ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

利尻礼文サロベツ国立公園

115件の記事があります。

2015年09月14日9月6日に利尻山でトイレデーを開催しました!

利尻礼文サロベツ国立公園 三枝 幸菜

 9月6日(日)に利尻山で「全道一斉山のトイレデー」を開催しました。このイベントは「山のトイレを考える会」が2001年に呼びかけたのが始まりで、毎年9月初旬の日曜日に北海道の各地で、携帯トイレの使用を呼びかけるマナーカードを配布し、それぞれの地域の事情に合わせて清掃登山やゴミの持ち帰りの呼びかけなどの活動を実施しています。利尻山でも15年前に、3名の有志によってトイレデーが始まり、現在は「山のトイレを考える会利尻支部」と「利尻礼文サロベツ国立公園パークボランティアの会」の共催で、マナーカードの配布やトイレ痕調査、ゴミ拾いなどを実施しており、稚内自然保護官事務所もそれに協力しています。

 

 さて今年度のトイレデーは、鴛泊コースと沓形コースでそれぞれ7人ずつ、合計14人の参加でした。私は鴛泊コースを担当したのですが、登る事に必死になるあまり、トイレ痕がありそうな箇所を素通りしてしまう事が度々ありました。しかし、そんな時は背後から「トイレ痕発見!」の声。何度もトイレデーに参加している熟練者の方々が、抜け目なくトイレ痕を見つけます。その姿はさながら猟犬のようで、私は位置を記録するためのGPSを片手に来た道を戻る事になるのでした。

 

 また、この日は他の登山イベントもあって、登山道は7月の最盛期並みの賑わいを見せており、利尻山での携帯トイレの使用や美化清掃をバッチリPRすることができました。

トイレデーの様子

 

 昔に比べて減ったとはいえ、まだまだトイレ痕やゴミの投げ捨てが見られるのが現状です。「少しだけなら大丈夫」という気持ちでマナー違反をする登山者が何人もいれば、周囲の環境への影響は看過できないものとなっていきます。実際、毎年トイレ痕が見つかる箇所では踏み分け道が出来てしまったり、いつも何となく臭っていたりします。

 登山の際は携帯トイレを持参する。自分で出したゴミは必ず持ち帰る。利尻山の自然のため、山を楽しむ他の登山者のために、そうした小さな心がけを一人一人が持ってくれるよう、これからも登山者への呼びかけを頑張っていきたいと思います!

 

 では、最後にあらためて、利尻山でのトイレデーに参加して下さった皆さん、雨の中本当にお疲れ様でした。ご協力ありがとうございます!

ページ先頭へ↑

2015年08月26日歩道外への踏み込みにご注意を

利尻礼文サロベツ国立公園 高澤 和大

 こんにちは、礼文島担当アクティブレンジャーの高澤です。

 さっそくですが下の写真をご覧ください。ここは礼文島の岬めぐりコース、ゴロタ岬へと登っていく歩道なのですが、赤線で示した黒い溝のような箇所は何だと思いますか?

(2015年8月11日、岬めぐりコース)

 

 実はこの黒い溝が歩道です。ぱっと見ると右側の裸地が歩道に見えますがそこは植生がある場所で、利用者の多くが歩道のぬかるみを避けて歩きやすい植生の上を歩いてしまったために裸地化してしまいました。下の写真は以前にほぼ同一箇所を撮影したものです。レブンシオガマやエゾカンゾウが咲いていた箇所が踏みつけられてしまっているのがわかります。あえて花を踏みつけて歩く人はあまりいませんが、花期を過ぎるとこういった植生への踏み込みが目立ちます。

(2014年7月3日、岬めぐりコース)

 

 礼文島の自然歩道のうち、桃岩展望台コースや岬めぐりコースのゴロタ岬周辺は地質の関係で悪天候が続くと地面のぬかるみが特にひどくなります。今年の礼文島は一夏を通してすっきりしない天気が続いてしまい、たまに晴天の日があったとしても地面のぬかるみが解消されない状態となりました。そういった状態は多かれ少なかれ毎年発生し、植生への踏み込みも確認されるものですが、今年の夏は特に状態の良くないシーズンだったと感じます。

 

(左:2015年7月4日、右:2014年5月6日の桃岩展望台コ ース)

 

