ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2012年6月

24件の記事があります。

2012年06月29日パークボランティア作業(続き)

大雪山国立公園 東川 宮崎 浩

 前回のAR日記でお知らせしたにパークボランティアよる登山道整備作業(旭岳)は悪天候のため予定の作業を終えることが出来なかったため、未作業部分の作業を改めて6月27日に行いました。平日にもかかわらず参加して下さったパークボランティア会員の方には深く感謝いたします。
 この日は悪天だった前回(6月17日)から一変、朝から快晴の一日。旭岳山頂からは360度、西は暑寒別岳、東は阿寒方面まで望むことが出来ました。
気温も日が高くなるにつれ一気に上昇、いよいよ夏山シーズン本番です。


ロープ張り作業の様子。距離にして1㎞程度ですが、作業を行いながらではこの1kmが非常に長く感じられます。また足元も不安定なため、作業には非常に時間も要します。※バックの山は北海道第2の高峰「北鎮岳」(標高2,244M)

 夏の日差しが照り付ける中、長時間に渡る作業大変お疲れ様でした。7月にはPVによるササ刈り行事も予定しています。
 
 
 そして裾合平も含めた旭岳周辺の現在の状況です。


旭岳山頂(裏旭側)では現在キバナシャクナゲが見事でした。今週末には満開を迎えそうです。トムラウシ山(写真中央付近)をバックに咲き誇るキバナシャクナゲ。


①:裾合平方面の雪渓の範囲は徐々に狭くなってきており、木道なども段々と現れてきていますが油断は禁物。視界不良時は夏道の入り口(ピンクテープ等あり)を見落とさないように。
②:白鳥の雪渓はまだ若干太め。
③:この時期の裾合平方面は雪解け水でドロドロの箇所が多いので、防水性の高い登山靴にスパッツ、もしくは長靴が必需品です。
④:姿見園地周辺ではチングルマ、エゾノツガザクラが増えてきていました。これからいよいよ高山植物の最盛期に入ります。


ページ先頭へ↑

2012年06月29日くしろエコ・フェア参加しました。

釧路湿原国立公園 釧路湿原 平川 正詩

6月9日釧路市こども遊学館にてくしろエコ・フェア2012が開催されました。地域に住む一人ひとりが「くらしと環境」について考えようというのが大きなテーマとなっています。
釧路自然環境事務所からは、希少種である「シマフクロウ」「エトピリカ」また、外来種である「ウチダザリガニ」「オオマルハナバチ」などについて多くの人々に関心を持ってもらおうと出展しました。 

エトピリカ移動ミュージアムです。こどもたちを夢中にさせるしかけがいっぱい。遊んでいるうちにエトピリカの現状がわかるようになっています。

ウチダザリガニのコーナーです。実際に触って計測してもらいました。計測データは個体数の増減など今後の傾向を知る上でとても重要です。

シマフクロウのコーナーです。クイズを出しました(ちょっとむつかしかったかな)。シマフクロウの羽根の大きさにはみなびっくり。世界最大級のフクロウなんです。今回をきっかけに関心を持ってくれればと思います。

ページ先頭へ↑

2012年06月28日旅する木道

知床国立公園 ウトロ 伊藤典子

今年は例年に比べ雪が多かったにも関わらず、春先は暖かい日が続きました。そのため、五湖の水量は一気に増え、また、今までになく、湖は大きくなりました。それにより展望地に続く木道は持ち上がり、湖に向かって移動。今回は、水は引いたもの、置き去りになった木道を戻す作業を行いました。


ちょっと前に出た木道

持ち上げて元の場所へ

また、春先に降った重たい雪の影響で多くの枝が折れました。展望地の真正面、写真を撮りたいちょうど良い場所に枝が! ということで、胴長を着て湖の中へ除去作業。

素敵な景観のために湖に入って作業する、高橋AR

地上遊歩道の見回りもかねて、自然公園財団職員と登録引率者の方も一緒にまわり、遊歩道にかかっている枝を払ったり、修繕の必要な木道も確認しました。だんだん増えてきている観光客のために最低限の安全と快適さを。
知床五湖に訪れる前に→http://www.goko.go.jp/

