金)~7/22(日)19:30-21:00「ホタルの週末」@温根内ビジターセンター

★8/18(土)9:00-12:30「温根内木道スポットガイド」@温根内ビジターセンター

どちらも定員なし、予約不要ですので、お気軽にお越しください!ホタルの観察会も私がガイドを担当します。釧路湿原の短い夏を楽しんでもらえるよう頑張ります!

ページ先頭へ↑

2018年07月12日シマフクロウに関する取り組み

釧路湿原国立公園 佐野 綾音

 みなさま、こんにちは。

 今回はシマフクロウ標識調査の結果報告などシマフクロウに関する取り組みについて紹介します。

 今年も5月中旬ごろより、シマフクロウ標識調査が実施され、1ヶ月以上に及ぶ調査が続きましたが、無事を標識調査を終えました。

5W1H 5W1H

  標識調査の風景(写真左)と標識調査実施後のヒナの様子(手前が月齢の若い個体)(写真右)

 このシマフクロウ標識調査は、環境省保護増殖事業の一環として行われているもので、ヒナの足に足環を装着するものです。足環を装着することで、個体識別が可能となり、その後の行動や繁殖状況など、生態を把握することができます。また、標識調査時には、血液や皮膚組織の採取を行い、性別判定やDNA解析を行っています。この取り組みによって、シマフクロウの生態が分かってきています。たとえば、今年度、繁殖が確認されたつがい(ペア)の中には、1989年生まれのオスがいることが分かりました。1989年生まれというと、今年29歳となります。野生界で30年近く生きている、そして今年も子育てをしているとことが分かりシマフクロウの寿命や繁殖能力を知ることができます。

 その他、DNA解析の研究により、北海道に生息しているシマフクロウは、ユーラシア大陸に生息している個体(亜種)とおよそ67万年前というはるか昔の時点で分化しているという事が判明しました(OMOTE et al. 2018. J. Raptor Res. 52(1):31-41)。となると、世界の中でこの北海道にしかいない生き物であるという、とても希少な生き物である可能性があります。

 そんなシマフクロウですが、先日7月10日、シマフクロウ標識調査の結果が報道発表されました(※)。今年の標識ヒナ数は、32羽と過去最高の標識数となりました。近年の標識ヒナ数は、毎年多少の増減はあるものの、長い目で見ると少しずつ増加しています。今年、標識したヒナが無事に巣立ちし、しばらくは親と共に暮らした後、独り立ち、さらに数年後、大人へと成長し親となってくれることを願うばかりです。

 今後の取り組みとしては、若い個体が生息・定着でき、子育てできる場所を増やす取り組みも必要になってきます。なぜかというと、今シマフクロウがいる場所はすでに、そこを縄張りにしているつがい等が定着しているため、若い個体たちは別の場所に移動しなければならないためです。生息地拡大に向け、先月、シマフクロウ研究者や林野庁職員の方と、現在つがいが確認されていない地域における環境調査に同行しました。餌となる魚が多く河川に生息しているか、シマフクロウという大きな鳥が子育てするために必要となる巨木(樹洞と呼ばれる穴があるような巨木)や、自分自身の身を隠せるような森林があるかなど現地確認しました。

5W1H 5W1H

  調査の様子(写真左)と計測の様子(樹種:ハルニレ)(写真右)

 調査の中で、いくつか直径の太い木を確認し、「この木はいったいいつからここに立っているのだろう...」と思いながら計測などを行いました。

5W1H

調査中に確認した大木(樹種:カツラ)

 調査の結果から、シマフクロウの生息環境として不足している要因などを考え、シマフクロウが定着できるような環境作り(生息地環境整備)を行っていく予定です。なお、この調査には、NHK記者の方も同行され、事後の話となってしまいましたが、「シマフクロウ保護に新たなうごき」という題目で7月6日、ほっとニュース北海道で放映されました。もしも、番組を見たという方やシマフクロウについて興味を持って頂だけたらとても嬉しいです。

 シマフクロウが生息する場所には、多種多様な動植物が生息しています。シマフクロウ以外にも、希少な動植物がそこに生息しています。その世界が減らないように、活動を続けていきたいと思います。

