ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年7月

9件の記事があります。

2021年07月28日羊蹄山避難小屋トイレ点検

支笏洞爺国立公園 洞爺湖 小松瑠菜

こんにちは! 洞爺湖アクティブ・レンジャーの小松 瑠菜です!

先日、羊蹄山で避難小屋のトイレ点検と登山道巡視を実施しました。

↑入山届を記載する荒川AR(支笏洞爺国立公園管理事務所)

20リットルの薬剤をメンバーで分担し、荷上げしました。

今回の巡視での3大エピソードをご紹介します。

【エピソード1】 お花真っ盛り!

道中、イワブクロやエゾノツガザクラ、コメバツガザクラ、クルマユリなど、

他にもさまざまな花を見ることができました。

足下に小さく咲く花は、登山客または野生動物に蹴られてしまったためか、

いくつか花が登山道に散っていました。

足下に咲く花にも目を向けて山歩きを楽しめるといいですね^^

↑羊蹄山で見た植物

【エピソード2】シマリス発見!

もう少しで避難小屋・・・!というところで、モグモグする音が・・・!?

登山道脇の木陰を探すと、なんとシマリスが・・・!

食事に夢中だったため、撮影することが出来ました^^

癒やしの足休めになりました。

↑食事に夢中のシマリス

【エピソード3】ホンドテンの赤ちゃんに遭遇!

日が暮れる前に下山しなければ・・・!と思っていた最中、ガサゴソ動く音が・・・

音の先を見てみると、ひょっこり可愛らしいお顔を拝見しました。

どうやらイチゴを食べに来たところに、我々登山隊と遭遇したようです。

とっても愛くるしい姿をしていますが、残念なことに外来種なんです。

↑ホンドテンの赤ちゃん

サプライズ盛りだくさんで今年度 第1回目の避難小屋のトイレ点検が終了しました。

羊蹄山で避難小屋のトイレをご利用される際は、ゴミ・トイレの紙は便器の中に入れずに、

必ずお持ち帰りいただきますよう、ご協力をお願いいたします。

また、登山中にトレッキングポール(ストック)をご利用される方は必ずゴムキャップを装着し、

植生を傷めないよう、心がけて歩きましょう。

※現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、天候不良・体調不良などの緊急時を除き、

 宿泊目的の羊蹄山避難小屋のご利用はできません。

ページ先頭へ↑

2021年07月21日動植物を観察せよ!JPR(子供パークレンジャー)活動

利尻礼文サロベツ国立公園 福井翔太

サロベツ地区アクティブレンジャーの福井です!最近は天気の良い日が続いています。

稚内も25度超え始めました、道北にとっての猛暑ですね。

7月3日JPR(子供パークレンジャー)の活動を幌延町にある下サロベツ園地で行ってきました。

天候に恵まれ、まず子供達には下サロベツ園地にて自由に鳥、植物、昆虫を見つけて観察をしてもらいました。

植物は沼に咲くコウホネや足下のツルコケモモ、昆虫は水辺のトンボや草木につく甲虫、鳥は主に鳴き声などを観察や発見をしてもらいました。

観察後は見つけた動植物を振り返りながらサロベツ湿原や動植物同士のつながり、生態系について学んでもらい、最後はマグネット式のシートに観察した動植物の特徴や見つけた場所を書いてもらいました。

子供達がそれぞれの視点で一生懸命書いた個性の詰まった観察シートは、下サロベツ園地の木道の看板にて掲示しました。

ページ先頭へ↑

2021年07月21日久しぶりのPV活動「湿原探訪」

利尻礼文サロベツ国立公園 福井翔太

サロベツ地区アクティブレンジャーの福井です。

道北も暑さを感じるようになり、セミやバッタといった虫達の声も聞こえるようになってきました。

6月27日、今回は久しぶりのパークボランティア活動、現在の湿原を観察しに行く「湿原探訪」をおこなってきました。

今回は稚内自然保護官事務所から2人とパークボランティア8名の計11名で探訪に向かいました。

足元を見るとミズゴケがたくさんあり、モウセンゴケ、ツルコケモモの群生になっていました。

ミズゴケがたくさんあると絨毯に見えると前任のアクティブレンジャーが表現したことがわかった様な気がします。他にもコタヌキモやトキソウも確認できました。

パークボランティアの方に案内や解説をしていただきながら探訪を行ったため、より湿原を知ることができたように感じます。湿原の匂いや風を肌身で感じながらパークボランティアの方々と楽しく探訪することができました。

ページ先頭へ↑

2021年07月13日白い大きな花の植物の正体は...?