ページ先頭へ↑

2012年06月22日子どもたちと樽前山

支笏洞爺国立公園 支笏湖 福家 菜緒

皆さん、こんにちは。
夏至も過ぎたのに、南の方では暑い~と言っているのに、支笏湖は寒いです(15時の気温12.4℃)。少し夏が恋しいと思う昨今。

さて先週、支笏湖小学校の皆さん、樽前山の自然を愛する会の新沼さんらと、樽前山に登ってきました。
樽前山は標高1022m(東山)の支笏湖を囲む火山の1つです。児童の皆さんは今日まで、「支笏湖学」の授業(北海道地質調査業協会の若松さん)で支笏湖の形成や火山について学んできています。

樽前山は7合目まで車で上がれる山ですが、登山ブームもあって利用者が多く、登山道が拡幅するなどの問題も起きています。保護官事務所では関係する皆さんと協力して登山や自然観察のマナーについて再考の取り組みをしています。
今回の支笏湖小学校の樽前山登山に際しては、1週間前に荷物や山の注意を学ぶ事前学習を行い、当日も7合目の登山口で、靴の裏のでこぼこをチェックしたり、服装を見直したり、たくさん準備をしてきました。

最初は段差のある階段を上ったりと子どもたちの少し疲れる様子もみえましたが、7合目から歩いて1時間足らずでこの絶景。この日は支笏湖に雲が立ちこめていて、普段見れない景色をみんなで堪能しました。



東ピークまで登り、外輪山を歩いて神社の周りでお昼ご飯を食べました。
溶岩ドームを眺めながらの贅沢なランチタイム。






(左上) タルマイソウ(イワブクロ Penstemon frutescens )を眺めながら歩きましたが、まだつぼみでした。
(右上) 頂上では、若松氏による出張・支笏湖学もありました。現地で見るのが一番。
(左下) 新沼氏による、ザックを使った担架搬送のデモンストレーション。
運ばれる役を担ってくれた男の子に感想を聞くと「楽しかった!」とのこと。
(右下) 帰り道は支笏湖を眺めながら。でも登山道は軽石で滑るので下ばかり見てしまいます。

当日は晴天。樽前山、麓は穏やかでも、上に登れば風が強いんですよ~と言いたいのに頂上でも風がほとんど無く、穏やか。樽前山も子どもたちには優しいんだな、と思いました。
子どもたちに、適正登山を学んでもらおうという意図もあった今回の樽前山。7合目駐車場から1時間ほどで登頂できる樽前山ですが、やはり軽装でいらっしゃっている方も見られました。山の天気は変わりやすいです。そして登山道は石で滑りやすいです。十分な装備をして登るよう心がけてください。

ページ先頭へ↑

2012年06月22日知床半島先端部の植物事情

知床国立公園 羅臼 菅原 弘貴

雪が溶けてからの知床半島の季節の移ろいは、とても早く感じます。
5月の上旬にようやくミズバショウやスミレなどが咲きはじめ春がきたかと思うと、6月の今ではすっかり初夏の突き刺すような日差しが照りつけています。季節が進んでいくと様々な植物にも出会えるようになります。

知床半島先端部では、ミヤマオダマキが観察できました。


青く鮮やかな花を咲かせるミヤマオダマキは、普通は高山などで観察できる花なのですが
知床半島の先端部では、海岸沿いで観察する事ができます。


他にも、タカネグンバイやイワベンケイなどの色鮮やかな亜高山帯の植物も観察する事ができました。
 
・・・がしかし先端部には、アメリカオニアザミという外来の植物が繁茂しているのです!!このアメリカオニアザミが増えると貴重な植物たちを駆逐してしまうかもしれません。 これ以上分布域を広げないために、羅臼自然保護官事務所ではアメリカオニアザミの駆除を行っています!