 自然歩道の利用の際は汚れてもいい防水性の靴を履き、歩道から外れて歩くことのないようお願いします。また、事前にフェリーターミナルの観光案内所や桃岩レンジャーハウスなどで歩道の状態について情報収集し、状態が良くないようであれば路面がしっかりしている岬めぐりコースの江戸屋山道の利用を検討するなどしていただければと思います。はるばる礼文島までやって来たのだから色々なコースを楽しみたい!という気持ちはよくわかりますが、ドロドロに汚れる覚悟をお持ちでない場合は楽しむどころか後悔することになりかねません。

 

 

 最後の写真は桃岩を背景に咲くツリガネニンジン。雪解けの頃からめまぐるしく移り変わってきた礼文島のお花畑もいよいよ終盤となりました。今回のAR日記では礼文島の自然歩道についてネガティブなイメージをお伝えしてしまいましたが、状態さえ良ければあまり汚れることもなく歩きやすい道がほとんどで、季節毎に様々な植物たちと気軽に出会える素敵なところです。

 

***

 

 環境省では今年度から、そんな礼文島の代表的な自然歩道である桃岩展望台コースの整備に着手します。今後数年間をかけて老朽化した既存の木道や木柵の更新を実施していく予定です。実際の工事は9月後半から始まりますので、今後のAR日記で詳細をお伝えしていきたいと考えています。

ページ先頭へ↑

2015年07月24日利尻山登山道補修作業・利尻山コマドリプロジェクトPR活動の実施

利尻礼文サロベツ国立公園 三枝 幸菜

こんにちは、利尻アクティブレンジャーの三枝です。気がつけば7月も下旬。北国の夏は短いですね。

 

さて、時は遡る事7月9日。鴛泊登山道で毎年恒例の補修作業を実施しました。作業は利尻富士町役場や林野庁、環境省などの合同で行われ、計14名で土留に使用する丸太などの資材運搬や携帯トイレブースの塗装、標柱の補修作業などを行いました。

 

7月14日には、沓形登山道の補修作業も予定されていたのですが、こちらは悪天のため残念ながら延期となってしまいました。次回こそ、天候に恵まれる事を祈るばかりです。

 

そして海の日連休の7月19日と20日には、一般登山者の方にこうした補修作業をはじめとする利尻山保全のための取り組みを知って貰い協力を呼びかける事を目的とした「利尻山コマドリプロジェクトPR活動」を実施しました。

 

沓形、鴛泊両登山口でのバッジ販売やパネル展示によるPRのほか、20日には鴛泊6合目付近での補修作業を通したPRや、利尻島自然情報センターによる登山道脇の外来種除去活動を通したPRも行われました。

 

幸いにも天候にも恵まれ、燦燦と陽射しが降り注ぐ青空の下、多くの方に利尻山での取り組みをPRする事ができたと思います。

 

ご協力下さった皆さん、ありがとうございました!

ページ先頭へ↑

2015年06月04日登山情報

利尻礼文サロベツ国立公園 青山留美子

5月も終わり、山麓の木々も深緑に色づいてきた利尻島。いよいよ利尻山登山シーズンの幕開けです。


早速、今シーズン最初の登山情報が発行されました。

今年の利尻山は、例年に比べて雪解けがかなり進んでいます。登山情報にもある通り、鴛泊コースはアイゼン・ピッケルは不要です。ただし、沓形コースは親不知子不知やその先の合流点直下の急勾配にはまだまだ多くの残雪があるため、10本爪以上のアイゼン・ピッケルが必要です。また、登山をされる方は、残雪地帯の踏み抜きや、道迷い、急な気温変化による体温低下に十分注意してください。


安全な登山を楽しんでくださいね!

ページ先頭へ↑

2015年05月28日今年も外来種除去リレーが開催されました。

利尻礼文サロベツ国立公園 青山留美子

5月24日、南浜湿原で、利尻島自然情報センターとの共催で今年最初の外来種除去活動が実施されました。今回の除去活動は、今年で2年目となる「外来種除去リレー」として行われ、私はサロベツの豊富から利尻島へと引き継がれてきた襷を掛けて作業に臨みました。(「外来種除去リレー」については、2014年5月29日・6月24日の利尻礼文サロベツ国立公園のAR日記をご参照ください)



今回の活動参加者は8人と少数ながら、外来種除去の経験が豊富な方が多く、僅か2時間の作業で1445本ものオオハンゴンソウを除去する事が出来ました。風があったものの晴天に恵まれ、気持ちよく作業が出来た事も除去作業がはかどる後押しになったのかもしれません。