利尻礼文サロベツ国立公園 稚内 津田涼夏

みなさん、こんにちは!

礼文アクティブレンジャーの津田です。

桃岩展望台コースでは、エゾイブキトラノオの花々が見ごろを迎えています。

他にもミソガワソウやリシリソウの開花も確認できています。

最近、作業や巡視を行っていると

「このセリ科の白色の大きな花の植物はなんですか?」と聞かれることがあります。

この時期の礼文島では、「このセリ科の白色の大きな花の植物」と言ってもたくさんの種類のセリ科植物が咲いています。

セリ科植物の花は白く、形が似ているので、見分けが難しく感じることもあります。

そのため、今、ちょうど、礼文島の桃岩展望台で見ることのできるセリ科植物をご紹介します!

【オオハナウド】

 

今、桃岩展望台コースで一番花が咲いているセリ科植物です。

葉に毛があり、ざらざらしているように見えます。

【オオカサモチ】

 

少し前までは白い花が咲いていましたが、もうそろそろ終わりが近づいています。

葉は、他のセリ科植物より深い切れ込みがあります。

【エゾノシシウド】

 

この写真だと光沢があるように見えないですが、葉が特徴的で、光沢としわのある葉です。

【エゾノヨロイグサ】

 

茎が細くて赤紫色をしています。スッと直立に立っているような感じです。

葉に鋭い鋸歯(きょし:ギザギザしたふちどりのこと)があることも特徴的です。

【エゾボウフウ】

 

オオハナウドやオオカサモチに比べると小さいです。

葉に鋭い鋸歯(きょし)があり、葉の先端がとがっています。

【エゾニュウ】

この日、桃岩で見つけたエゾニュウは少し遠かったです。

茎が太く、高さも大きいため、これから一番目立ってくる植物ではないかと思います。

※写真は7月10日に撮影したものです。

この他にもセリ科の植物は島内に咲いていますので、「白い大きな花の植物」を是非見てください!

ページ先頭へ↑

2021年07月12日一番遅い桜

大雪山国立公園 入江瑞生

今年は5月10日に日本全国を北上してきた桜前線も終わりましたが、大雪ではまだそこから様々な桜を見ることができました!!私の今年の桜は5月中旬の大雪の麓の上川公園から始まりました。公園からはエゾヤマザクラとともにまだ真っ白な表大雪の山々が一望することができました。

大雪の山々にも春の訪れを告げるかのようにチシマザクラが咲き始めました。

この写真は6月9日に黒岳ロープウェイを降り散策路で撮ったものです。

マルハナバチたちも忙しそうに花を巡っていました。

体が花に比べて大きいマルハナバチが蜜を求めて花に停まると、花が垂れ下がりブラブラと揺れ、それでもしがみついている様子は見ていて飽きることのない時間でした。

7月9日には松仙園の登山道でも終わりかけのチシマザクラが見られました。連日の雨により花はだいぶ落ちていましたが、この時期でも見られることに驚きました。

エゾヤマザクラの開花は5月ですが、チシマザクラは5月から7月と開花時期が長く、サクラの種類によっても開花の時期が異なります。またサクラの開花には開花前の気温に大きく影響すると言われており、今回見たチシマザクラは標高が高く雪解けが遅い大雪山国立公園の中でも遅い場所だったのではないかと考えられます。