 アメリカオニアザミ
アメリカオニアザミは、元々ヨーロッパ原産の植物です。別名セイヨウオニアザミとも呼ばれます。知床国立公園にはこのアザミが多く侵入してきており、エゾシカもこのトゲトゲのアザミは食べません。それに加えとても繁殖力が強く、早いスピードで分布を拡大してしまうくせ者です。上の写真はまだ小さい個体ですが大きい物だと1.5mまで成長します。
エゾシカが食べてくれると一番手っ取り早いのですが、そう簡単にはいきません。
一つ一つ、人の手で駆除していく方法しかないのです。

知床の美しい自然を守っていくには、自然の変化に対応し、解決していくための地道な活動が必要なのです。

ページ先頭へ↑

2012年06月22日バランス

大雪山国立公園 上川 大久保 智子

いるのは人から聞いて知っていましたが、なかなかその姿を見たことはありませんでした。
先日の緑岳巡視の帰り、不意に足元に現れた小さな物体が、こちらを振り返った瞬間目が合った!!

かわいい!!
一瞬で心奪われるほどの容姿。



エゾオコジョです。
もう夏毛に変わっていました。

こちらを確認しては、近くの隙間を通って、あちこちの穴から顔をのぞかせてくれます。
かわいいと見とれていたら、少し離れたところからはナキウサギの鳴き声が聞こえました。
エゾオコジョは、小柄な体でかわいらしい顔つきですが、立派なハンターで、岩塊地を中心に分布していて、ネズミや鳥、虫などを食します。また同じ生息地のナキウサギを襲うともいわれています。

襲う物と襲われる物、どちらも頑張って大雪山で生き残っていてほしいと願うばかりです。

自然の絶妙なバランスで成り立っている生態系を実感したな~と実感していた帰り、登山口の高原温泉付近では、エゾシカに合いました。なにやら怪しい動きをしているのでしばらく見ていたら、生まれて間もない子鹿が現れ授乳しはじめました。




母親のこちらから目線を外さない姿や、子どものおぼつかない足取りで歩く姿、身を隠してるつもりで顔を低く下げて車が通り過ぎるのを待っている姿など野生の生き抜く姿を見てたくましさを感じました。


目も合っていますが、一応身を隠しているようです。

エゾシカ問題が叫ばれる昨今ですが、生まれて間もない子鹿を見ると何ともいえません。かわいい~って思うだけでは駄目かもしれませんが、かわいい~って思うからこそ、次の何かにつなげたい。生態系のバランスについて、人と野生動物の関わりについて物思う1日となりました。

ページ先頭へ↑

2012年06月20日花が咲くとこ、笑顔も咲きます。

知床国立公園 羅臼 後藤 菜生子

最近、ようやく暖かくなり知床の森も青々と茂り始めました。
短い春が過ぎ、森の色と鳥のさえずりに初夏の訪れを感じる今日この頃…。

日差しが心地よい土曜日の朝。
羅臼ビジターセンターで、観察会が行われました。

羅臼ビジターセンターの前の川を挟んで向かいにある、羅臼温泉園地遊歩道。
ここで、長年知床の自然や動植物を研究している浅沼孝夫さんを講師にお呼びし、春から初夏に見られる花々の観察を行いました。

羅臼温泉園地歩道は、
羅臼温泉裏手にあり、全長約1km所要時間約90分のお手軽散策路。
石畳や木道などから成り、時にはアップダウンもあって様々な表情を見せてくれる歩道です。

歩き始めてすぐにみんなの注目を集めるものが。
目線の先には…

マムシです。
「近くに温泉蒸気が湧いていて地熱が高いので、こうした爬虫類も生息できるんですね。他にも、ツヅレサセコオロギという本来は温暖な地域に生息する昆虫も見ることができるんですよ。」
写真を撮ったり観察しながら、浅沼さんの解説を聞きます。
しっぽを揺らして威嚇するマムシ。
日向ぼっこを邪魔され怒らせてしまったようです。
ごめんねー。


葉と葉の間から日差しが差し込み、風が頬をなでながら吹き抜けていきます。
そんな歩道では、たくさんの花々を観察することができました。



今が時期のスミレたちも、たくさんの種類があります。浅沼さんに見分け方を聞きながら、小さく可憐な姿をじっくり観察すると少しずつその違いが分かるようになります。

大ぶりな花が目立つ、オオバナノエンレイソウ。
別名アメフリバナって呼ぶんですって。
「運動会の時期に咲くんだけど、運動会で雨が降るから摘むなよ!ってよく言われたわ」
参加者の方からのお話も交えながら、会話にも花が咲きます。



