ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年5月

9件の記事があります。

2021年05月28日春を感じた木道巡視~幌延編~

利尻礼文サロベツ国立公園 福井翔太

※幌延ビジターセンターは緊急事態宣言のため、現在は閉館しています。

5月になり、国立公園内の巡視を行うたびに植物の成長を感じているサロベツARの福井です。

今回は幌延町にある下サロベツ原生園地の自然情報をお伝えします。

幌延ビジターセンターを出発点として下サロベツ原生園地に入ることができ、長沼まで木道により通行可能です。

歩いてみると、4月に比べ緑が増し、色とりどりの花々が目に入ってきました。

ほかにもマガンやハクチョウの姿はほとんど減り、4月とは違った野鳥の姿やさえずりが確認できます。

進んで行くと小さな先客が木道を歩いていました。


ツメナガセキレイです。5月頃道北にやってきてサロベツ湿原で繁殖をします。


利尻を背景に姿も現してくれました。この写真は個人的にお気に入りです。

頻繁にサロベツを見て回ると、以前訪れた時に開花していなかった花が開いていたり、新しい鳥の声を聞けたりと少しずつ変化を感じます。

風景や動植物もいろいろなところを見てまわるだけでなく、同じ場所でも訪れるたびに違う変化に気づくことも一つの自然の楽しみ方だと思います。

ぜひとも、幌延町下サロベツ園地にも季節に応じて何度でも足を運んでみてください。

ページ先頭へ↑

2021年05月27日業務開始から3週間、出会った自然

阿寒摩周国立公園 川湯 武山栞

はじめまして、5月に阿寒摩周国立公園管理事務所のアクティブレンジャー(AR)として着任しました、武山栞です!

出身は札幌で、東北の大学に通っていましたが休学し、ここ道東の阿寒摩周国立公園にやってきました。コロナ禍以前は旅行やワークキャンプなどで道東を訪れ、「将来ここで働いてみたいな~」なんて思っていましたが、自分が想像していたよりもずっと早く夢が叶いました!

川湯温泉にある事務所からすぐ近くの硫黄山から流れてくる硫黄のにおいを毎日嗅ぎながら、業務にあたっています。

硫黄山の広大なパノラマ風景!写真ではとても伝えきれません。

ズームアップしてみると、硫黄の黄色い岩肌から火山の噴気が上がっているのが分かります。

5月初旬に引っ越してきたばかりですが、早くも道東の生物の豊かさを感じています。

草原でうたた寝しているエゾユキウサギ、バリエーション豊かな鳥のさえずり、タンチョウが2羽...と思ったら間に茶色のふわふわのひな!などなど...いちいち感動してしまいます。

通勤途中に出会ったエゾシカと、事務所横に現れたキタキツネ。

また先日は、屈斜路カルデラ最高峰の藻琴山(標高がちょうど1000m!)に登り、危険箇所をふさいだり、植生保護のために立入りを防止したりするためのロープ張りを行いました。本来ならパークボランティアの方々などとも協働で行うのですが、今回は新型コロナウイルス感染症の影響で、関係者のみの少人数で行いました。