※報道発表資料は下記のリンクよりご覧頂けます。

http://hokkaido.env.go.jp/pre_2018/30_1.html

 

ページ先頭へ↑

2018年07月06日くしろエコ・フェア2018出展

釧路湿原国立公園 佐野 綾音

 みなさま、こんにちは。

 7月に入りましたが、フリースを着なければ寒い日も時折ある釧路湿原。釧路湿原野生生物保護センターでは、センター内にある車庫の中でハクセキレイが巣を作り、子育てをしていたのですが、先月下旬、ヒナが無事に巣立ちし、現在はハクセキレイの親子が敷地内を飛び回り、餌となる虫を探して、芝生の上をとことこ歩く姿がみられるようになりました。季節の経過を感じられる風景です。

5W1H

写真)ハクセキレイの親鳥

5W1H

写真)巣立ちしたハクセキレイの若鳥(全体的に灰色で顔は黄色みを帯びています。)

 今回は、毎年釧路市内で開催されている、くしろエコ・フェアに今年も出展したので、ご報告いたします。くしろエコ・フェアとはどんなイベントかというと、地域に住む方々の「くらしと環境」について考える場、共有の場をテーマに環境や野生動植物に関わる様々な活動を行っている団体が集結・展示を行うイベントです。今年は、イオンモール釧路昭和で開催されました。

 私たちは、釧路湿原にまつわる生き物や自然再生事業に関する展示を行いました5W1H

写真)出展ブースの様子①

5W1H

写真)出展ブースの様子②

 会場では、クイズラリーが行われ、各出展ブースからクイズが出題されました。一緒に出展したワンダグリンダプロジェクト(湿原ペーパークラフト)の辻野さんが代表としてタンチョウに関わるクイズを2問出題しました!

クイズ1:タンチョウの尾羽の色は何色でしょうか。

① 黒 

② 白 

③ 透明

クイズ2:タンチョウの頭の色が赤いのは何故でしょうか。

① 赤い羽根(羽毛)が生えているから。

② 皮膚がむきだしになっており、血管の色がみえるから。

③ 赤い帽子をかぶっているから

 みなさんわかりますか?

 クイズ1の正解は、白色になります。

 歩いているタンチョウを見ると、一見お尻の方は黒く見えるのですが、この黒い部分は、翼の羽が覆い被さっています。翼を広げると、白い尾羽が見えるので、是非みなさんもタンチョウのお尻にも注目してみてください!

 クイズ2の正解は、皮膚がむきだしになっており、血管の色がみえるからになります。

 遠くから見ると、よく分からないのですが、近くでみると、羽毛が生えていません。ぶつぶつとした感じになっており、血管の色が透けて見えるようになっています。緊張したりすると血液が頭部に流れ込み、赤みが増します。リラックスしているときは、赤みが少ないです。

5W1H

写真)タンチョウの立ち姿(翼の羽に覆われて黒く見えますが、その下に白い尾羽が隠れています。)

 クイズラリーに参加してくださった方々の中には、「尾羽は黒だと思っていました!」や「頭が赤い理由はどこかで聞いた事があるから分かった!」といった反応がありました。

 会場には、子供から大人まで多くの方が立ち寄ってくださりました!

5W1H

写真)タンチョウのなわばりについて航空写真を用いて説明をしている様子

 

 今後も、このようなイベントに積極的に参加し、釧路湿原や野生動物の魅力など情報を発信していきたいと思います!

ページ先頭へ↑

2018年07月05日達古武歩道よりこんにちは

釧路湿原国立公園 渡辺欣正

蝦夷梅雨に台風通過と長雨が続き、釧路湿原は"湿原らしさ"がさらに増して活き活きしているようにも見えます。渡辺欣正です。

さて、遅ればせながらの活動報告は、6月の「釧路湿原国立公園クリーンウォーク」について。前回の野生生物保護センターから移動して、今回は達古武オートキャンプ場~達古武歩道でおこないました。

小雨が降る中、パークボランティア10名の精鋭に加え、よつ葉乳牛株式会社根釧工場より細田様が協力しに来てくださいました。

5W1H 5W1H

細田様「CSRの担当という訳ではないんです。職員たちの間で、何か地域に貢献できることがあるかなと話が出て、色々調べたらココに辿り着きました。まずは私が活動の様子を見てみようと。」と。