上を見上げてもいろんな花々が。
木々にはイタヤカエデの黄色い花やハウチワカエデの赤い花、エゾヤマザクラもまだ咲いています。
多種多様な花々とその景色、そしてみなさんとの会話に、参加者だけでなくスタッフもみんなが笑顔。

会話も笑顔もあふれた歩道散策は、あっという間に出口に到着です。
参加者のみなさんが羅臼町の方でしたが、
「こんな歩道が近くにあったなんて知らなかった」「また来たい」
というお声もあり、みんなで歩いて観察できたことでまたひとつ、羅臼温泉園地歩道の魅力発掘につながったようです。

ページ先頭へ↑

2012年06月20日夏山シーズン幕開け(今年の雪解け状況は?)

大雪山国立公園 東川 宮崎 浩

 長かった積雪期も終わり、6月の中旬になると十勝岳・旭岳ともに山開き行事が行われ、いよいよ大雪でも夏山シーズンを迎えます。また一般の登山者の方からも残雪の状況の問い合わせなども増えてくるのもこの時期です。
 豪雪に悩まされた今冬、さぞ雪解けも遅くなるのでは?と心配していた今シーズンでしたが、4月下旬から急速に雪解けが進み、現在の残雪は例年並みかもしくは若干少なめのようです。


当然のことながら高山植物の開花も早く、旭岳姿見の池周辺でもすでにエゾコザクラが見頃となってきていました。

 下の写真は先週末(6/16、17)のパークボランティアによる登山道整備行事に同行した際のものを2年前の写真と比較してみたものです。10日の差があるためイマイチ良い比較とはならないかもしれませんが。
※記録的に残雪が遅くまで残った昨年(平成23年)とは比較にならないため、あえて2年前の写真と比較してみました。


まずはお馴染み、旭岳姿見の池。2年前に比べて10日も早い今年の様子ですが、池の周りの積雪や水面の現われ方を見る限りは今年の方がすでに雪解けが進んでいる、そのような印象を受けました。


こちらは十勝岳方面、カミホロ避難小屋前の大雪渓。こちらも2年前に比べて10日早い今年の写真ですが、すでにほぼ同じ残雪の状態。という事は、今年の雪解けは2年前より10日ほど早いという事になるでしょうか?

 雪解けが早いとはいってもまだまだ広い雪渓は多く残っています。登山の前には積雪状況や登山道の様子などの情報収集を行う事は言うまでもないでしょう。
 今年もこのAR日記で残雪状況も含めて出来るだけ多くの情報を提供していきたいと考えております。


パークボランティア作業風景。雨風の強い箇所ではこまめに道標のペイント作業を行っています。(十勝岳山頂)

 
 最後に今年の裏旭野営指定地ゴミ回収報告です。
雨風ともに強い中パークボランティアの皆様、本当に有難うございました。
急ぎ足での作業でしたが、この日回収出来たものだけでもビニール袋4袋程になりました。

毎年の事ですが、過去に埋められたゴミがまあいろいろと出てきます。缶詰の缶やビニール、古い新聞紙などなど・・・。土の中から出てきたものを地道に少しずつ回収していくほかにありません。


ページ先頭へ↑

2012年06月20日霧の6月

利尻礼文サロベツ国立公園 稚内 中野 雄介

 6月の礼文島の風物詩と言えば、島を代表する花レブンアツモリソウをはじめとする高山植物とウニなどの魚介類がすぐに思いつきますが、もう一つ忘れてはいけないものがあります。それはこの時期島を訪れる人の多くが遭遇する「霧」です。
 4月と5月の礼文島は比較的晴れる日が多いのですが、6月は霧が発生する日が多く、晴天率が低くなります。この霧の発生にはオホーツク海を中心に発達し、冷たく湿った北東風をもたらすオホーツク海高気圧が影響していて、この高気圧の勢力が強くなると日本海側は冷夏になると言われています。