ところで今回はテレビ局の方が外来種除去の様子を取材しに来ていたのですが、カメラが回っている最中も参加された方々は実にいつも通り作業を行っていました。こんな風にどんな時でも気張り過ぎず、自然体で作業に取り組んでいく事が、この活動を14年という息の長いモノにする秘訣なのかもしれません。省みれば今でも時々張り切り過ぎて空回りしてしまう日頃の私。私がこの活動から学べる事はまだまだ多くあるようです。



さてさて、いよいよ始まった各地区の外来種除去活動。次のリレー走者である礼文島を応援しつつ、今年の利尻島での除去活動も地道にそして着実に頑張っていこうと思います。


(みなさんお疲れ様です。これからもよろしくお願いします。)

ページ先頭へ↑

2015年05月19日ポン山山頂で植生保護のための作業をしました

利尻礼文サロベツ国立公園 三枝 幸菜

 利尻島にはポン山と呼ばれる山があります。山といっても標高は444mしかなく、おまけに後方に標高1721mの利尻山が控えているため、より一層小さな山に感じてしまいます。かつてこの地にいたアイヌの人々も同じように感じたのか、ポン山の「ポン」という言葉は、アイヌ語で「小さい」を意味しています。

 

 しかし、ポン山の山頂からの眺望は素晴らしく、利尻山とその山麓の姫沼、そして礼文島が浮かぶ海を一望する事ができます。また、イワギキョウやエゾタンポポなどの貴重な植物も自生している事から、ポン山は姫沼やオタドマリ沼に並ぶ利尻島の主要な観光スポットとなっており、毎年多くの観光客が訪れています。

 

 5月18日、このポン山の山頂で、利尻花ガイドクラブや利尻森林事務所と協力して、植生保護のためのロープ張りや、花が咲く場所を踏まないようにするための囲い作りを実施しました。

 

 この時期のポン山山頂は強風が吹いている事もあるのですが、この日は風も陽射しも穏やかで絶好の作業日和。おかげで、とてもスムーズに作業を終える事ができました。

 

 ガイドの皆さん、そして森林官さんありがとうございました!

 

 さて、いよいよ利尻島の観光シーズンも本番です。駆け抜けるように過ぎ去っていくこの季節、気合を入れて頑張っていきたいと思います。

ページ先頭へ↑

2015年05月19日巡り来る花の季節

利尻礼文サロベツ国立公園 高澤 和大

 こんにちは、礼文島担当アクティブレンジャーの高澤です。


 月日は百代の過客にて、行きかふ年もまた旅人なり。いくばくかの急ぎ足で今年もまた礼文島へ本格的な花の季節が訪れました。普段は稚内で勤務している私は気もそぞろ。花々が日に日に輝きを増しているであろう国立公園最北の離島に、想いばかりが駆け巡ります。


エゾノハクサンイチゲ(2015年5月15日、桃岩展望台コース)


 「花の浮島」とも呼ばれる礼文島の最大の魅力はなんといっても高山植物。彼らはかつて地球上に繰り返し訪れた氷河期の、どこかのタイミングで島へたどり着いた旅人の末裔です。同じように日本各地へ旅した彼らの仲間の多くは高山植物というその名の通り、今では標高の高い場所でしか生き残ることができていません。だけどここでは潮の匂いを感じる低地の草原に力強く咲き誇っていて、どこか夢でも見ているような、あるいは氷河期へタイムスリップしてしまったかのような錯覚を覚えます。


エゾノハクサンイチゲと利尻富士(2015年5月15日、桃岩 展望台コース)


 最後の氷河期が終わってからおよそ1万年。地球46億年の歴史から見ればほんの一瞬ですが、人の一生にしてみれば気が遠くなるほどの歳月に、この地で連綿と命を繋いできた小さな植物たち。彼らがこれからも氷河期の息吹を伝え続けることができるよう、見守っていかなければなりません。


レブンコザクラ(2015年5月15日、桃岩展望台コース)


 花々が咲き始めるのに合わせ、礼文アクティブレンジャーは巡視や調査のために島へ長期滞在する期間に入ります。次回の更新は礼文島からお届けします。

ページ先頭へ↑

2015年05月07日現在の利尻島の様子と、春の利尻山登山の注意事項について

利尻礼文サロベツ国立公園 三枝 幸菜

 5月に入り、利尻でも春の到来を強く実感するようになりました。海に程近い斜面は萌木色に変わりはじめ、南浜や姫沼などの湿原・湿地ではミズバショウやザゼンソウなどが見頃を迎えています。