パークボランティアの山岸代表より歓迎のご挨拶。

「この活動も今年で30年。地元の企業からの協力は、大変ありがたく心強いです。これまで参加いただいた企業の中には、協同から自立をして清掃に取り組むところもあり、おかげで私たちが綺麗にしなければならない場所が減っているのが今の悩み()。」と。

そしてこの夢ヶ丘達古武歩道も実にキレイなのです!ということで痩せた階段までチップを運搬し、可能な限り補充する作業もおこないました。これは一年で一番体力を使う日でもありますが...来年も元気に活動しましょうね!

5W1H 5W1H

最後に、別日にパークボランティアと一緒に調査&作成した★★★達古武歩道の旬マップ★★★を発行しました。現在、5~6月版と7~8月版を達古武オートキャンプ場にて配布しています!ぜひマップ片手に、散策を楽しみに来てください。

http://www.kushiro-shitsugen-np.jp/sansaku/yumegaoka/

5W1H 5W1H

それでは、また!

ページ先頭へ↑

2018年05月24日クリーンウォーク@野生生物保護センター

釧路湿原国立公園 渡辺欣正

良い季節には、楽しい野外活動がいっぱい!釧路湿原国立公園の渡辺欣正です。

毎月第2土曜日は、「釧路湿原国立公園クリーンウォーク」!

今回は釧路湿原野生生物保護センターの周辺でおこなわれました。

主催者であるパークボランティア30名に、CSRの一環でご参加くださったリコージャパン釧路営業所の皆さま13名、わたくし渡辺、そして特別ゲストにポニーのダイゴ君が大集結しました!

5W1H

国立公園を管理している私たちの事務所もここにあるので、その周りはやっぱり一番綺麗!

5W1H 5W1H

と言いたいところですが...。実は、ゴミのポイ捨てや不法投棄が多い地域なのです。特に今年は多く、取り甲斐がありましたね!

ゴミの内容で一番多いのは、ペットボトルと空き缶。そして最近は、介護用オムツが目立ちます。雨水を吸って重くなったオムツを回収するのは大変でした。

5W1H 5W1H

ところで、気になるのはこの日の人気者、ダイゴくんですよね!パークボランティアでもあり、馬愛好家が有志で立ち上げた「釧路湿原国立公園騎馬隊」の隊長でもある両角さんが連れてきてくれたのです。

5W1H 5W1H

カゴを背中に積んでゴミを運んだり、のどかな雰囲気づくりをしたりと、大役を務めていました!

5W1H 5W1H

大勢の方たちに☆キレイ☆にしていただいた釧路湿原野生生物保護センターは、10月28日(日)まで夏期無休開館中。そして7月末には新企画の「プロに学ぶ猛禽類の絵画教室」も開催されます。

皆さまのお越しをお待ちしております!

ページ先頭へ↑

2018年05月11日春の釧路川へ

釧路湿原国立公園 渡辺欣正

こんにちは、釧路湿原国立公園の渡辺欣正です。

今日は、"カヌーイストの聖地・釧路川"へ。国立公園の中を流れる茅沼カヌーポートから細岡カヌーポートまでの15kmを巡視してきました。

5W1H 5W1H

カヌーが大好きな国立公園パークボランティアも一緒に、いざ出艇です!

5W1H 5W1H

まずは、「私たちが下った後はキレイ◎」を合言葉に、川のお掃除。水鳥たちが誤食してしまう懸念のあるルアーや、目立つゴミの回収をおこないました。

5W1H 5W1H

今年は早春に増水がありましたが、ゴミは少ない印象。日頃から、地元のカヌーガイドさんや釧路河川事務所さんにも見守られている美しい川だなと改めて感じました。

次に、危険箇所や注意点の確認。この区間では特に見当たりませんでしたが、湿原は昼になると風が強まることが多いです。余裕ある計画にしたり、写真のような蛇行の度に現れる流木・倒木は早めの回避が大事です。

5W1H 5W1H

ちなみに源流の屈斜路湖から釧路湿原まで釧路川をロングツーリングされる方は、弟子屈の街を過ぎてすぐのサンペコタンという地域に危険地帯があります。あらかじめポイントをおさえておいて、ポーテージ(回避)をオススメします。先日、私も出場させていただいた釧路川100kmカヌーマラソンのホームページが分かりやすいですよ。カヌー愛好家の皆さまが無事に湿原まで辿り着けますように!

