ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年05月14日浜頓別クッチャロ湖水鳥観察館のパンフレットがリニューアルされました!

利尻礼文サロベツ国立公園 津田涼夏

こんにちは!5月ですが、まだまだ気温が一桁の日もありフリースが手放せないアクティブレンジャーの津田です。

早速ですが...

浜頓別クッチャロ湖水鳥観察館のパンフレットが新しくなりました!

(3月には完成していたものの、ご報告が遅くなりました...)

(左側が旧パンフレット・右側が新パンフレット)

新パンフレットでは、コハクチョウとオオハクチョウの違いや

成鳥と幼鳥の違いなどハクチョウに関することが盛りだくさんに詰まっています。

今回のリニューアルは多くの方に、ハクチョウのことをもっと知ってもらうチャンスだと思い、

コハクチョウとオオハクチョウの違いをハクチョウの観察が初めての方でも分かるように、ハクチョウの顔の特徴を並べて載せたり

カモがハクチョウの子供だと思われることが多かったことから、ハクチョウの幼鳥を載せることによって、ハクチョウとカモは違う種ということがわかるパンフレットになっています。

クッチャロ湖では、秋~冬にかけて、ハクチョウの幼鳥の姿を観察できます。

また、クッチャロ湖でみることのできる鳥たち(主にカモ類)を記載もあります。

パンフレットを手にとってクッチャロ湖でハクチョウやカモの観察をしてみませんか?

このほかにも、国指定浜頓別クッチャロ湖鳥獣保護区やラムサール条約についてや、ハクチョウやカモの観察の際にお願いしたいことが記載されています。

ルールを守っての、観察のご協力をお願いいたします。

パンフレットは浜頓別クッチャロ湖水鳥観察館とサロベツ湿原センターに設置しておりますので、ご自由にお持ち下さい!

   

入り口からまっすぐのパンフレットコーナー   入り口から右のパンフレットコーナー

最後になりますがパンフレット作成にご協力いただいた方々、ありがとうございました。

4月20日現在5890羽のハクチョウの確認がされています!

ページ先頭へ↑

2021年05月13日賑わう季節

知床国立公園 羅臼 高林紗弥香

 5月に入り雪が降ったり、晴れたりと季節は行ったり来たりを繰り返しながら着実に歩みを進めております。ようやく知床半島にも桜の季節がやってきました。こんにちは、羅臼自然保護官事務所の高林です。

 先日、知床鳥獣保護区の巡視の為移動をしていると、鳥獣保護区外ではありますが海上に黒い点が沢山動いているのが見えました。

距離が有り同定は出来ませんでしたがミズナギドリ科の海鳥の群れと思われます。

 続けて海上を確認していると、シャチの背びれ、ナガスクジラと思われるブロウも確認出来ました。そうこうしていると、オジロワシが飛んできました。

 賑わう生命に思わず、「知床ってすごい・・・」と呟いてしまいました。

写真の赤丸内にシャチの背びれが見えます。

写真の赤丸内にシャチの背びれが見えます。

 大きな生き物たちが注目されることが多いですが、大きな生命が躍動しているということは、それらを支える小さな生命が豊かであるということです。

 そう考えると、まずは自分の生活、行動圏内にはどんな生物が息づいているか調べてみると面白いかもしれません。

 毎日の通勤路、通学路にも新しい発見がきっとあるでしょう。

写真はアミガサダケです。

写真はアミガサダケです。

 探しても見つけることが出来ずにいたのですが、身近な場所で発見されました。

美味しそうです・・・。

ページ先頭へ↑

2021年05月13日支笏湖の春

支笏洞爺国立公園 支笏湖 荒川真吾

皆さん初めまして。

4月から支笏湖地域のアクティブレンジャー(以下AR)として赴任いたしました荒川真吾と申します。自然や野生動物が好きで、自然保護と観光・利用促進の両立や自然と人間の共存に関わる分野に興味があり、ARのお仕事をすることになりました。これから、このAR日記などを通して支笏湖地域の魅力やARの活動を紹介していきますのでどうぞよろしくお願いいたします!

4月に赴任した際に最初に迎えてくれたのは、支笏湖に綺麗に映る樽前山と風不死岳。この現象、春の支笏湖で風が止み、湖面が凪いでいる日だけに見られるもので、「鏡」現象と呼ばれています。写真では湖面に映る山の輪郭が少しぼやけていますが、条件が整えば本物の鏡のように山々がくっきりと映る事もあるそうです。

支笏湖に映る樽前山と風不死岳

ゴールデンウィークからは支笏湖園地周辺の桜も咲き始め、訪れる人々の目を楽しませてくれています。支笏湖商店街では昨年、電線の地中化工事が実施され、広く開けた空に向かって桜の花が咲いているように見えます。


これから暖かくなり、北海道で最も過ごしやすい新緑の季節がやってきます。多くの方々に支笏洞爺国立公園にお越しいただき、自然の素晴らしさや魅力を知っていただけたらと思っています。

皆様も是非支笏洞爺国立公園に足を運んでみて下さい!

ページ先頭へ↑

2021年05月12日特定外来生物 セイヨウオオマルハナバチ

大雪山国立公園 上士幌 上村 哲也

 トマトなどの温室栽培で受粉作業を効果的に行うため外国から導入された特定外来生物・セイヨウオオマルハナバチですが、野外に逸出した個体が繁殖し、餌や巣の競合で在来種を駆逐したり、植物の受粉を妨げることが懸念されています。セイヨウオオマルハナバチは、在来種に比べて大型、短舌なことから、花の形状によっては受粉を助けることなく花の根元などを破って蜜だけを吸う盗蜜という行動をすることが知られています。
 毎年、上士幌管理官事務所では、セイヨウオオマルハナバチの女王蜂が活発に活動する頃を選んで、十勝総合振興局、士幌町役場、JA士幌町、大雪山国立公園パークボランティアのみなさんと防除活動を行ってきました。近い将来、薬剤による駆除が実現することを睨みモニタリングを続けています。活動の中心となる士幌町役場の敷地にはエゾムラサキツツジが多く植えられていて、花を訪れるハチが網を振って届く高さを飛ぶので捕獲しやすいのです。
 しかし、5月10日(月)に士幌町にて予定していたセイヨウオオマルハナバチの防除は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止しました。残念ながら2年連続の中止です。
 代わりにモニタリングを上士幌管理官事務所のみにより実施しました。今年は桜の開花が早く、エゾムラサキツツジも早々に咲き終わってしまうのではないかとも心配しましたが、十分に花があり安心しました。雨が降ってきたため30分ほどで終了しましたが、15個体を捕獲、5個体を取り逃し、在来種であるエゾオオマルハナバチを3個体目撃しました。
 この後、士幌高原、鹿追町の扇ヶ原展望台や白樺峠、上士幌町のぬかびら源泉郷や十勝三股など、少しずつ標高を上げながらモニタリングを重ねていきます。温暖化などの影響で彼らが大雪山の奥深くまで訪れる前に駆除方法が確立してほしいものです。
 写真は、エゾムラサキツツジに訪れた在来種のエゾオオマルハナバチです。
エゾオオマルハナバチ

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