上段:晴天時(6/2)と霧発生時(6/5)の桃岩展望台 
下段:晴天時(6/2)と霧発生時(6/5)の桃岩歩道

 6月5日の礼文島は朝から濃い霧に覆われていました。午後桃岩展望台に登るといつもなら間近に見える桃岩が、海からたち登ってくる霧によって覆い隠され、全く姿を見ることができませんでした。さらに、こちらも礼文島名物である強い風が吹くことによって尾根沿いの道を歩く歩道は初夏とは思えない寒さでした。


霧につつまれた礼文岳山頂(6/6)

翌日6月6日午後から礼文岳に登った時も山頂付近は濃い霧に覆われていました。晴れていれば山頂からは360度のパノラマが望めるのですが、この日は自分の登ってきた登山道すらほとんど見えない状況でした。このような状況では360度の眺望など望めるはずもなく、逆に山頂に一人でいるとやや心細い感じさえします。
 しかし、霧が発生することは悪いことばかりではありません。むしろこの霧こそ礼文島の高山植物たちにとって恵みとなっているのです。高山植物が多く生息する礼文島の西海岸はほとんどが急峻な斜面もしくは断崖絶壁となっています。そのような場所にも高山植物たちは自生しており、そこには川など水の供給源はありません。しかし、そんな高山植物たちにとって強い味方となっているのがまさにこの霧なのです。雨が降っているわけでもないのに着ているものがじっとりと湿ってくるほどの水分を含んだこの霧が、植物たちが生きるために不可欠な水分を与えているのです。
 ただ、今年の6月は例年に比べて霧の発生する日が少なく晴天の日が多くなっています。そのため、心なしか花にも元気がないように思えます。地元の方によるとこれから霧が発生する日が多くなるだろうとのことですが、やはり6月の花は霧が出ているときの方が活き活きしているように見えます。(キジムシロやカラフトハナシノブなどのように晴天でないと花を開かない種もありますが…)また、白い花や黄色い花は太陽光が強いと光を反射してしまい、花の色や形が見難いことがあるのに対し、霧の中では色や形がわかりやすく(視界が利く範囲での話ですが)露を帯びてキラキラ光る姿は非常に美しいです。


霧の中の花々(6/6礼文岳)
上段左:ツマトリソウ(サクラソウ科) 上段右:ヒメゴヨウイチゴ(バラ科)
下段左:ツルシキミ(ミカン科)    下段右:ハクサンチドリ(ラン科)

霧が発生すると視界が悪くなり、西海岸の海食崖に代表される雄大な景色を楽しめなくなってしまうのは残念ですが、その一方で目の前のお花畑では高山植物たちが湿気をたっぷり含んだ霧から命の源を得て、活き活きとした姿を見せてくれているのです。


ページ先頭へ↑

2012年06月19日硫黄山登山道整備

知床国立公園 ウトロ 伊藤典子

6月23日から硫黄山登山道の利用が可能になります。(カムイワッカ湯の滝より先の通行には事前申請が必要です。詳しくは下記を確認してください)そのため、17日の日曜日、地元山岳会と林野庁のグリーンサポートスタッフと共に、登山道の整備を行いました。
 本日の一番の目的は、遭難防止用の杭の確認と再設置。


かけやで杭を打ち込む高橋AR

登山道の様子についてですが、大沢にはまだまだ雪渓が残っています。底のしっかりした靴を履いていきましょう。日々、雪解けの進む雪の上を歩くには、しっかりと蹴り込めることのできる靴は必携です。また、硫黄山から縦走に行く際には、山頂直下にある雪渓のトラバ-スはアイゼンがあると安心です。
大岩分岐下は土砂の流失が目立ち、本来ならば、雪渓の上を歩けるところが、土砂の上を歩かなければならなくなっていました。一見、隣の沢の方が歩きやすく見えるので、迷いやすい箇所となっています。ここにも、ピンクテープを設置。


※カムイワッカ湯の滝より先は通行止めになっています。23日から、登山口までの区間の通行には、事前申請により、徒歩による通行が可能です。詳しくはオホーツク総合振興局網走建設管理部HPを参照してください。http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/kk/akk/shiretoko_riyou.htm

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