7月上旬まで大雪山の中では見られると言われるサクラを今年初めて見ることができました。来年も楽しみです。

ページ先頭へ↑

2021年07月08日草刈り・ペンキ塗り

支笏洞爺国立公園 荒川真吾

こんにちは。支笏湖アクティブ・レンジャーの荒川です。

今回は、先日支笏湖地区パークボランティアの皆さんで行った「草刈り・ペンキ塗り作業」の様子をお届けします。この作業は支笏湖や休暇村の園地を利用される方々に、より気持ち良く利用していただけるよう毎年行っているものですが、コロナウイルス感染症拡大の影響で昨年は実施できず、今年も約1ヶ月の延期の末に実施することができました。

例年実施している休暇村園地周辺の草刈りや、標識・テーブルなどの拭き掃除に加え、今年は標識や看板の塗装作業も行いました。

作業の様子

塗装前後

支笏湖畔親水広場の標識は、湖からの風や飛沫、雪の影響で塗装が痛んでいましたが、見違えるように綺麗になりました。この夏も多くの方にこの場所で支笏湖を背景に写真を撮影していただければと思っています。

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、国立公園には「日本を代表するすぐれた自然の風景地を保護する」という目的があり、公園内の建物や標識などは自然の景観になじむよう管理されているため、標識は茶色で塗装しています。

パークボランティアの皆さんも、支笏湖を訪れる方々に少しでも楽しんでいただきたいという気持ちで一生懸命作業に励んでいただきました。ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

作業が無事に終わって片づけをしているとき、今回手入れを行ったテーブルで早速お昼を食べている利用者を見かけました。作業を行った施設を楽しく使って下さる方がいるということは、維持管理作業で一番嬉しいことですね。

国立公園の適正な保護と利用は、公園を訪れてくれる利用者の方々のご理解があって初めて成り立つものです。これからもパークボランティアの皆さん、利用者の方々と一緒に国立公園のより良い環境づくりに努めていきたいと思います。

ページ先頭へ↑

2021年07月07日カルマン渦?!

えりも自然保護官事務所 熊谷 文絵

みなさん、こんにちは。

おそらく 日本一 風の強い事務所、えりも自然保護官事務所の熊谷です。

突然ですが、「カルマン渦」をご存知ですか?

細い円柱状のもの(枝など)に強い風があたったとき、風下側にできる規則的な空気の流れのことを「カルマン渦」といいます。風の渦が目に見えることは少ないですが、川などに枝を入れたとき川下にできる渦はカルマン渦と同じパターンをとるのだそうです。

この"カルマン渦"をイメージして建てられた「襟裳岬 風の館」にて、現在「2021 環境省 アクティブ・レンジャー写真展」を開催中です。

この写真展は、普段あまり業務で関わることがない皆さんにもアクティブ・レンジャー(以下、AR)の仕事を知っていただく機会になり得ると考えています。

北海道札幌管内各地で勤務するARが、それぞれの場所で業務に取り組みながら、ARだから見られる一瞬を収めた写真を展示しています。気軽には登れない山の頂からの景色、中々出会えない野生生物...ぜひ見ていただきたい写真ばかりです。

私からは、もちろん"えりもらしい"1枚を。春にだけ見られる様子を収めた写真を出展しました。

えりも以外にも道内各地を巡回します。下記スケジュールをご確認いただいた上、会場まで足を運んでくだされば幸いです。まだ人の多そうな場所へ行くのが心配な方にも安心です、今年はオンライン会場でも写真展を開催します!

この、アクティブ・レンジャー日記でも12月から開催予定。いやいや、今すぐ見てみたい!と思ってくださった方、Instagramの「hokkaido_active」で検索してみてください! 順次公開中です!

北海道は広い!全て廻るのは大変です、是非「アクティブ・レンジャー写真展」で北海道の大自然をお楽しみください!

ページ先頭へ↑

2021年07月06日今年の春は...