最後に利用者の指導。国立公園の特別保護地区に立入りしている釣り人へ退去いただくようお願いしました。二本松橋より下流の右岸側がそのエリアにあたります。利用ガイドラインがありますので、釧路川でカヌーをされる方、そして同じ川で釣りを楽しむ方も、入川前にをご一読ください。

今日もたくさんの野生動物との出会いがありました。

アオサギ、タンチョウ、コガモ、マガモ、ヒドリガモ、オシドリ、オオバン、ウグイス、アカゲラ、ノビタキ、アオジ、センダイムシクイ、エゾムシクイ、コチドリ、トビ、オジロワシ、エゾシカ、アメリカミンク

以上、春の釧路川より報告でした!

ページ先頭へ↑

2018年04月27日キラコタン岬よりこんにちは

釧路湿原国立公園 渡辺欣正

まだ桜前線が到達していない釧路湿原国立公園の渡辺欣正です。フリースやジャケットなど羽織るものが手放せませんよ!

さて、今日は「釧路湿原の秘境」とも呼ばれるキラコタン岬から。ここは国立公園の特別保護区や国の天然記念物にも指定されており、鶴居村教育委員会(TEL:0154-64-2050)で許可を受ければ往復5kmのハイキングを楽しめる特別な場所です。

私たちは、ここでGW前~11月まで登山者カウンターを設置しており、利用者の動向を調べています。今シーズンもパークボランティアの皆さんと一緒にセッティングしに行ってきました。

5W1H 5W1H

設置後は、キラコタン岬の先端まで春のパトロールへ。オーストラリアから釧路湿原へ渡ってきたオオジシギが見られましたよ。

散策道沿いに倒木が3本ありましたが、チェーンソーを持参していなかったので処理は後日。所々、道が不明瞭な所もあるので、初めて行かれる方は鶴居村教育委員会でよく確認してください。

5W1H 5W1H

森を抜けて岬の先端に行くと、眼下には釧路湿原が!今から100年ほど前、全国どこを探しても見つからなかったタンチョウが再発見されたのが、まさにここ。聖域のような雰囲気をもっています。

5W1H

昨年までの登山者カウンターのデータを整理すると、年間3,000人ほどの方たちがキラコタンでのハイキングを楽しんでいることが分かりました。また、シーズンはじめ・おわりの利用者が多くなってきており、夏だけでなく芽吹きの春から紅葉の秋まで長く利用されるようになってきているようです。

5W1H

最後に、利用者の皆さまへのお願いです。これからも「秘境」に入らせていただくという気持ちを忘れず、ゴミは持ち帰る、散策道をはずれない、植物を採取しないといったマナーを守ったハイキングを続けてください。よろしくお願いします!

ページ先頭へ↑

2018年04月11日釧路湿原東部三湖沼とそこに飛来する水鳥たち

釧路湿原国立公園 佐野 綾音

 皆さまこんにちは。

 4月に入り、釧路湿原にも少しずつ春の訪れを感じるようになりました。

 先ほど、日記を投稿した釧路湿原自然保護官事務所渡辺アクティブレンジャーよりバトンを受け取り、今回は春の訪れとして、釧路湿原国立公園内にある、3つの湖とそこに飛来している水鳥(カモなどの渡り鳥)についてご紹介したいと思います。

 北海道東部の湖は水鳥にとって、渡りの途中に翼を休める「経由地」となっています。越冬のため南方に移動する9~12月、越冬地から繁殖地へと移動する4~5月に、いろいろな種類の水鳥が見られます。一方、1~3月は湖全体が凍ってしまうため、水鳥のすみずらい環境になってしまいます。

 釧路湿原の東部にある、シラルトロ湖・塘路湖そして達古武湖にも現在多くの水鳥が飛来しています。私たちは、いつ、どんな水鳥が、どのくらい飛来しているのか、毎年9月頃から湖面の完全結氷までと、湖面の氷が解ける4月から5月頃まで調査を行っています。