 

姫沼のザゼンソウ

 

 しかし、利尻山を仰ぎ見れば山を覆う雪が無くなる気配はまだまだありません。この時期利尻山に登るのであれば、やはり「冬山登山知識、冬山装備」は必須です。

 

2015.4.30 利尻山の様子

 

 先日、北海道宗谷総合振興局から登山情報が発行されました。チラシには、この時期の利尻山登山に必要な装備や登山計画書の提出先など、「春の利尻山登山における注意事項」が記載さいれていますので、利尻山登山を計画中の方はご一読ください。

 

http://www.souya.pref.hokkaido.lg.jp/ts/tss/bousai/H27huyuyama.pdf

 

 うららかな陽気に心が弾み、思わず活動的になるこの時期。春を目一杯楽しむためにも、事故のないように気を付けましょう!

ページ先頭へ↑

2015年04月28日最北の春

利尻礼文サロベツ国立公園 青山留美子

はじめまして!


4月から利尻礼文サロベツ国立公園・サロベツ地区担当のアクティブ・レンジャー(以下AR)となりました、青山留美子と申します。

これからサロベツ地区の情報をお伝えしていく役を担いました。他のARに負けないよう発信していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。


稚内に来た3月末の時点で既に雪はありませんでしたが、その頃よりも草の色や樹木の様子が生き生きとしてきたように感じます。

サロベツでも、エゾアカガエルの卵を見つけたりミズバショウが咲いたり、マガンやオオヒシクイたちが繁殖地へ帰るためにどんどん北上して来ているのが見えたりと、日々様々な春の刺激を感じています。


生き物情報は心躍る話ですが、ゴミが目立ってくるのも春の風物詩といえるのではないでしょうか。

雪が溶けた後はどこでもある光景だとは思いますが、ここ最北では規模が違います。

冬の間に海岸に流れ着いたゴミが大量です。さらに強風で飛ばされたゴミが、道路から見える海岸草原にひっかかり、国立公園の景観の中にがっかり要素を添えてしまっているのです。


早速私は4月19日に行われた、利尻礼文サロベツ国立公園パークボランティアの会と認定NPO法人サロベツ・エコ・ネットワークが主催の、稚咲内(わかさかない)海岸草原の清掃に参加して来ました。

一見すると何もないように見えるかもしれませんが......

ちぎれたビニール袋や、ペットボトルなどが埋もれており、遠くからみるよりも多くのゴミがあります。

枝にトゲのあるハマナスにも負けず、皆さん進んで行きます。

1時間程の作業でパンパンになった40リットルのゴミ袋たち。総勢86名で回収したゴミは、2tトラック3台分にもなりました。

それでもまだまだゴミは目立っています。一度で終わることではありません。

多くの方々の協力を得て、地道に続けていくことが大切だと思いました。


一面枯れ草色の草原も、よくよく見るとエゾエンゴサクが咲いており、

ゴミがなくなったことを喜んでいるようにも見えました。

国立公園の景観を守るために地道な作業を続けて下さる方々に支えられ、

利尻礼文サロベツ国立公園は観光シーズンを迎えようとしています。


サロベツの魅力を、観光で来ただけではなかなか見ることのできない地道な活動を、

随時紹介していけるよう、走り回りたいと思います!

ページ先頭へ↑

2015年04月17日油断大敵

利尻礼文サロベツ国立公園 高澤 和大

 先週、雪解けが早いペースで進んでいると報告した礼文島でしたが、朝に目を覚まして宿舎のカーテンを開けると山が再び雪化粧している様子が飛び込んできました。前日の夜に降り出した雨はいつの間にか雪へと変わっていたようです。

(左は4月15日、右は4月16日の桃岩展望台コース)


 今年は春が早いと言ってもまだまだ4月の北海道。気温が下がれば当たり前のように雪も降ってきます。春めいた暖かさにすっかり慣れた身体には、この日の寒さは堪えました。もうしばらくは十分な防寒対策が必要になりそうです。

 すでに花をつけていたエゾエンゴサク。雪や寒さにやられていないか心配しましたが、何事もなかったように咲き誇っていました。凛とした彼らの姿に負けぬよう、私も姿勢を正して花の季節に備えたいと思います。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