えりも自然保護官事務所 熊谷 文絵

えりも自然保護官事務所の熊谷です。

今回のタイトルは、「今年の春は...」です。

気温も高くなってきたこの7月に春の話とは少々違和感を感じる方もいるでしょう。

ですが、私にとってはつい数日前まで「春」でした。

えりも自然保護官事務所の業務のほとんどは、えりも町周辺海域に生息しているゼニガタアザラシに関するものです。

 

このゼニガタアザラシは日本に唯一定住するアザラシで、こんなにも近くで野生のアザラシが見られることは珍しく喜ばしい反面、町内で盛んに行われている定置網漁に漁業被害をもたらす一面も持ち合わせています。えりも町民の多くは漁業関係者であり、漁業被害は死活問題と言えます。

 

▲トッカリ食い

アイヌの言葉でアザラシをトッカリと呼びます。トッカリに食われてしまったサケ・マスです。

ゼニガタアザラシがえりもに生息し続けるということは、何らかえりもを選ぶ理由があるはずです。恐らくは岩礁に上陸し休息をとる習性のあるこのアザラシに適した上陸場となる岩礁が多数あること、そして餌となる魚が豊富なこと、外敵となるシャチなどが滅多に来ないことなどが挙げられると思います。

今後もこの場所でゼニガタアザラシに快適に過ごしてもらいながら、漁業被害を減らすにはどうしたらよいか...これこそ、えりも自然保護官事務所が取り組む業務です。

その業務の中のひとつ、年に2シーズンの長期に渡る乗船調査。

5月からつい先日まで実施されていた「春さけ定置網漁」に同行し、ゼニガタアザラシの漁業被害を把握したり、定置網の入口に魚は通れるがアザラシは通れない格子状の網の設置することで獲れた魚は被害を被らないようにすること、またその網の改良などを行いました。

▼今年、定置網で多く獲れた「ニシン」や「サバ」

 

こうして約2カ月の乗船調査を終えたばかり。つい最近、「春さけ定置網漁に同行しての調査」を終え、やっと春が過ぎた気持ち、という訳です。

とはいえ録り溜めた記録のまとめが残っています。これからしばらくは外に出るよりも机に向かう時間が増えます。調査用紙には漁期を思わすウロコが付いていたり海水が乾いて潮が浮いていたり。長いようで短かった調査の日々が思い出されます。

まとめの結果、どんな傾向が見えてくるでしょうか。

今回は、2カ月の漁期を終えたご報告まで。次回は漁期中の工夫をご紹介します〇 お楽しみに!

ページ先頭へ↑

2021年07月06日樽前山コマクサ除去

支笏洞爺国立公園 北海道地方環境事務所

こんにちは。支笏湖アクティブ・レンジャーの荒川です。

コロナウイルス感染症拡大の影響で、パークボランティア活動ができない状況が続いていましたが、先日、今年度初めての活動となる樽前山のコマクサ除去作業を実施する事ができました。今回はその様子をお届けいたします。

コマクサは「高山植物の女王」とも呼ばれ、北海道では大雪山系や日高山脈・知床半島の一部に分布しています。樽前山には本来生育しておらず、現在生育している個体は過去に人間によって持ち込まれたものです。そのため、環境省では樽前山本来の自然を取り戻すため、平成16年から継続的に抜取り作業を行っており、今年度は初めて支笏湖地区パークボランティアの皆さんと一緒に作業を行いました。

コマクサを除去する地点は山頂付近にあるため、自然観察をしながらまずは皆で登山です。

除去地点に到着後、長年除去作業に携わって下さっている講師の方からコマクサの生態や特徴について解説いただき、作業開始!

綺麗なコマクサの花を抜き取ってしまうのは少しかわいそうな気持ちもありますが、樽前山のコマクサは園芸用の品種が持ち込まれた可能性もあるそうです。放置しておくと元々生育しているイワブクロ(タルマイソウ)やコメバツガザクラといった植物や樽前山の生態系に悪影響を与えてしまうかもしれず、コマクサ生息域の拡大を防止しなければなりません。

当日の樽前山山頂付近は濃霧と強風で、午前中で作業を終了しましたが、皆さんとても熱心に作業を行って下さいました。ご参加いただいた皆さん、ありがとうございます!

気軽に高山植物を見ることができる樽前山には、年間を通じて多くの登山者が訪れます。皆さんも「登山道を外れない」「ゴミを捨てない」といった基本的なマナーを守って樽前山の自然を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