 3月20日に調査を行った際は、シラルトロ湖及び塘路湖では、解氷面が一部出てきていましたが、達古武湖では全面結氷していました。

5W1H

シラルトロ湖

5W1H

塘路湖

5W1H

達古武湖(全面が凍結している)

 

 湖のほとんどが凍っている真冬の時期は、水鳥はほとんど見られず、オジロワシやオオワシ、タンチョウといった鳥が多く見られます。

5W1H

シラルトロ湖に集まる鳥たち

5W1H

達古武湖の凍結した湖面上にたたずむオジロワシ

 その後、4月5日に湖へ調査へ行くと...

 いずれの湖も全て解氷していました。

5W1H

シラルトロ湖

5W1H

塘路湖

5W1H

達古武湖

 そして双眼鏡や望遠鏡で湖を覗いてみると...

5W1H

 上の写真でみると、中央上部にいる2羽がヒシクイ(国の天然記念物、環境省レッドリスト絶滅危惧Ⅱ類)です。写真下部にいるのはオオハクチョウ、そして左側にいるのがヒドリガモです。

5W1H

 上記の写真の鳥は、白ベースに目の周囲が黒いことからパンダガモとも呼ばれているミコアイサです。他にも多くの種類の水鳥が飛来していました。

 これらの水鳥は、これから、シベリアなどの繁殖地に向けて渡っていきます。

 また秋に、繁殖地で生まれた子どもたちを連れて、釧路湿原に戻ってくるのでしょう。

 釧路湿原はまだまだ寒いですが、ぜひ一度、この時期ならではの水鳥観察にいらしてください。水鳥はもちろんのこと、晴れた日には湖面がキラキラと輝き素敵な景色を眺めることが出来ます。

 4月21日(日曜日)には、平成30年度自然ふれあい行事イベントとして、「早春の湿原 野鳥観察会」が標茶町にあるシラルトロ湖・蝶の森周辺で開催されます。このイベントでは、森の野鳥やシラルトロ湖に飛来している水鳥について、専門家の解説を聞きながら観察できるので、是非ご参加ください。お申込みやお問合せ先は塘路湖エコミュージアムセンターへ。

お申込み・お問合せ先

塘路湖エコミュージアムセンター

電話番号:015-487-3003

開館時間:午前10:00~午後5時(4月~10月)

休館日:毎週水曜日

ページ先頭へ↑

2018年04月11日パークボランティア研修会を開催しました!<パート2>

釧路湿原国立公園 渡辺欣正

釧路湿原国立公園パークボランティアたちの活動がより深く、より楽しくなるために開催している研修会。

前回の応急手当につづき、3/24(土)にも開催しました!(フレッシュな報告ではなく、ごめんなさい...。)

今回は、バスをチャーターしてラムサール条約登録湿地「厚岸湖・別寒辺牛湿原」へ!

私たちのフィールドである釧路湿原から一歩外に出て、厚岸水鳥観察館の澁谷さんから、お隣の湿原のこと、水鳥のことを学びました。

座学の冒頭。

澁谷さん「この鍋、なにかおかしいことに気づきませんか?」

5W1H 5W1H

(ヒントは右の写真)

「こういう誤認はよくあります。全種を覚える必要はないですが、大きさ、色、形、行動の特徴といった識別ポイントはおさえておきましょう!」と。

専門家ならではのおもしろい小ネタを交えながらの座学の後は、野外で実物の観察へ。

5W1H 5W1H

「全体的に黒い!あ、潜った!キンクロハジロのようだけど、白い部分は腹から背中で、くちばしの根元が白いのもいるから...スズガモだ!」と習ったばかりの観察のコツが活きました。

当日の資料はコチラ。カモの観察にオススメのポケット図鑑です。

http://www.biodic.go.jp/gankamo/seikabutu/data/report/IdentificationGuide_bypage.pdf

そして、釧路湿原国立公園にも、ただいま北帰行中の水鳥たちがやって来ていますよ!果たしてどんな鳥が見られるのでしょうか。水鳥調査から帰ってきたばかりの佐野アクティブレンジャーバトンタッチ!

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